• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 東京
  • 東京女子体育短期大学
  • 学校の特長

私立短期大学/東京

トウキョウジョシタイイクタンキダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

設備が充実しており、保健体育、児童教育のスキルを磨く場を豊富に用意

学生ホールに面して豊富な資料の揃ったキャリア支援センターや教員採用試験に向けた多くの対策講座を準備している教職センターを設置。またプライバシーに配慮した健康管理センターなど充実した施設が揃っています。保健体育学科の授業では、リハビリ室の最新の機器を活用し、実践的な学習をより現場に近い形で技術習得できます。鍵盤上の指の動きまでモニターで確認できる音楽室、音楽と演劇を一体化して練習できるメディアホール、35室の自由に使えるピアノ練習室を完備。本学の特徴である児童教育学科の創作オペレッタをはじめ、児童教育に欠かせないピアノなどの楽器演奏、ダンス、演劇などのスキル向上を図ることができます。学校の特長1

就職に強い

社会体育、幼稚園や保育所など、さまざまな分野で多くの人材が求められています

保健体育学科では、民間のスポーツジムやフィットネスクラブでインストラクターとして活躍したり、公共体育館で地域のスポーツ振興のために力を尽くしたり、さまざまな分野での活躍が目立ちます。困難にめげず、チームワークを大切にできる体育大生は企業にとっても魅力的な人材であるため、近年は一般企業への就職が大きな割合を占めています。児童教育学科では多くが幼稚園の教員など、教職の道を志します。体育大学の中の児童教育学科という特性を生かした幼児・児童の指導法は、就職先でも高い評価を受けています。スポーツを経験してきた学生が多いため、魅力ある人材として企業からも注目されており、一般企業への就職が増えつつあります。学校の特長2

自由に科目・コースが選べる

体育大学3年次編入学への道も開かれています

保健体育学科の授業科目は、ほとんどが選択科目。それは、学生それぞれの興味や関心、取得したい資格によって自由にカリキュラムを組み履修できるように配慮されているからです。児童教育学科では、2年間の実践的なカリキュラムを実施。定められた科目を履修することで、小学校教諭二種免許及び幼稚園教諭二種免許が、卒業と同時に取得できます。そして、短大に入ってから「就職するまであと2年、さらに勉強したい」「高校教諭の資格も取りたい」「もっと部活を極めたい」と思った人は、2年生の10月と2月に大学3年次編入学試験を受けることも可能。大学に編入学し、学びを深めています。学校の特長3
東京女子体育短期大学(私立短期大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る