• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 岡山
  • 専門学校川崎リハビリテーション学院
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 作業療法学科

岡山県認可/専修学校/岡山

センモンガッコウカワサキリハビリテーションガクイン

作業療法学科

定員数:
25人 (3年制)

障がいのある全ての人を対象に、生活の中でできることを増やしていく、支援ができる作業療法士を目指す3年間

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

初年度納入金:2020年度納入金 130万円  (入学金30万円を含む)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

様々な作業活動に関する知識や技術を習得し、質の高い作業療法士を育成
解剖学や生理学などの基礎医学、内科学や外科学などの臨床医学、病気の特性に応じた作業療法の評価や支援・訓練の方法を学びます。さらに、実際に患者さんに接しながら、評価や医師の指導のもと行われる治療の実技指導を少人数で行うことで実践力を養っています。

カリキュラム

3年間のカリキュラムを通して、作業療法士のプロを目指す!
1年次には、一般教養や人体に関する知識など作業療法の基礎を学習し、臨床見学で作業療法場面の雰囲気を体験。2年次では、臨床医学、作業療法の専門科目を学びます。また、実習で患者さんと接しながら知識・技術を習得。3年次は、病院や施設で3回の院外実習を行い、専門職に従事する者としての態度を身につけます。

先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    患者さんの想いに寄り添い、現在の問題に対処するための方法を導き出す「思考過程」を学ぶ実習

    患者さんの置かれた状況を把握するためには、検査だけでなく、その人の仕事や役割、生活背景を知ることが重要です。その上で、現在の問題にどのように対処するかを考える。常久先生が学生たちへ伝えたいのはこの「思考過程」です。居住環境や家族構成、生活において重視することなどは患者さん一人ひと…

    専門学校川崎リハビリテーション学院の先生

学生

「学院には勉強や実習をする環境が整っており、良い環境で学院生活を送れています」
「病院と併設されているため身近に現場の雰囲気が感じられ、早期から医療人になる自覚が持てました。また、1年生から実習ができ、患者さんとの接し方や技術など多くの知識を得られます。講義では、先生方が臨床での経験を交えて教えてくださるため分かりやすく、学習意欲も高まります」(作業療法学科2年 森 佳音さん)
  • point キャンパスライフレポート

    「現場」が身近な環境で、臨床で役立つ知識や技術を学んでいます

    理学療法士だった祖父の勧めで医療職に興味をもちました。特に、日常生活動作や機能の回復支援ができる作業療法士に惹かれ、進学を決意。病院が隣接し、1年生から病院実習がある本学の環境はとても魅力的でした。

    専門学校川崎リハビリテーション学院の学生

卒業生

「貴重な臨床経験を交えながらご指導くださる先生、切磋琢磨できる仲間に恵まれた学院生活」
「患者さんの“その人らしさ”をより大切に臨床に取り組んでいます。その原点は、高校生の時に見た祖父母の姿。日常生活面の支援を行う作業療法士に魅力を感じました。素晴らしい先生と仲間に出会える学院は、セラピストを目指す方にとってこれ以上ない環境です」(川崎医科大学附属病院勤務 木下 誠志さん 2016年3月卒業)

資格

開学以来41年間で、作業療法士国家試験合格率100%を39回達成。合格率の高さが自慢です
川崎リハビリテーション学院の自慢は、圧倒的な国家試験合格率の高さ。開学以来、これまで作業療法士国家試験の受験者全員合格は39回。2018年3月卒業生においても、きめ細かな国家試験合格サポートと、学生たちのたゆまぬ努力が実を結び、合格率100%(合格者12名)を達成しています。

施設・設備

川崎医科大学附属病院リハビリテーションセンターと直結した、実習に最適な環境
川崎医科大学附属病院3、7、8階には、リハビリテーション学院の校舎として実習室や講義室などを整備。2階にはリハビリテーションセンターとして各治療室をワンフロアに集約し、さらに5、6階は入院治療の環境が整備されています。このように本学院はリハビリテーションセンターと直結しており、最適な環境で実習を行えます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 作業療法士<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者12名、就職者12名 )

主な就職先/内定先

    しげい病院、岡山済生会総合病院、たいようの丘ホスピタル 、 岡山博愛会病院、笠岡第一病院、津山中央病院 、 岡山リハビリテーション病院、希望ヶ丘ホスピタル 、 西広島リハビリテーション病院、広畑センチュリー病院 、 鶴巻温泉病院 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒701-0192 岡山県倉敷市松島672
TEL 086-464-1179
E-mail rihagaku@med.kawasaki-m.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県倉敷市松島672 「中庄」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

専門学校川崎リハビリテーション学院(専修学校/岡山)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る