• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 東京
  • 東京都立大学

東京都立大学からのメッセージ

2022年4月4日に更新されたメッセージです。

東京都立大学は、都民や社会人等の学習ニーズに応える生涯学習の拠点として、さらには地域社会の活性化を目指して、大学の持つ学術研究の成果を広く社会に還元するオープンユニバーシティを開設しています。本学オープンユニバーシティが企画する高校生向け講座では、大学で研究・教育の携わる教員が、オンラインで講義します。文系・理系を問わず、ジャンルは多岐に渡りますので、興味ある講座がありましたら是非ご参加ください。

東京都立大学で学んでみませんか?

東京都立大学の風景

首都・東京が持つ豊富な学術的リソースを活用し、人間社会に貢献できる人材を育成

大都市である東京に集まる資源を有効活用し教育・研究を展開しています。教育においては、自由度の高いカリキュラムと、独自の教育システムにより、真の知を求める自主性、しなやかな発想力と思考力を養います。

東京都立大学はこんな学校です

きめ細かな少人数制

東京都立大学の特長1

少人数制の演習等を通して、課題解決能力、表現力やプレゼンテーション能力を高めます

都市が抱える問題を解決するためには、「都市環境の向上」「ダイナミックな産業構造を持つ高度な知的社会の構築」「活力ある長寿社会の実現」という課題の本質を的確に捉えることが必要です。1年次に行われる基礎ゼミナールは、自己の表現力やプレゼンテーション能力を高めるために、担当教員の設定したテーマに基づいて行われる実習形式の授業です。少人数制(24名程度)の研究の中から学生同士の交流と豊かな人間関係の形成を促します。そして、都市が抱える様々な問題点を理解し、課題について調査、研究、発表、討論を重ね、解決に必要な技法を体験的に修得していきます。

学費に特長・奨学金制度あり

東京都立大学の特長2

公立大学ならではの安価な学費と各種減免制度・奨学金制度で、就学意欲に応えます

本学の学費は、入学金282,000円(東京都の住民は、141,000円)授業料年額520,800円(二期に分納)です(予定)。4年間の大学生活には、学費のほかにも様々な出費が必要となります。本学では、意欲と能力のある学生に「教育を受ける機会」を保障し、自立した学生生活を送るための学費の援助を行う奨学金制度を用意しています。日本学生支援機構、民間育英団体、地方公共団体が募集する奨学金など学生サポートセンター学生課で扱っています。また、経済的理由等により授業料の納付が困難な方には授業料の減免制度や分納制度もあります。

インターンシップ・実習が充実

東京都立大学の特長3

体験型のキャリア科目で、早期に社会を経験し、社会人として必要な基礎力等を養います

東京都立大学では、1年次から履修できる「現場体験型インターンシップ」と専門教育科目としての「インターンシップ」の2種類を用意。「現場体験型」は、前期授業期間に事前学習(全3回)を行い、実習先の調査やグループワークに取り組んだ上で、夏季休業期間中に5~10日間の現場実習を行います。業務内容や仕事の厳しさ・喜びを知るとともに、体験を通じて自分がどんな仕事や業種に向いているのかという職業適性を把握するためのヒントも得ることができます。東京都庁および関係団体、市・区役所、民間企業など約300の豊富な実習コースの充実度は、東京都立大学ならでは。こうした貴重な体験が高い就職率に結びついています。

東京都立大学の特長を詳しく見る

あなたは何を学びたい?
東京都立大学の学部学科、コース紹介

人文社会学部

(定員数:200人)

人間社会学科 (定員数:110人)

人文学科 (定員数:90人)

法学部

(定員数:200人)

法学科 (定員数:200人)

経済経営学部

(定員数:200人)

経済経営学科 (定員数:200人)

理学部

(定員数:200人)

数理科学科 (定員数:45人)

物理学科 (定員数:47人)

化学科 (定員数:48人)

生命科学科 (定員数:60人)

都市環境学部

(定員数:255人)

地理環境学科 (定員数:30人)

都市基盤環境学科 (定員数:50人)

建築学科 (定員数:50人)

環境応用化学科 (定員数:60人)

観光科学科 (定員数:30人)

都市政策科学科 (定員数:35人)

システムデザイン学部

(定員数:320人)

情報科学科 (定員数:50人)

