• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 病棟クラーク
  • ズバリ!将来性は?
病棟クラークのズバリ!将来性は?

病棟クラークのズバリ!将来性は?

医師・看護師不足や過労が社会問題としても注目されるようになり、医師・看護師の負担軽減や労働環境の改善に業界全体として取り組む意識が高まっています。なかでも、医師・看護師のサポートを専門に行う医療スタッフの配置が特に重要だと考えられており、2008年の医療報酬改定の際には、勤務医の業務負担を軽減することを目的にした「医師事務作業補助者」も誕生しました。そんな背景から、医師・看護師を直接サポートできる病棟クラークを採用したいと考える病院の数は、この先も増加していくと予想できます。

医師・看護師不足はすぐに解消できない問題

医師・看護師の安定的な雇用を目指すのも大切なことですが、高齢化による患者増加などもあり、医療現場の業務負担は依然として大きく、慢性的な人材不足によってその負担が個人に大きくのしかかる…という悪循環はすぐには解消できないものとなっています。
そんななか、医師・看護師にしかできない業務以外の部分(事務)を切り分ける=“病棟クラークの配置”は、早急に着手できる解決策の1つとして、注目・評価されています。
実際、医師・看護師からも「助かっている」という声が聞かれており、その現場の声が大きくなればなるほどに、病棟クラークの雇用ニーズはさらに高まりを見せるでしょう。

病棟クラークの労働環境の向上にも期待

現在、一般的な病院では、1つの病棟に1人の病棟クラークが配置されている場合が多いようです。とはいえ、病棟あたりの患者さん、医師・看護師の人数は決して少なくはないため、病棟クラークへの負担の大きさもまた1つの問題になっているようです。
「病棟クラークは病院にいなくてはならない存在」という認識の高まりとともに、病棟あたりの配置人数の増加や、給与水準の上昇など、病棟クラーク自身の労働環境の向上にも期待をしたいところです。

全国のオススメの学校

病棟クラークを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路