• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 北海道
  • 札幌保健医療大学
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

あなたの想いと可能性を引き出し、人の「こころに寄り添える」医療人へ

両学科共通の「健康」「栄養」「食生活」をキーワードに、地域の保健医療福祉の場に貢献できる看護師・保健師・管理栄養士を目指します。看護学科では1年次の早い段階から「臨地実習」を行うことにより、看護師としての「未来」やこれからの学修に対するモチベーションを醸成し、“どのような看護師・保健師を目指すのか”を明確にします。栄養学科では大学農場で栄養を「つくるところ」から学び、企業連携や商品開発、プロスポーツチームの栄養指導を行うことで、“どのような管理栄養士を目指すのか”を明確にします。教職員と在学生の「こころのキョリ」が近く、学生の未来への想いや可能性を引き出すことを大事にしています。学校の特長1

施設・設備が充実

最新の設備、清潔感あふれる広々としたキャンパス。学修意欲が高まる環境

栄養学科の校舎は、大量調理に対応した本格的な設備を備えた調理室、デザイン性と使いやすさを両立した実習・実験室など栄養学科の学びに必要な施設はもちろん、学外には大学農場を整備。管理栄養士の学びの基礎となる食を「作るところ」から学び、同時に札幌の伝統野菜の栽培・保持にも努めます。看護学科の実習室も各領域ごとに完備。1人あたりの空間を意識したストレスのない広々とした快適な環境で学内実習を行います。また25,000冊以上の蔵書を誇る大学図書館も拡張工事により更に広く、きれいになりました。在学生の学修をあらゆる方面からサポートするキャンパスになっています。学校の特長2

インターンシップ・実習が充実

地域の人や企業との連携で在学中から実践的な学びを得る

栄養学科では、1年次から「食育実践」「スポーツ栄養」「臨床栄養」の3つの選択コースを設け、早期からなりたい管理栄養士に向けた専門性の高い授業や課外活動を展開します。企業関係者を講師に招いた調理実習や商品開発、大学農場を活用した栽培加工体験のほか、プロスポーツチームの栄養サポート連携、病気の治療に効果的な栄養指導、カウンセリング方法を実践的に学びます。また、栄養・看護両学科ともに地域のイベント等に参加し、健康相談に応じたり啓発活動に従事したりするなど、地域の人との交流機会も豊富です。学校の特長3
札幌保健医療大学(私立大学/北海道)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る

RECRUIT