• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 宮城
  • 東北職業能力開発大学校
  • 学校の特長

文部科学省以外の省庁所管の学校/宮城

トウホクショクギョウノウリョクカイハツダイガッコウ

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

就職に強い

就職・進路決定率と職場定着率の圧倒的な高さ

実習が約6割というカリキュラムのもと、実際に企業で活用できる技術を身につけます。高度な技術を持った即戦力として企業からの期待も大きく、就職率は100%(2019年3月修了生実績・就職者数20名)の実績を誇ります。また、専門課程修了後、約7割の学生が技術向上を目指して応用課程に進学し、応用課程修了後の就職率も100%(2019年3月修了生実績・就職者数92名)を維持しています。さらに、学校による就職支援も手厚く、就職ガイダンスや就職支援アドバイザー・担任のサポートのもと、全国各地の企業に技術職として就職しています。学校の特長1

きめ細かな少人数制

経験豊富な講師陣のもと、少人数教育で技術をイチからしっかりと

各科定員20~30名の学生に対し、各科の教員数はなんと4~5名。学生5~6名に対し教員が1人という割合のため、先生と学生の距離も近く、わからない点は気軽に質問できます。また、設備の充実も魅力の一つ。授業で扱う機械は、実際に企業で使用されているものを揃えているため、現場さながらの環境で、仕事に直結する技術が身につきます。有名企業で実務経験を積んだ講師陣も多数所属しており、2年次には自ら設計・開発を行う「総合制作課題」にも取り組みます。学校の特長2

クラブ・サークル活動が楽しめる

サークル活動、コンテスト参加など課外活動も活発

現在、サークルの数は15団体。授業終了後はバレーボール、フットサル、つり、軽音楽、ダンスなど幅広い分野にわかれて活発に活動しています。また、授業外で大会に挑戦したいという学生に対しては、教師が手厚く指導を行い、参加にかかる旅費などは学校側が負担。若年者ものづくり競技大会、技能五輪全国大会、Ene-1GP、QCEVミニカート筑波レース、電気自動車エコラン競技大会、JIA東北建築学生賞 みやぎ建築未来賞、キング・オブ・コンクリート、壁-1グランプリなどに参加中です。2019年は「第14回 若年者ものづくり競技会」で建築大工部門において、最高賞の金賞(厚生労働大臣賞)を受賞しました。学校の特長3