• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 音響芸術専門学校

東京都認可/専修学校/東京

オンキョウゲイジュツセンモンガッコウ

クリエイターとパフォーマーのプロを目指すあなたを、基礎から丁寧に指導します

少人数制の「顔の見える教育」で一人ひとりの音楽・放送・ステージ業界への夢を丁寧にサポート!クリエイターズ・ディビジョンとパフォーマーズ・ディビジョン、2つのディビジョンが協力して実践的実習を行います。

音響芸術専門学校の特長

学校の特長1

スタッフ育成とアーティスト育成学科が密接に関わる本学ならではの「協学」システム

2つのディビジョン各学科が協力して実践的に制作実習を行うことで、大きな学びの相乗効果が期待できる「協学」システム。パフォーマーズ・ディビジョンの学生が歌い演じ、クリエイターズ・ディビジョンの学生が録音や撮影の技術スタッフを担当します。クリエイターズ・ディビジョンの学生は、演技の勉強をしている学生と日常的に触れあうことで、制作現場において重要な、出演者に対するマナーやコミュニケーションの取り方を身に付けられます。また、パフォーマーズ・ディビジョンの学生は、現場でのスタッフへの心配りやマナーを学ぶのと同時に、完成度の高いデモ音源や出演映像作品などプロデビューに役立つ宣伝材料を作成してもらえます。

学校の特長2

進路指導部と担任が、学生それぞれの個性や適性に合わせた進路決定をバックアップ!

定期的に行う進路希望アンケートに基づくクラス担任との個人ガイダンスでは、希望職種に就くためには何を勉強し、どのような就職活動をすればいいのかを何度も話し合います。進路指導部では、各企業の人事担当と密接に連絡を取り合って新規求人の掘り起こしを常に行い、多くの企業の会社資料を保管しています。また、パフォーマーズ・ディビジョンでは、タレント事務所やプロダクションを学校に招いて、在学生を対象にマンツーマンのオーディションを開催。その場でフィードバックを受けることで業界のニーズを理解できます。学校ホームページには、プロカメラマン撮影による在校生の写真とボイスデモを掲載したプロモーションページがあります。

学校の特長3

まじめでアットホームな雰囲気の中、一人ひとりが確実に理解するまで徹底的にサポート

本校では現場で役立つ知識・技能を、基本から丁寧に教えることをモットーにしています。そのため、実習は徹底した少人数制で行われます。クリエイターズ・ディビジョンでは、「PCを使っての録音・編集・ミキシング」や「PA機器のセッティング&オペレート」といったプロの現場で不可欠なスキルを、一人ひとりの理解に合わせて丁寧に指導します。また、パフォーマーズ・ディビジョンの実習では、7~8人という理想的な人数で、第一線で活躍中のプロの直接指導を受けることができます。教員も学生同士も、一人ひとりの顔と名前を覚えられる人数なので、教員と学生、また学生同士が、クラスや学科の枠を超えて交流を深めています。

右へ
左へ
学校の特長1

スタッフ育成とアーティスト育成学科が密接に関わる本学ならではの「協学」システム

2つのディビジョン各学科が協力して実践的に制作実習を行うことで、大きな学びの相乗効果が期待できる「協学」システム。パフォーマーズ・ディビジョンの学生が歌い演じ、クリエイターズ・ディビジョンの学生が録音や撮影の技術スタッフを担当します。クリエイターズ・ディビジョンの学生は、演技の勉強をしている学生と日常的に触れあうことで、制作現場において重要な、出演者に対するマナーやコミュニケーションの取り方を身に付けられます。また、パフォーマーズ・ディビジョンの学生は、現場でのスタッフへの心配りやマナーを学ぶのと同時に、完成度の高いデモ音源や出演映像作品などプロデビューに役立つ宣伝材料を作成してもらえます。

学校の特長2

進路指導部と担任が、学生それぞれの個性や適性に合わせた進路決定をバックアップ!

