• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 病棟クラーク
  • 求められる人物は?適性を知る
病棟クラークに求められる人物は?適性を知る

病棟クラークに求められる人物は?適性を知る

全国のオススメの学校

医師や看護師をはじめとした病院のスタッフ、患者さんとそのご家族など、たくさんの人をサポートする病棟クラークの仕事は、「コミュニケーション力」と「気配り」が何より大切。また、基本的な医療の知識や医療保険制度の知識なども、病院で医療スタッフとして働くうえで身につけておきたいスキルになります。さまざまな仕事をほぼ1人でこなすことになるので、決まった時間のなかで効率よく仕事をこなしてゆく手際のよさも求められるでしょう。

人によろこんでもらうことが好き

「縁の下の力持ち」と表現したように、病棟クラークの仕事はサポート業務がメイン。そのため、「人によろこんでもらうこと」「人の役に立てること」を仕事のやりがいやよろこびに変えられる人に向いている職業と言えます。目立つ仕事ではないぶん、「誰かのために」という気持ちで毎日コツコツと努力ができるかどうかが重要です。

人当たりのよさ、気配り

医師・看護師にとっては仕事を頼みやすく、患者さんやそのご家族にとっては声をかけやすい、そんな人当たりのよさも病棟クラークには必要です。患者さんの不安を少しでも軽くできるような、安心感を与える話し方や表情、言葉選びも大切になります。

想像力と積極性

いいサポート役とは、「今、この人に必要なことは何か?」をイメージし、相手より先回りして行動ができる人です。そのため、指示を待つのではなく、自分からできることを見つけにいく積極的な姿勢はとても重要です。

強い責任感

担当する事務作業量の多さに加え、病棟ごとに1人の配置が一般的であることから、病棟クラークは常に忙しく働くことになります。
それを「大変な仕事」と思うのではなく、「まかされることが多い大切な仕事」と思えるかどうかも、この仕事の向き不向きにつながりそうです。
また、医師・看護師と同じく、「患者さんの命を守る立場」であるという覚悟と責任感も問われるでしょう。

スケジュール管理能力・判断力・正確性

1日の中でこなさなくてはいけないことが多く発生するため、一つひとつの仕事を正しく迅速に処理してゆく事務能力の高さ、仕事の優先順位を把握し、時間配分を意識して取り組むスケジュール管理能力も必要です。
ただし、医療現場では予測していなかったことが起こるのが日常ですので、予定外のことが起こったときに臨機応変に判断し対応できる柔軟さも求められます。
また、患者さんの命を預かる以上、ミスが許されない仕事であることも正確性が求められる大きな理由になっています。

医療への興味と向上心

治療や処置を直接行うことはありませんが、病棟クラークは患者さんやご家族にとっては医師や看護師と同じ医療スタッフの1人。何か質問をされたり、相談されたりすることがないとは言えません。専門外のことを無責任に答えるのはよくないですが、基本的な医療知識を持ち合わせていれば、相手が訴えていることを理解し、必要であれば医師や看護師にスムーズにつないであげられるなど、接遇面でのサービス向上に生かすことができます。
また、医療は日々進歩しており、保険制度や法律も改正されていくものなので、新しい知識や情報への感度の高さも大事になります。

病棟クラークを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路