• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 中和医療専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • はり・きゅう科

中和医療専門学校 はり・きゅう科

定員数:
30人

鍼灸医学と西洋医学の両方を学び、高い専門性と人間力を兼ね備えたはり師・きゅう師をめざします

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • はり師・きゅう師

    東洋医学による療法士

    はり師は、鍼術といい一定点にはりを刺して神経を刺激、抑制して自然治癒力を活性化させる施術を行う。きゅうは漢方療法のひとつで、体の表面のつぼなどにもぐさを置いて熱し、温熱刺激を与える施術を行う。どちらも、独立して開業が可能な仕事。

  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツ種目や、健康運動の指導を行う

    主にスポーツクラブなどの運動施設で、健康運動やスポーツ種目のスクール運営・レッスンを行う。(スポーツクラブの実例が多い運動種目の例として多いスイミング、ゴルフ、テニスなど)スポーツ種目以外にもフィットネスクラブのスタジオやプールなどでエアロビクス・アクアビクスやヨガなどのグループエクササイズのレッスン運営をメインの業務としているスポーツインストラクターを、クラブスタッフは「インストラクター」として呼称していることが多い。(フィットネスインストラクターなどと呼ばれることもある)運動に関わる職種には、トレーニング指導や身体の機能調整(コンディショニング)を主に行う「(スポーツ)トレーナー(=アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー)」があるが、近年ではスタジオやプールでのグループエクササイズ指導と兼業して、パーソナルトレーナーとしてトレーニング指導を提供しているインストラクターも増えている。他にもランニングやウォーキングの他、ダンスやアウトドアスポーツなどの指導を行う職業もインストラクターとして分類されるが、ここではスポーツクラブまたはフィットネスクラブでの活動を軸に活動しているスポーツインストラクター(=フィットネスインストラクター)を中心に紹介する。

  • アスレティックトレーナー

    スポーツ競技者の健康・コンディション管理やリハビリなどをサポート

    試合や競技会、練習などのスポーツの現場で、競技者の健康やコンディションの管理、ケガの予防や応急処置、リハビリのサポートなどを行う。ストレッチやテーピング、アイシングなどの専門的な技術が求められる。最近では、スポーツ競技者だけでなく、福祉施設などで高齢者の健康増進やリハビリのために働くケースも増えている。日本スポーツ協会が認定するアスレティックトレーナーなどの資格があるほか、理学療法士、柔道整復師などの国家資格を生かして活躍している人も多い。

初年度納入金:2022年度納入金 155万円  (入学金、同窓会費、後援会費含む。教科書、白衣、実技教材などの所定のものは無償で配付。)
年限:3年制

中和医療専門学校 はり・きゅう科の学科の特長

はり・きゅう科の学ぶ内容

はり・きゅうの専門知識と実践的な技術を習得できるほか、美容鍼灸なども学べます
はり師ときゅう師をめざす専門学科です。伝統的な鍼灸医学と最新の西洋医学の知識や技術を学習し、医療現場で活躍できるよう実践力を身につけます。「患者さまの肌に触れることでわかる」という本校伝統のはり術・きゅう術の精神に根ざした教育を実践。また、授業後の無料講座で、美容鍼灸など最新の手技を学べます。

はり・きゅう科の先生

西洋・東洋医学に精通した教員陣が、技術だけでなく人間力向上にも重きを置いた教育を展開
西洋と東洋の両方の医学に精通した教員陣が、専門技術の習得だけでなく、施術者として必要な人格や向上心の育成、教養教育に力を注いでいます。また、国家試験対策として、過去の国家試験問題などの多角的な検討も行われ、解き方や要点などを徹底指導。教員が一丸となって、3年生全員の合格をめざしています。

はり・きゅう科の卒業後

【はり師】細い金属製のはりを用いてツボを刺激し、自然治癒力を高める施術を行います
「はり師」は、患者さまのツボを細い金属製のはりで刺激して自然治癒力を高める施術を行います。専門的な技術はもちろん、基本的な医学知識や東洋医学に関する知識も必要とされます。はり師の国家資格取得者は、独立して開業することもできます。
【きゅう師】もぐさの温熱刺激を活用して、健康増進にも貢献します
「きゅう師」は、ツボの上でもぐさを燃焼させ、その温熱刺激により自然治癒力を高めます。古くは、はりが急性の病変に用いられてきたのに対し、きゅうは慢性的な疾患に対応するものとして用いられてきており、健康の維持増進にも役立つとされています。きゅう師の国家資格取得者も、独立開業が可能です。

はり・きゅう科の施設・設備

2人一組でたっぷり実習できる充実の設備。臨床実習の場も併設されています
2人一組で行う実技の授業では、一人ひとりの実技時間をできるだけ確保するため、2人で1台のベッドを占有できるよう、十分なベッド数を確保しています。また、実践力を磨く場となる附属治療所が併設されており、授業で学んだ知識や手技を臨床実習で確実に身につけることができます。

はり・きゅう科の制度

柔整科II部との同時入学で3年間で合計149万円の学費が免除され、3つの国家資格がめざせます
授業は9:10~14:30までなので、はり・きゅう科(専科)に通いながら柔道整復科II部(夜間)にも通学が可能で、はり師・きゅう師・柔道整復師の3つの国家試験受験資格を最短3年で取得できます。その場合、柔整科II部の入学金(20万円)と柔整科II部の授業料半額(3年間で129万円)が免除される学費軽減制度を利用できます。

中和医療専門学校 はり・きゅう科の学べる学問

中和医療専門学校 はり・きゅう科の目指せる仕事

中和医療専門学校 はり・きゅう科の資格 

はり・きゅう科の受験資格が得られる資格

  • はり師<国> 、
  • きゅう師<国>

中和医療専門学校 はり・きゅう科の就職率・卒業後の進路 

はり・きゅう科の就職率/内定率 95 %

( 就職者数19名 )

はり・きゅう科の主な就職先/内定先

    なみよせ鍼灸接骨院、タチバナ鍼灸整骨院、むげん鍼灸接骨院、鍼灸院ファースト、四ツ谷接骨院、たけやま接骨院・鍼灸院 ほか

※ 2021年3月卒業生実績

(そのほか、独立開業した学生もいます。)

中和医療専門学校 はり・きゅう科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒492-8251 愛知県稲沢市東緑町1-1-81
TEL 0587-23-5235(代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県稲沢市東緑町1-1-81 「国府宮」駅から徒歩18分
「奥田」駅から徒歩8分

地図

 

路線案内


RECRUIT