• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京医薬専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • IT医療事務総合学科

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウイヤクセンモンガッコウ

IT医療事務総合学科(2020年4月名称変更予定(届出中))

定員数:
30人

医療業界のIT化に対応できる知識や資格を身につけ、メディカルクラークのエキスパートを目指す

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問で、基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。薬学を学べる学部には、薬学部のほかに薬科学部があります。これは4年制の学部で、主に研究者の育成を目的としています。薬を扱ううえでは、細かな計測や厳重な安全管理が欠かせません。ですから、几帳面な性格の人は、薬学に向いているといえるでしょう。薬学を学んだ人の多くは、薬剤師として薬局や病院に就職します。そのほかにも、製薬会社での研究開発や、食品、化粧品会社での商品開発に携わる人、公務員として薬学の知識を生かせる職に就く人もいます。いずれにしても薬を通して、人々の健康や生活の安全にかかわっていく仕事です。

  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    看護とは、人がもっている生命力を最大限に引き出し、自分らしく生きるためのサポートをすることです。看護学は、そんな看護の方法を、理論と実践の両面から探究する学問であるといえます。分野は人の発達段階によって、小児、成人、老人などのに分かれるほか、「基礎看護学」や「精神看護学」、「地域看護学」といった分野があります。大学では、1年次は、人を理解するために、哲学や心理学、化学や生物学など、幅広い教養を身につけます。学年が上がるとその学びは徐々に専門的になり、多くは、病院や診療所、福祉施設などでの実習を伴います。現場にでることでさらに知識を深め、技術を磨き、看護の方法を身につけていきます。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

目指せる仕事
  • システムコンサルタント

    企業の業務内容に合った情報システムを提案する仕事

    企業の業務はコンピュータを使った情報システムで管理されており、それによって仕事の流れを効率化したり、膨大な顧客データを活用したりしている。業務内容と情報システムとは密接に関係しているので、企業の情報システムの導入・改善にあたっては、ビジネスとITの両方に精通した専門家が必要になる。その役割を担うのが、コンサルティング会社をはじめとするIT系企業で活躍するシステムコンサルタント。顧客(企業)の業務内容や要望・課題をしっかりと聞き、適切な情報システムのあり方を提案。基本的な設計までを行う。

  • ベビーシッター

    子どもとマンツーマンで向き合い、保育から学習指導まで

    仕事をもつ親などの代わりとなり、個人宅や託児施設で乳幼児から小学生くらいの子どもの世話をするのがベビーシッターの仕事です。ベビーシッターになるのに資格や免許は必要なく、また、子育ての経験がなくてもベビーシッターとして働くことは可能です。ただし、子どもの発達や心理、健康などに関する知識はあるに越したことはなく、ベビーシッターとして働く人のなかには、保育士資格、幼稚園教諭免許状、看護師資格のほか、認定ベビーシッターや英国チャイルドマインダーといった民間資格をもつ人も多くいます。最近では英語などを教える家庭教師的な役割や、外国人宅でのニーズも多く、語学力を求められるケースも増えています。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 病棟クラーク

    医師・看護師をサポートする事務部門の専門スタッフ

    入院施設がある病院の病棟(ナースステーション)に勤務し、医師・看護師の仕事を事務面からサポートする仕事。病棟クラークのおかげで、医師は診察、看護師は看護に時間を充てることができることから、医療サービスの質の向上を目指して導入されるようになった比較的新しい職種です。病棟クラークは、医師・看護師の補佐役に加え、ほかの病院や患者さんの窓口にもなるため、医療事務の知識・スキル、コミュニケーション力や接遇マナーが問われます。病棟クラークになるために必須の資格や免許、学歴はなく、医療福祉系の大学や専門学校で基礎的な知識・スキルを学び、医療事務系の民間資格を取得して就職に臨む場合が多いようです。似た職種である医療事務と比べるとまだ認知度は低いですが、医師・看護師の業務を幅広くサポートできる人材として、現場からのニーズは年々高まっています。

  • 診療情報管理士

    病院の診療情報を管理する

    病院で保存される診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。記録の点検は十分行い、カルテや検査結果に不備がないかも確認する。このノウハウをもとに病院内の医療情報のデータベース化や診療統計を行うなどの役割も期待される。

  • 医療情報管理者

    医療情報を管理し、研究や広報にも活用

    カルテをはじめとする院内の診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。この情報を加工し、病気や診療統計をまとめ、研究や広報のために提供することもある。多くの患者が訪れる大規模な病院では専門職として勤務する場合もある。

初年度納入金:2019年度納入金 125万1000円  (その他教科書・教材費等 諸費用別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