電子情報システム工学科 (定員数:85人)

機械システム工学科 (定員数:90人)

航空宇宙システム工学科 (定員数:45人)

インダストリアルアート学科 (定員数:50人)

健康福祉学部

(定員数:195人)

看護学科 (定員数:80人)

理学療法学科 (定員数:35人)

作業療法学科 (定員数:40人)

放射線学科 (定員数:40人)

東京都立大学の就職・資格

卒業後の進路データ (2021年3月卒業生実績)

卒業者数1,619名
就職希望者数989名
就職者数937名
就職率94.7%(就職者数/就職希望者数)
※卒業生のその他の進路:大学院進学など

一人ひとりのキャリアデザインを考慮したきめ細かいサポート

学生が本学で培った知識をもとに、それぞれの目標に向かい、社会人として活躍できる体制を整えています。国家資格を持つ「キャリアカウンセラー」や、企業人としても経験豊かな「就職相談員」が、学生一人ひとりに対し総合的に就職支援に取り組んでいます。さらに内定を獲得した学部4年生や博士前期2年生が相談にのる「就職活動アドバイザー制度」や、きちんとファイリングされいつでも閲覧可能な先輩たちの就職活動試験受験報告書など、貴重な情報が気軽に得られるのも特長です。日野キャンパス、荒川キャンパスでも教員と連携しながら、それぞれの特性を活かした就職支援を行っています。

東京都立大学の就職についてもっと見る

気になったらまずは、オープンキャンパスにいってみよう

イベント

  • 『デザインの力』を考えるの詳細

    『デザインの力』を考える

    お申込はこちらから → https://www.ou.tmu.ac.jp/web/course/detail/2211G102/ デザインとは何か?と聞かれて皆さんはどのように答えますか。今日ではデザインという言葉は日常生活においても頻繁に使われますし、広告、編集、商品開発、建築・空間設計、インテリア、ファッション、あるいは企業経営や行政などの活動領域も含め、あらゆる分野でデザインということばが使用されています。小学館のデジタル大辞泉では、デザインの意味を(1) 建築・工業製品・服飾・商業美術などの分野で、実用面などを考慮して造形作品を意匠すること。「都市をデザインする」「制服をデザインする」「インテリアデザイン」 (2) 図案や模様を考案すること。また、そのもの。「家具にデザインを施す」「商標をデザインする」 (3) 目的をもって具体的に立案・設計すること。「快適な生活をデザインする」 の大きく3つに分けて説明しています。東京オリンピックの開会式で話題になった競技種目を表現したピクトグラムは(2)に該当します。未来の日本をデザインする、などの表現は(3)に該当するでしょう。 また最近ではコンピュータグラフィックスなどデジタル技術の飛躍的進化により、デザイン表現そのものも多様化精緻化、してきています。コミュニケーションにおいて重要な役割を果たしてきたデザインそのものも進化を続けており、今やデザインという概念の定義は、ビジネスや社会への関与度がますます高まる中で、変化(進化と言っても良い)を続けています。新型コロナや環境問題、民族紛争など混迷を深める世界ですが、そのような状況下でコミュニケーションの在り方はますます重要になってきています。目標に向かって何をどのように伝え、理解者・賛同者を増やしていくか、という計画・考えもデザインであり、それを判り易く印象的に伝える、ということもデザインの役割です。ブランディングさらにイノベーションに大きく貢献するのもデザインです。デザイン思考という考え方も普遍化しつつあります。本講座では、『デザインの力』をデザイン史という視点、実際に様々な局面でデザインが果たしてきた役割、さらには未来に向けてのデザインの可能性なども含め、幅広く考えてみたいと思います。 ●第1回:デザインの本質 Designing for Essential Values 田中 一雄 ●第2回:視覚言語の力─思想家によるデザイン活動を通して 伊原 久裕 ●第3回:人と都市をつなぐデザイン「スーパグラフィック」 菊竹 雪 ●第4回:デザイン・オルタナティヴ ~ デザインだけがデザインじゃない 箭内 道彦 ●第5回:ペーパーメディアデザインの創造的未来 ──「紙の本」のもつ力 楠見 清 ●第6回:インテリアデザイン~美しさを呼び覚ます思考と試行~ 藤原 敬介 ●第7回:ファッションデザインの力 ─ 今、何故 エシカル・ファッションなのか 生駒 芳子 ●第8回:デザイン経営とは何か 永井 一史

