• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 音響芸術専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 夜間総合学科

音響芸術専門学校 夜間総合学科

定員数:
30人 (夜30人)

働きながら、またはWスクールでエンタメ業界のプロを目指す

学べる学問
  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • ラジオ・テレビ放送技術者

    放送に必要な専門技術を駆使

    放送に関わる電波の送信をしたり、番組制作で音響、照明や中継などに携わる。また新しいメディアとしてインターネットを使った事業を進めたり、最先端のCG技術を番組に取り入れるなどのマルチメディア化や更なる技術開発にも関わる。

  • ミキサー

    音を生み出すエンジニア

    レコーディングスタジオやコンサート会場などで楽器の音やアーティストの声をミックスするエンジニア。コンサートミキサーはPAとも呼ばれる。音響機器を操作して、音質や音量を調節するほか、スピーカーなどの機材のセッティングも仕事。知識や技術だけでなく、感性と理解力も重要。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • MA(マルチオーディオ)ミキサー

    映像と一体化した音づくりを演出

    MA(マルチオーディオ)ミキサーとは、映像と音楽が一体化した作品の中で、音をメインに扱うスペシャリストのこと。扱うものはテレビ番組からCM、ビデオ作品までさまざま。作業はコンピュータのハードディスクに音を取り込んだ後、映像に合わせた選曲をし、その映像と音をミキシングマシーンで微調整する。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • ステージエンジニア

    音響、照明、映像などで舞台を効果的に演出

    音響、照明、映像などで、ステージを効果的に演出する技術スタッフ。台本、スケジュール表などをもとに、どんな機材をどう使うか決める。この際、舞台の大きさ、電気系統、公演の内容などによって機種を使い分ける。機材の操作だけでなく、出演するアーティスト、ディレクターの意図を理解し、求められるイメージを実現する力が必要。

初年度納入金:2022年度納入金(参考) 73万円~97万円  (※分納・各種奨学金および学費減免制度あり)
年限:2年制

音響芸術専門学校 夜間総合学科の学科の特長

夜間総合学科の学ぶ内容

幅広く学べる総合カリキュラム
夜間部・夜間総合学科の履修科目は、音響技術を中心に、ステージ、映像制作関連まで幅広い分野に対応しています。短い時間の中でも効率的に学べるカリキュラムで、進路の選択肢も広がります。

夜間総合学科の実習

レコーディング・PA・映像技術を、基礎から習得
レコーディングやステージ音響、映像・放送関連技術を基礎から学びます。システムへの理解、機器の扱い方、オペレートをしっかり身につけたうえで、ライブや卒業制作といった実践的な実習にも取り組みます。

夜間総合学科の卒業後

様々な業界で多くの卒業生が活躍しています
音楽、ステージ、放送各界の技術・制作職を目指します。本校宛ての求人は、昼間部/夜間部また学科ごとの区別は無く、学科による就職活動の違いはありません。仕事やほかの大学・スクールの学びと両立しながら夢に向かって自ら積極的に動くような、目的意識の高い学生が多く、卒業生は様々な業界の第一線で活躍しています。

夜間総合学科のクチコミ

夜間部でも学びや就活が充実
昼間部が9:20~16:40、夜間部は18:30~21:00で昼間部の方が授業時間もカリキュラムも豊富です。しかし、夜間部の授業は、昼間部の授業の大切な部分をすべて網羅するように作られており、必要な基礎は十分に習得できます。Wスクールや働きながら学ぶ学生が多く、しっかりした目的意識を持って学校生活を送っています。

夜間総合学科の施設・設備

プロ仕様の5.1chサラウンドミックスシステムを含む充実の施設・設備
現在の録音現場において最も多く導入されている業界標準録音・編集システム、Pro Toolsを導入。1人1台のPro Toolsを用いてトレーニングできる実習室、SSL社製ミキシングコンソールを装備した音楽レコーディングスタジオ、5.1chサラウンドミックスシステムの音楽・映像スタジオなど、充実の実習設備を整備しています。

音響芸術専門学校 夜間総合学科の学べる学問

音響芸術専門学校 夜間総合学科の目指せる仕事

音響芸術専門学校 夜間総合学科の資格 

夜間総合学科の受験資格が得られる資格

舞台機構調整技能士<国>3級

夜間総合学科の目標とする資格

    • 映像音響処理技術者資格認定試験 、
    • サウンドレコーディング技術認定試験

    ほか

音響芸術専門学校 夜間総合学科の就職率・卒業後の進路 

夜間総合学科の主な就職先/内定先

    フィズサウンドクリエイション、MAD HOUSE、綜合舞台オペレーションズ、BIGO LIVE JAPAN、キッス・エンタテインメント、コムリード、東京通信電設、響楽、サウンドクルー、フライアウト企画、DONUTS、他多数


※ 2021年3月卒業生実績

音響芸術専門学校 夜間総合学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒105-0003 東京都港区西新橋3-24-10
TEL 03-3434-3866
E-mail: info@onkyo.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都港区西新橋3-24-10 「御成門」駅から徒歩 1分
「神谷町」駅から徒歩 6分
「新橋」駅から徒歩 11分
「大門(東京都)」駅から徒歩 8分
「浜松町」駅から徒歩 11分

地図

 

路線案内


RECRUIT