• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 福祉学
やりたいことを見つけよう!

福祉学とはどんな学問?研究内容や学び方などを解説

福祉学

人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

福祉学の学び方

講義

福祉学の基礎的な理論について講義で学んでいく。

実習・フィールドワーク

社会との関わりの中で福祉の必要性を理解するために、福祉の現場へ出かけること、ケアの実習を行うことが学びの大きなポイントになる。

福祉学 学びのフィールド

<理論><制度><対象別福祉論>の3分野で構成される。

<理論>

●社会福祉思想
社会福祉とは何か、被支援者をどう支援すべきかなど、福祉について根本的に考える。

●社会福祉史
各国、各時代の社会福祉の歴史を研究する。

<対象別福祉論>

●保健福祉論
精神保健の分野で社会福祉のあり方を考える。

●家族福祉論
家族、とくに子供をとりまく問題の解決を考える。

●公的扶助論
生活保護の問題を探る。

●地域福祉論
地域住民をめぐるさまざまな福祉に関わる現状を探る。

●児童福祉論
子供に対する福祉について、幅広く研究する。

●医療福祉論
医療福祉やソーシャルワーカーについて研究する。

●老人福祉論
高齢者がよりよく暮らしていくための、福祉について考える。

●障害福祉論
障害者を対象とした福祉の理論、援助方法や技術を研究する。

<制度>

●社会福祉法制
社会福祉に関する法律について研究する。

●社会福祉政策
社会福祉政策について研究する。年金制度など社会保障の研究もこの領域。

●社会福祉行政
政策に基づいて行われる、国や地方自治体の社会福祉行政について研究する。

●社会福祉経営
社会福祉に関わる民間企業やNPO法人など、社会福祉を行う団体の経営について研究する。

福祉学に関連する記事

福祉学を学べる学校を探すならスタディサプリ進路