最新のIT医療知識を学び、医療スタッフや患者様をつなぐエキスパートに
現代の医療現場では電子カルテや医事会計システムの導入など、より高度なIT知識が求められています。2年間で国家資格「ITパスポート」のほか、数多くの上級資格の取得を目指しながら高い専門知識を身につけます。病院の経営に携わる管理職や、経営・経理・総務などのマネジメントに携わる仕事も目指せます

カリキュラム

2年間で医療事務の基礎から経営・ITを学び、上級資格取得を目指す
2年間で、医療事務の必須資格取得のほか、医療情報システムを支える「医療情報技師 基礎検定」や国家資格「ITパスポート」の取得を目指し、ITや経営を学びます。卒業後は+1年の通信教育システムを用意。「診療情報管理士」の資格取得をバックアップし、更なるキャリアアップを目指します

先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    医療費の計算もどんどんやる気が湧く工夫を欠かさない授業

    まず、診療点数早見表を見ながら初診料の計算ができるように訓練。項目ごとに記載されている条件をすべて覚える必要があり、またドイツ語、英語による記載もあるので、読み方を随時説明していきます。次にドクターが書いたカルテを読み、必要な箇所だけを拾い出して健康保険の何点に相当するのかを判断…

    東京医薬専門学校の先生
  • point こんな先生・教授から学べます

    医療費の計算もどんどんやる気が湧く工夫を欠かさない授業

    授業では点数表の内容を理解し、カルテを見て医療費の計算ができるよう繰り返し練習します。また復習も兼ねて医事コンピュータでの入力も行います。「質問は何度同じ内容を聞いてもOKです。一番大切なのは自分が理解できること。私の授業では『今さらの質問なんですけど』なんて前置きはいりませんよ…

    東京医薬専門学校の先生

学生

  • point キャンパスライフレポート

    夢は医療事務のスペシャリスト。患者さまの手助けになる人になりたい

    将来の目標である「医療事務のスペシャリスト」になるための勉強を、専門の先生方から学べることに惹かれて入学しました。キャンパスにアットホームな雰囲気があり、在校生がいきいきと学んでいることも魅力でした。

    東京医薬専門学校の学生

卒業生

39年の歴史と伝統に裏付けられた卒業生ネットワーク
1979年に開校した東京医薬専門学校は、5000人を超える卒業生を業界に輩出してきました。現在も多くの卒業生が病院内の医事課課長などの現場のリーダーとして活躍しています。卒業生の実績が今日の東京医薬専門学校の高い就職実績を支えています
  • point 先輩の仕事紹介

    資格を10以上取得。その知識も生かし、患者さんの不安を少しでも取りのぞけたら

    勉強してきたことを活かしたくて、ある程度の規模のある総合病院に就職しました。仕事は、外来カウンターの受付と会計を担当しています。病院は午前中に大変混雑します。カウターの前に、列ができてしまうほどです。みなさん、具合が悪くていらっしゃっているので、できるだけスピーディな対応が求めら…

    東京医薬専門学校の卒業生

卒業後

希望する病院に合わせて、就職活動ができる
東京医薬専門学校医療秘書科は36年の歴史と伝統を持ち、1都3県の病院に卒業生がいない病院を探すほうが難しいほど、多くの卒業生を輩出し、第一線で活躍しています。卒業生の活躍と教育内容が現場で高く評価されています

資格

じっくりしっかり学ぶあなたを資格アドバイザーがバックアップ
資格検定に合格するために、少人数でのグループ指導を行います。毎週、1週間の復習を少人数グループで行い、苦手な部分やわからなかった部分を、個別指導でその週に解決していきます

施設・設備

将来に役立つスキルが身につく充実の実習室
病院内のコンピュータや情報処理を学ぶ実習室には、160台ものパソコンを完備。授業で医事コンピュータや電子カルテについて学ぶことができるのはもちろん、放課後などに自習ができる環境も整っています

オープンキャンパスに行こう

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • IT パスポート試験<国> 、
    • 診療報酬請求事務能力認定試験 、
    • 医療秘書技能検定試験

    医事コンピュータ技能検定
    電子カルテ実技検定試験
    秘書技能検定
    医師事務作業補助者実務能力認定試験
    調剤事務管理士技能認定検定
    コミュニケーションスキルアップ検定 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    日本医科大学付属病院 、 徳州会グループ 、 東京女子医科大学病院 、 東京慈恵会医科大学附属病院 、 亀田総合病院 、 聖マリアンナ医科大学病院 、 昭和大学病院 、 順天堂大学医学部附属順天堂医院 、 北里大学病院 、 聖隷福祉事業団 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

入試・出願

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-5-12
フリーダイヤル 0120-06-1610
info@tcm.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京医薬専門学校 : 東京都江戸川区東葛西6-5-12 東京メトロ東西線「葛西」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


東京医薬専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る