• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 病棟クラーク
  • 楽しいことと大変なことを教えて!
病棟クラークの楽しいことと大変なこと

病棟クラークの楽しいことと大変なこと

全国のオススメの学校

病棟クラークは直接医療行為ができませんが、患者や看護師に感謝されるとやりがいを感じ、役立っていると思うと楽しいそうです。また、病棟クラークならではの大変なこともあると言います。ある病棟クラークが仕事をする中で、楽しいこと、大変なことを聞いてみました。

楽しいこと

ある病棟クラークによると、医師と看護師が忙しくてケアできないことこそが、実は患者さんにとっては大切なことだったり必要なことだったりすると言います。そのため、自分一人では動けない患者さんを売店に連れていってあげたり、一緒に散歩に出かけたり、ゆっくり話を聞いてあげるなどの対応をしているそうです。
患者さんも看護師が忙しいのはわかっているようですが「看護師さんはバイタルを測るとすぐにいなくなるから言いたいことも言えないけれど、あなたに聞いてもらってすっきりした。ありがとうね。」などと言われることがよくあるそうです。少しでも気分転換になったのならよかったと思うし、やりがいを感じると話してくれました。看護師とは違って、直接医療行為ができなくても、感謝されることが多いので役に立てたと思うそうです。人は話を聞いてもらうだけで満足することもあるので、伝える相手として自分が役目を果たすことができるのはうれしいとのことでした。

また、患者さんと関わること自体が楽しいと言います。検査の順番待ちの間に患者さんと他愛もない話をするのは結構好きで、仕事ながら楽しい気分になれるのだとか。病院で検査や手術をするのは誰もがイヤなことであり、怖いという気持ちがつきまとうものですが、そんな時に一緒にいて雑談をすることで、少しでも怖さが和らぐなら、いてあげたいそうです。気持ちが落ち着くならと、気持ちのケアをしているつもりで対応していると話してくれました。
患者さんだけでなく、医師や看護師にも雑務を頼まれることは多いそうですが「クラークさんがいないと仕事が回らない。いてくれてよかった」と言われると、役に立てていると実感できるそうです。

大変なこと

病棟クラークが少ないことが一番大変だと言います。勤務先の病院では病棟に一人しかいないので、何かあったときや困ったときに相談できる先輩病棟クラークが近くにいないことが困るとのこと。看護師や看護師長が話を聞いてくれるそうですが、孤独を感じたこともあったそうです。
また、医師と看護師で意見が異なる場合に板挟みになってしまうときは、どうにも答えられず困ってしまうこともあるのだそう。
業務上、いろいろな職種の人と連携がうまくとれないときはストレスになることがあるそうです。病棟の窓口にいるため、患者さんの家族から理不尽なことを言われてしまうこともあると言います。
病棟クラークは指示されて仕事をすることが多いので、こき使われていると感じたこともあったそうですが、看護師がどれだけ忙しい状況で指示しているかということが理解できるようになると、考えが変わったそうです。マイナスにとらえるのではなく前向きに仕事をすることが大切だと思うようになったと話してくれました。
初めのころは、失敗したこともあったと言いますが、人間は一度失敗をすると忘れないものです。わからないことはそのままにせず、確実に確認してから処理することの大切さを学んだということでした。

病棟クラークを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路