• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 北海道
  • 札幌保健医療大学
  • 学校の特長

私立大学/北海道

サッポロホケンイリョウダイガク

教育方針や校風が魅力

チーム医療に携わる人間的な魅力ある人材を輩出

両学科共通の「健康」「栄養」「食生活」をキーワードに、地域の保健医療福祉の場で多様な社会ニーズに貢献する看護師・保健師・管理栄養士を育成します。豊かな感性、高潔な精神、知力との調和と自己向上を図りながら、社会の中で他者と共存する「人間力」を培う教育方針が特色です。両学科で連携して合同科目を配置するなど、「チーム医療」の活動力を養う教育課程を配置。将来のキャリアに対する意志や目標を早期に明確化し、意欲的に学修しながら成長し続け、長く働くことのできる医療人を育成します。学校の特長1

施設・設備が充実

最新の設備、清潔感あふれる広々としたキャンパス。学修意欲が高まる環境

栄養学科の校舎は2017年4月に完成。大量調理に対応した本格的な設備を備えた調理室、デザイン性と使いやすさを両立した実習・実験室など栄養学科の学びに必要な施設はもちろん、学外には大学農園を整備。管理栄養士の学びの基礎となる食を「作るところ」から学び、同時に札幌の伝統野菜の栽培・保持にも努めます。看護学科の実習室も2016年にリニューアルし、1人あたりの空間を意識したストレスのない広々とした快適な環境で学内実習を行います。また25,000冊以上の蔵書を誇る大学図書館も拡張工事により更に広く、きれいになりました。在学生の学修をあらゆる方面からサポートするキャンパスになっています。学校の特長2

学外の人との交流が盛ん

地域の人や企業との連携で在学中から保健医療福祉に携わり、実践的な学びを得る

2017年に開設した栄養学科では、社会や企業との接点を重視。企業関係者を講師に招いた調理実習や商品開発をカリキュラムに取り入れ、大学農園を活用した栽培加工体験では専門家から栽培や収穫についてアドバイスを受けます。大学とプロスポーツチームの栄養サポート連携により、近年ニーズが高まっているスポーツ栄養にも触れることができます。また栄養・看護両学科ともに地域のイベント等に顔を出して健康相談に応じたり啓発活動に従事したりするなど、地域の人との交流機会も豊富です。学校の特長3
札幌保健医療大学(私立大学/北海道)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る