定期的に行う進路希望アンケートに基づくクラス担任との個人ガイダンスでは、希望職種に就くためには何を勉強し、どのような就職活動をすればいいのかを何度も話し合います。進路指導部では、各企業の人事担当と密接に連絡を取り合って新規求人の掘り起こしを常に行い、多くの企業の会社資料を保管しています。また、パフォーマーズ・ディビジョンでは、タレント事務所やプロダクションを学校に招いて、在学生を対象にマンツーマンのオーディションを開催。その場でフィードバックを受けることで業界のニーズを理解できます。学校ホームページには、プロカメラマン撮影による在校生の写真とボイスデモを掲載したプロモーションページがあります。

学校の特長3

まじめでアットホームな雰囲気の中、一人ひとりが確実に理解するまで徹底的にサポート

本校では現場で役立つ知識・技能を、基本から丁寧に教えることをモットーにしています。そのため、実習は徹底した少人数制で行われます。クリエイターズ・ディビジョンでは、「PCを使っての録音・編集・ミキシング」や「PA機器のセッティング&オペレート」といったプロの現場で不可欠なスキルを、一人ひとりの理解に合わせて丁寧に指導します。また、パフォーマーズ・ディビジョンの実習では、7~8人という理想的な人数で、第一線で活躍中のプロの直接指導を受けることができます。教員も学生同士も、一人ひとりの顔と名前を覚えられる人数なので、教員と学生、また学生同士が、クラスや学科の枠を超えて交流を深めています。

右へ
左へ
学校の特長1

スタッフ育成とアーティスト育成学科が密接に関わる本学ならではの「協学」システム

2つのディビジョン各学科が協力して実践的に制作実習を行うことで、大きな学びの相乗効果が期待できる「協学」システム。パフォーマーズ・ディビジョンの学生が歌い演じ、クリエイターズ・ディビジョンの学生が録音や撮影の技術スタッフを担当します。クリエイターズ・ディビジョンの学生は、演技の勉強をしている学生と日常的に触れあうことで、制作現場において重要な、出演者に対するマナーやコミュニケーションの取り方を身に付けられます。また、パフォーマーズ・ディビジョンの学生は、現場でのスタッフへの心配りやマナーを学ぶのと同時に、完成度の高いデモ音源や出演映像作品などプロデビューに役立つ宣伝材料を作成してもらえます。

学校の特長2

進路指導部と担任が、学生それぞれの個性や適性に合わせた進路決定をバックアップ!

定期的に行う進路希望アンケートに基づくクラス担任との個人ガイダンスでは、希望職種に就くためには何を勉強し、どのような就職活動をすればいいのかを何度も話し合います。進路指導部では、各企業の人事担当と密接に連絡を取り合って新規求人の掘り起こしを常に行い、多くの企業の会社資料を保管しています。また、パフォーマーズ・ディビジョンでは、タレント事務所やプロダクションを学校に招いて、在学生を対象にマンツーマンのオーディションを開催。その場でフィードバックを受けることで業界のニーズを理解できます。学校ホームページには、プロカメラマン撮影による在校生の写真とボイスデモを掲載したプロモーションページがあります。

学校の特長3

まじめでアットホームな雰囲気の中、一人ひとりが確実に理解するまで徹底的にサポート

本校では現場で役立つ知識・技能を、基本から丁寧に教えることをモットーにしています。そのため、実習は徹底した少人数制で行われます。クリエイターズ・ディビジョンでは、「PCを使っての録音・編集・ミキシング」や「PA機器のセッティング&オペレート」といったプロの現場で不可欠なスキルを、一人ひとりの理解に合わせて丁寧に指導します。また、パフォーマーズ・ディビジョンの実習では、7~8人という理想的な人数で、第一線で活躍中のプロの直接指導を受けることができます。教員も学生同士も、一人ひとりの顔と名前を覚えられる人数なので、教員と学生、また学生同士が、クラスや学科の枠を超えて交流を深めています。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

