51kheg83hdl
ほぼ日刊イトイ新聞の本
糸井重里/著

ほぼ日ができてから大人になるまで

コピーライターだった糸井重里がある日からウェブの人になった。世間も著者自身も「イトイは流行らなくなった」と感じ始めていた頃、初めて買ったMacで出会ったインターネットが突破口となる。「クリエイティブのための仕事の場を作りたい」を原動力に、とにかく始めてみたHP「ほぼ日刊イトイ新聞」。その試行錯誤の日々を綴ったエッセイだ。1日100万アクセスの超人気サイトのドラマがここにある。

「フェイクも楽しむ」の他の本

日常のちょっとした気づきが新聞に
毎月新聞
珠玉のフェイクニュース集!
虚構新聞 全国版

関連する学問

関連する先生・教授

このテーマの他のインデックス

129メディアを疑う

この本をパラパラめくるとわかってくる

メディアはコンテンツ(内容)が命。皆がそう信じていた時、メディア論の巨匠マクルーハンが突きつけた。「人々に影響を及ぼすのは、メッセージよりメディアの形式そのものだ」。新聞、ブログ、Twitter…。メディアの形式が違えば意味は大きく変わる。内容よりもそのあり方が大事だとマクルーハンは言う。斬新なヴィジュアルとテキストの組み合わせで織りなす本書をめくると、その意味がわかってくるかも。

130いまこそ新聞の読み方

新聞を読めば、頭がよくなるらしい

学校で得る知識の多にくは賞味期間がある。常に鮮度を保つために、外山滋比古が勧めるのが新聞の活用だ。授業料ゼロ、毎日届く、最新情報満載、新聞はまるで身近な総合大学だ! 見出し、社説、経済記事の読みこなしから、広告、天気予報さえも学びの素材にする。新聞は、知の世界の入り口だ。

132自ら情報を取りにいく

取材せずして死ねるか!?

ジャーナリズムの生命線は取材にある。真剣勝負で対象に向かうために必要なのは、公正とか客観といった大義名分ではない。どんな記者も、極めて個人的な動機や強い思いに突き動かされているのだ。ノンフィクションライターが、第一線で活躍する表現者たちの方法と本音に迫るインタビュー。記者やライターになりたい人は必読!

133テレビとスタアの時代

昭和の銀幕スタアは恋に溺れる

「あの頃は本物のスタアがいた時代よ」。50年以上のキャリアを持ち、今なお現役の芸能記者・市松たま緒が語る知られざるスタアの悲恋物語。光り輝いていた映画俳優たち、思いがけない素顔、彼らをとりまく周囲の思惑…。昭和の芸能界の光と影を背景に、新米女性記者の成長を描いた桜沢エリカの長編コミック。いまよりドロドロしていた昭和の芸能界は異世界のようだ。

134本で伝えたい

たくさんのプロの仕事でできている

著者と編集者だけでは「本」はつくれない。校閲する、書体を作る、装幀を考える、印刷して製本する。そもそも紙がなければ始まらないし、翻訳書ならエージェントだって必要だ。本はたくさんのプロの仕事でできている。本書は、そんなプロの現場をノンフィクション作家が教えてくれる。そう思って改めてページをめくる。紙をなでる。一字一字眺めてみてほしい。