• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 織田調理師専門学校
  • 学校の特長

東京都認可/専修学校/東京

オダチョウリシセンモンガッコウ

先生・教授・講師が魅力的

授業のメインは専任の教員。わからないことはいつでも相談しやすい。

現場経験が長く経験豊富な講師が、器具の名称、包丁の使い方、食材の選び方、さばき方から教えていくので、今まで料理にあまり関わったことがなくても安心です。実習はまず先生の手本(デモンストレーション)を見ることから始まります。プロのワザを間近で見ることができる絶好のチャンスです。実習は、実習台1台に4人の少人数で行われるので、やる作業がないなんてこともありません。織田調理の授業をメインで教えるのは専任の教員。わからないことがあったら、気軽に質問できてすぐに解決できる環境があります。学校の特長1

就職に強い

学生と目標を共有し、応援してくれる先生が就職活動を全面的にバックアップ

国内外の専門店やホテルで修業をしていた卒業生の中には、現在、若くしてオーナーシェフになり活躍している先輩も。そんな先輩に憧れ、「一流の調理人になりたい」「いつかは自分もオーナーシェフに」という学生も多いでしょう。そんな夢を共有し応援してくれる先生は、学生に親身で的確なアドバイスをしてくれる強い味方。学生が希望の進路に進めるよう、プロの現場を体験できる職場研修を実施したり、先輩たちのアドバイスを受ける機会を設けたりするなど、先生と学生がひとつになって進路を検討していきます。学校の特長2

施設・設備が充実

幅広い技術が学べる機能的な調理実習室を完備

コンベクションオーブンやイタリア製サラマンダー、北京ダック用中華釜など、充実した調理設備や機材を導入すると共に、実習時の教員や学生の動線等を一から見直し、プロが働く厨房にもひけをとらない設備と使い勝手を備えた実習室が完成しました。西洋料理、日本料理、中国料理、製菓・製パンの各実習室はそれぞれ全く異なる仕様で、「なぜこの設備なのか、この配置なのか」に徹底的にこだわっています。そのような使いやすく、学びやすくなった実習室で、調理の基礎技術を徹底的に身につけます。学校の特長3