オープンキャンパス★2018年1~2月開催日

学校説明・施設見学・体験授業に加え、終了後は皆さんのご質問やご相談に個別でお答えします。特典いっぱい…

続きを見る

音響芸術専門学校からのメッセージ

★2018年度入試受付情報★
音芸で、エンターテインメント業界を目指しましょう!
12月10日(日)実施:12/7 エントリー・出願〆切
【B日程AO 第2次】
※学外説明会/オープンキャンパス/学校見学いずれかへの参加が、AO入試のエントリー条件です。
※AO入試合格者にはeラーニングによる入学前学習等の特典が用意されています。
【第2次推薦】
※受験料(2万円)免除
【第2次一般】

*各試験の詳細は本校HPにてご確認ください。

(11/30更新)

音響芸術専門学校の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

2017年度納入金<クリエイターズ・ディビジョン>昼139万円~149万円、夜87万円~92万円 <パフォーマーズ・ディビジョン>昼125万円~135万円
(分納・各種奨学金および学費減免制度あり)

就職・資格

就職支援

就職もデビューも!一人ひとりの個性・適性・希望に合わせたサポートです

各企業から寄せられる求人情報や人事担当者からの情報を幅広く収集し、学生に提供する「進路サポートセンター」を中心に、一人ひとりの就職をフルサポートする体制を整えています。また、デビューも強力にバックアップ。基礎トレーニングと並行して、1年次よりプロモーション活動を開始。オリジナルプロモーションツールやプロダクション研修、学内オーディションなど、デビューへのチャンスを多数用意しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

音響芸術専門学校 入学相談室

〒105-0003 東京都港区西新橋3-24-10
TEL:03-3434-3866 ((代)/クリエイターズ・デイビジョン)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都港区西新橋3-24-10 「御成門」駅から徒歩 1分
「神谷町」駅から徒歩 6分
「新橋」駅から徒歩 11分
「大門(東京都)」駅から徒歩 8分
「浜松町」駅から徒歩 11分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年01月22日 12:32 BLOG

    おはようございます! これから積もる雪がとても心配なMです。 みなさんも帰り道お気をつけてくださいね   音芸の2年生は2月2日に行われる「卒業制作発表会」のため全力疾走中です! その中でも本日はパフォーマーズ・ディビジョンの舞台の様子をお届けします。       ネタバレになるため詳しい内容は伝えることが出来ませんが、4姉妹の話です。(ざっくりすぎ!) 個性豊かな4人のキャラを学生たちがうまく表現できるよう、担当の篠原先生は細かく指導しています。 先生が自ら見本を見せるのはもちろん、学生がイメージしやすい言葉で説明します。     2年間学んできた全てを発揮する場所、卒業制作発表会 パフォーマーズ・ディビジョンの学生たちは、それを舞台という形でライブで見せなければなりません。 負担はとても大きいと思いますが、その負担や不安を乗り越え、悔いない舞台になるようMも応援します!ファイト!!          

    https://ameblo.jp/ongei-official/entry-12346492408.html

  • 2018年01月19日 10:27 BLOG

    おはようございます! 新年を迎えると共に、どうやら色々な記憶もリセットされてしまった心配のある音芸・広報の(小)です。 (え?年末に言っていた件?それって何だっけ?)   と、いうことで、今日は年が明ける前に音芸に新しくやってきた実習機材の紹介をします     音響・ステージ・放送業界もどんどん技術が進んでいますから、音芸ではその分野について学ぶ学生さん達が使う実習機材も年々ブラッシュされていきますよ       今年度で一番の新規導入をされたのは、マイクロフォン系です 写真は、ライブスタジオに導入されたドラム用マイク(左)や、ダイレクトボックス(右上):エレキギターやキーボードの変換。 そして、主に今年度よりスタートしたミュージカル&ステージスタッフ科の実習を充実させるべくワイヤレスのヘッドセットマイク(右下)も導入されました     さまざまな実習でこだわりのサウンドを創りましょう 写真でのご紹介はないのですが、ガンマイクなど映像作品の収録用のマイクも多く入りましたよ     他にも、ライブ・ステージ用のスピーカーや、リスニング用スピーカーを設置するスタンド、パフォーマー系学科でのダンスレッスン用の姿見(鏡)も新しくなりました       ここでは紹介しきれないものもまだあるのですが   音芸生のみなさん、どうぞ沢山の機材に触れて、沢山の制作経験を積んでください! 技術を学び、機材をどの様に組み合わせてどの様に使うのか 応用の部分ではありますが、近道は実践あるのみです 皆さんのスキルアップと、すてきな作品の出来上がりを、 職員一同、楽しみにしています    

