• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 了徳寺大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 土屋 幸人さん(健康科学部 看護学科/看護師)

私立大学/千葉

リョウトクジダイガク

患者様に信頼してもらうことが看護師の務めです

先輩の仕事紹介

患者様第一のコミュニケーションで、より良い看護を提供していきたいです!

看護師
健康科学部看護学科/2019年卒
土屋 幸人さん

この仕事の魅力・やりがい

本院には、脳梗塞をはじめとしてリハビリテーションが必要な患者様が入院されています。私は看護師として、入院されている患者様の日々の生活をサポートしています。患者様は「食べ物を口から食べられない」「一人では日々のリハビリができない」など様々な困難を抱えていらっしゃいますし、ご自身の痛みや辛さの原因が何か、ご自身では評価できません。ですから私は「最も多くの時間を共に過ごす医療スタッフ」として、日頃からコミュニケーションをとり、私たちを信頼していただけるように努めています。入院当初は無愛想だった患者様が、退院して新たな日常生活をお送りになる際には笑顔を見せていただけると、とても嬉しい気持ちになります。

この分野・仕事を選んだきっかけ

こどもの頃から「人と関わること」が好きで、高校生までは幼稚園の先生になりたいと思っていました。高校で進路を決める際、収入の安定も考慮して自分の将来の仕事について改めて考えました。その際に担任の先生から「人を助ける」という観点から、患者様と密接に関わり、人の命を助ける「看護師」としてのキャリアを提案してもらいました。親の知人にも看護師をされている方がいらっしゃって身近に感じていましたし、また、大学に進学すると養護教諭も取得できることが魅力でもあったので、看護の道に進むことに決めました。チーム医療の一員として作業療法士などの他職種と密接に関われることも理由のひとつでした。

入院患者様のリハビリのサポートも行います

学校で学んだこと・学生時代

病院での実習はやはり印象的です。初めての現場経験ですし、一人の患者様を担当させてもらって全力で向き合う、密度の濃い時間でした。座学では疾患についてしっかり学んだことが印象的です。たとえば骨折で入院された患者様でも、糖尿病などの既往歴によって生活のサポートの仕方が変わってきますから、今の仕事にも直接役立っています。それだけに学生時代は学ぶことが多く忙しかったですが、バスケットボールサークルや教育ボランティア、体育や書道などの選択授業などもあり、メリハリのある学生生活を送ることができました。海辺にある落ちついた雰囲気のキャンパスなので勉強にも集中できましたね。

その日にあったことは毎日記録します

【関わる人の「ありがとう」】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

土屋 幸人さん

船橋市立リハビリテーション病院勤務/健康科学部看護学科/2019年卒/了徳寺大学を卒業後、船橋市立リハビリテーション病院で入院患者の日々の生活サポートに従事。「患者様にも、共に働くスタッフにも気を配ることができる、人として好かれる看護師が目標です」と語る。平日休みのことが多いので、空いている時にテーマパークや旅行に出掛けることが趣味。夜勤明けには衝動買いも楽しむ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

了徳寺大学(私立大学/千葉)