• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京調理製菓専門学校
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

一流の調理師を目指すなら、調理の経験を積むことができる実習はとても重要

国家資格である調理師免許は、取得の為に設定されている実習時間・講義時間が決まっています。本校のカリキュラムは、高度調理技術科(2年制)の場合、実習時間が約2.8倍、また調理師免許取得にしばられないパティシエ・ブーランジェ科は、授業の92%を実習とし、1年間で960時間が実習授業となっています。また、授業以外でも校内の実習室で自主練習ができる「フリートレーニング」の環境が整っています。卒業年度の学生にはひとり一作品が制作できる「卒業作品展示」のイベントも用意され技術向上のステージが整っています。学校の特長1

先生・教授・講師が魅力的

現場経験が豊富な調理師・パティシェの指導を受け一流の技を習得

本校の講師・教員は、現場経験が豊富なシェフ・パティシエや、現役で活躍中の料理長が指導をし、一流の技を習得できるように指導していきます。また、年2回実施される特別授業では、食の世界で活躍する一流の調理師・パティシエが直接指導します。食材の説明、その他現場の様子、目標を達成する為には何をすべきかなど魅力的なお話や有名店のレシピも学べる授業です。将来の目標について意識がさらに高まります。学校の特長2

就職に強い

毎年高い就職率と、卒業後も生涯にわたってサポートし続ける

本校では、毎年高い就職率を誇っています。授業にキャリアデザインを導入し、履歴書の添削・面接指導などを行います。就職進路指導課とキャリア支援室、担任との綿密な連携で、ホテル、レストラン、パティスリー、ベーカリー、カフェ、専門店、給食施設、食品メーカーなど希望の就職へと最大限バックアップします。キャリアデザインの授業内容のひとつに、卒業生講話があります。憧れの企業に就職した先輩は在学中にどういう行動をとったのか、就職活動や現状を具体的にお話ししていただく内容も毎年ご用意しています。また、卒業後のキャリアアップも相談に応じ、生涯にわたってサポートし続ける体制になっています。学校の特長3