  • 京都鉄道博物館 鉄道と食文化の詳細

    京都鉄道博物館 鉄道と食文化

    お申込はこちらから → https://www.ou.tmu.ac.jp/web/course/detail/2211G108/ 鉄道はその発展と共に、社会ならびに人々の生活に大きく関わってきました。鉄道は経済の発展にも大きく貢献し、観光需要も喚起することになります。鉄道路線も拡大し移動に長時間を要する場合も多くなってきましたが、その際乗客にとって食事をどうするかは重大な問題です。最初の講座では鉄道文化の一つと言っても過言ではない「鉄道と食」、引き続き鉄道と食を物語る車両を中心に「食堂車のあゆみ」をテーマとした講座を実施します。 ●13:00~13:55「鉄道と食」 遠山 由希子(京都鉄道博物館 学芸員) みなさんは、列車の中で食事をしたことがありますか?お菓子やおにぎりなどの軽食や、お弁当を食べたことがある方も多いかと思います。 新幹線が日本全国を走り、列車に乗る時間が短くなった今、観光列車などでしか体験できない車両に“食堂車”があります。鉄道における食文化を広げるきっかけとなった食堂車営業のはじまりは、1899(明治32)年に営業を開始した山陽鉄道だといわれています。 本講座では、山陽鉄道のあゆみをたどりながら、その後に大きく発展する食堂車・ビュフェ車・駅弁など鉄道の食文化について紹介します。 ●14:00~15:00「食堂車のあゆみ」 島 崇(京都鉄道博物館 学芸員) 食堂車とは、列車に連結し旅客に対して食事を提供できる設備を持った車両です。列車内で温かい料理を食べることができる食堂車は人気を博し、多くの特急列車等に連結されました。 そして、次第に提供するメニューも増えていき、昭和30年代に最盛期を迎えた食堂車は、列車旅の楽しみの一つとして定着しました。現在も観光列車を中心に連結され、私たちの旅の思い出に花を添える存在となっています。 本講座では、国鉄時代を中心とした食堂車の歴史を紹介します。

東京都立大学の所在地・アクセス

所在地 アクセス 地図・路線案内
南大沢キャンパス : 東京都八王子市南大沢1-1 京王相模原線「南大沢」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

日野キャンパス : 東京都日野市旭が丘6-6 JR八高線「北八王子」駅から徒歩 15分
京王線「京王八王子」駅からバス・徒歩25~40分
JR中央線「豊田」駅からバス・徒歩15分
JR中央線「豊田」駅から徒歩 20分
JR中央線「八王子」駅からバス・徒歩25~40分

地図

 

路線案内

荒川キャンパス : 東京都荒川区東尾久7-2-10 日暮里・舎人ライナー「熊野前」駅下車、徒歩3分
JR常磐線・東京メトロ日比谷線・千代田線・東武伊勢崎線・つくばエクスプレス「北千住」駅からバス15分
JR山手線・京浜東北線「田端」駅からバス10分

地図

 

路線案内

東京都立大学で学ぶイメージは沸きましたか?

つぎは気になる学費や入試情報をみてみましょう

東京都立大学の学費や入学金は?
初年度納入金をみてみよう

2022年度納入金 東京都の住民/66万1800円、それ以外の者/80万2800円

すべて見る

東京都立大学の入試科目や日程は?
入試種別でみてみよう

下記は全学部の入試情報をもとに表出しております。

【注意】昨年度の情報の可能性がありますので、詳細は各入試種別のページをご覧ください。

入試情報を見る

東京都立大学の入試難易度は?
偏差値・入試難易度

東京都立大学の学部別偏差値・共通テスト得点率

現在表示している入試難易度は、2022年1月現在、2022年度入試を予想したものです。 偏差値・合格難易度情報: 河合塾提供
  • BF
  • 30
  • 40
  • 50
  • 60
  • 70〜
60.0
57.5~60.0
55.0~60.0
55.0~62.5

東京都立大学の関連ニュース

東京都立大学に関する問い合わせ先

大学代表

(旧校名:首都大学東京)

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1
TEL:042-677-1111

東京都立大学(公立大学/東京)
RECRUIT