    https://ameblo.jp/ongei-official/entry-12345501302.html

  • 2018年01月18日 10:17 BLOG

    おはようございます 最近寝る時はマスクを付けるようになったMです。   今日は先日オーディションを行った1SVと1MPVの「ビデオ番組制作」授業の本番の様子をお届けします。 この授業は2つ班に分かれ全く違う作品を作ります。       制限された時間と場所の中でどのような作品を作るかは脚本の段階から悩まないといけません。 そして時間がない分、いろんな準備と、本番の時間を大事に使わないといけません。       先生からのアドバイスと、班員通しのコミュニケーションはとても大事です。 気づいたことはすぐ声を掛ける、相談する姿勢は共同作品を作るにあたって欠かせない心得です。       違う学科との協学はクリエイターズ・ディビジョンの学生にとって普段慣れていない人とのふれあい方やマナーを学ぶ貴重な経験になります。 そしてパフォーマーズ・ディビジョンの学生にとっても、現場を感じられる授業になります。 今回2つの学科の協学でどんな作品が生まれるかとても楽しみです    

    https://ameblo.jp/ongei-official/entry-12344680679.html

  • 2018年01月17日 11:40 BLOG

    おはようございます 昨日ちょっぴり贅沢なご飯を食べてご機嫌なMです。     本日は「PAシステム」授業の様子をお届けします。 ところでPAっていったい何でしょう PAはPublic Addressの略で、一般的な英語の意味は放送設備を意味します。 用語としては施設内の案内放送や、スピーチ、野外イベントでの音響まで幅広く使われていますが、共通の目的は大人数に音声情報を伝達することにあります。       今まで2つのスピーカーに音を流していましたが今回の授業では4つのスピーカーに音を流します。 その仕組みを理解しながら、音声信号が流れる経路を確認します。 ミキサーとスピーカーは離れているため、合図をして音が正しく出ているかを知らせます。 これこそ協力プレイ       音声信号の流れを熟知たのであれば、次はデジタルミキサーを操作します。 今まで勉強して来たのはアナログミキサーでしたが、最近の現場ではデジタルミキサーを使用することが多くなりました。       難しく見えてもアナログミキサーと原理は同じ。 デジタルミキサーの現場が増えるとしてもアナログミキサーは音声信号を理解する最低限の知識を身につけるためしっかり学習する必要があります。 音はスピーカーを通じて出る前はただの「電気信号」として存在するだけです。 その信号をどのように世に送り出すかが皆さんが学ぶべきことです。 より多くの人によりステキな「音」を伝える人になれるように頑張ってください    

    https://ameblo.jp/ongei-official/entry-12345167488.html

  • 2018年01月16日 13:50 BLOG

      皆さんこんにちは! Pです。   先日の音楽表現ゼミをおじゃましてしました。 学校本館8FのLive Studio無限で、もうすぐ練習が始まるようです。   担当する楽器をゼミ加入するときに希望を出しますが、 実際のメンバー人数や、演奏する曲の構成によって複数の楽器を担当する時もあります。     ゼミでは好きな曲を選んで、譜を書いて練習していきますが、 最初は先生が決めた簡単な曲でウォーミングアップ。         実習授業などでは機材を操作するところ、お芝居を稽古するところを見かけますが、 楽器を演奏している姿もとてもカッコいいです   ゼミは始まったばかりでまだ一曲を練習していますが、これから増えていきます。   皆さん頑張ってください! それではまたおじゃまします    

    https://ameblo.jp/ongei-official/entry-12344946774.html

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内・入学要項(願書含む)
音響芸術専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる