• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京医薬専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 言語聴覚士科(3年制)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウイヤクセンモンガッコウ

東京医薬専門学校 言語聴覚士科(3年制)

定員数:
40人

現場を体験できるカリキュラムで、患者様一人ひとりの気持ちに寄り添える言語聴覚士になれる

学べる学問
  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問です。基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。

  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    看護学は、看護の方法を、理論と実践の両面から探究する学問であるといえます。分野は人の発達段階によって、小児、成人、老人などのに分かれるほか、「基礎看護学」や「精神看護学」、「地域看護学」といった分野があります。学校では、人を理解するために、哲学や心理学、化学や生物学など、幅広い教養を身につけます。学年が上がるとその学びは徐々に専門的になり、多くは、病院や診療所、福祉施設などでの実習を伴います。現場にでることでさらに知識を深め、技術を磨き、看護の方法を身につけていきます。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

初年度納入金:2020年度納入金 128万3000円  (その他教科書・教材費等・諸費用別途)
年限:3年制

東京医薬専門学校 言語聴覚士科(3年制)の学科の特長

言語聴覚士科(3年制)のカリキュラム

きこえ・のみこみ・ことばに問題のある方を支える知識と技術をたのしい授業、わかる授業で習得
言語聴覚士はSTとも呼ばれ、子どもから高齢者まで言葉や聞こえの問題に関わる専門家です。「基礎医学」「言語聴覚障害論」などで専門知識を身につけ、「聴力検査」「嚥下障害訓練法」「失語症検査法」など、学内での実習に加え、特別養護老人ホーム、保育園、病院など、幅広い分野で学外実習に行き、専門技術を身につけます

言語聴覚士科(3年制)の授業

担任は全員、言語聴覚士!その先生が国家試験合格へ導く
1年次から国家試験受験まで、小児・成人・聴覚それぞれの臨床経験豊富なスペシャリストである専任教員が、学生個々に合わせて継続的・効果的に指導していきます。臨床現場に直結した知識と技術の習得ができます

言語聴覚士科(3年制)の学生

  • point キャンパスライフレポート

    言語聴覚士として、ことばや聞こえの回復を支えたい!

    早く社会に出て経験を積みたかったので、3年で卒業できる東京医薬へ。学校の雰囲気が好きだったことや、先輩や先生と仲良くなったので、何回もオープンキャンパスに来て、入学前から色々な授業を経験しました♪

    東京医薬専門学校の学生

言語聴覚士科(3年制)の卒業生

卒業生限定の症例研究会
卒業後のレベルアップを応援するのが卒業生限定の症例研究会。卒業生による症例発表や、講師による画像診断セミナー、相談コーナー、情報交換会など盛りだくさんの企画で毎回盛り上がります。卒業しても、言語聴覚士として成長できるようフォローしていきます
就職率100%!年間3,000以上の病院、法人、企業からの求人がある
卒業生1,100名の活躍と40年の実績と教育レベルが評価され、東京医薬には業界から求人がきます。もちろん、就職率は100%(2017年3月卒業生364名就職)。業界での評価も高く、就職先にはたくさんの先輩が活躍しています

言語聴覚士科(3年制)の資格

高い合格率を維持する独自の合格システム
好きな時間、場所で学べるeラーニング。通常授業に加えてレベルに合わせた補習を行います。年10回行う模擬試験の後に個別面談を行い、担任・講師とともに弱点克服のプログラムを組み立てます。同時に、言語聴覚士が関連するボランティアや病院での実習を通して、言語聴覚士へのモチベーションを高めます。

言語聴覚士科(3年制)の施設・設備

学内に訓練施設があるから、ふれ合いながら学べる
学校提携実習施設として、症例の観察、評価、訓練の実習ができます。専用の「観察ルーム」があり、実際の症例を間近にすることが可能です。入学後からすぐ言語聴覚士の訓練現場を観察・体感することができます

東京医薬専門学校 言語聴覚士科(3年制)のオープンキャンパスに行こう

言語聴覚士科(3年制)のOCストーリーズ

東京医薬専門学校 言語聴覚士科(3年制)の学べる学問

東京医薬専門学校 言語聴覚士科(3年制)の目指せる仕事

東京医薬専門学校 言語聴覚士科(3年制)の資格 

言語聴覚士科(3年制)の受験資格が得られる資格

  • 言語聴覚士<国>

東京医薬専門学校 言語聴覚士科(3年制)の就職率・卒業後の進路 

言語聴覚士科(3年制)の主な就職先/内定先

    東邦大学医療センター佐倉病院、八千代リハビリテーション病院、千葉・柏リハビリテーション病院、関東脳神経外科病院、帝京大学ちば総合医療センター、博慈会記念総合病院、医療法人社団筑波記念会 筑波記念病院、東京慈恵会医科大学付属病院、八潮中央総合病院、湘南鎌倉総合病院 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

東京医薬専門学校 言語聴覚士科(3年制)の入試・出願

東京医薬専門学校 言語聴覚士科(3年制)の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-5-12
フリーダイヤル 0120-06-1610
info@tcm.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京医薬専門学校 : 東京都江戸川区東葛西6-5-12 東京メトロ東西線「葛西」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


東京医薬専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る