• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本デザイン福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 石塚 凪沙さん(グラフィックデザイン学科/グラフィックデザイナー)

東京都認可/専修学校/東京

ニッポンデザインフクシセンモンガッコウ

楽しみながら仕事ができる、アットホームな職場です

先輩の仕事紹介

毎日の生活が楽しくなるような“フリーペーパー”を、これからも作っていきたいです

グラフィックデザイナー
グラフィックデザイン学科 卒/2017年卒
石塚 凪沙さん

この仕事の魅力・やりがい

フリーペーパーや季刊誌、飛行機の機内誌などを制作するプロダクションで、グラフィックデザイナーをしています。横浜で配布するフリーペーパーをいくつか担当させていただいており、横浜の町の雰囲気や、モデルとしてご登場いただく有名人の方のイメージを考慮し、デザインすることを心がけています。また、多くの方に手に取ってもらえるよう、配布する目的やターゲットに合わせて、情報を魅力的に見せる工夫も大切です。以前、読者アンケートでデザインに対し好意的なご意見をいただき、とても嬉しくなりました。フリーペーパーを通じて横浜の情報をお届けすることで、読者の方の日々の生活がほんの少しでも楽しくなればと思っています。

業界ココだけ話!

町や企業が発行しているフリーペーパーの多くは、ターゲットが主婦や50~60代といった方々になるため、どなたでも読めるよう文字がかなり大きいのが特徴です。しかし、クライアントのご要望で情報を沢山入れる必要が生じることもあり、文字のサイズを変えずにレイアウトするにはデザインの力が試されます。それでも難しいときは、情報を取捨選択するようクライアントに交渉することも。一方、社内ではチームで制作をしているため、情報共有が欠かせません。多くの人が関わり合いながら制作するのは難しいと感じる時もありますが、お互いが納得のいくものを創りあげられるよう、好循環を生むためのコミュニケーションを大切にしています。

横浜で配布しているフリーペーパーをいくつも担当しています

学校で学んだこと・学生時代

日本デザイン福祉専門学校時代は、2年間で幅広いジャンルのデザインを学ぶため覚えることが多く、授業のたびに課題制作に追われるなど、かなり忙しい毎日でした。しかし今になって当時を振り返ると、先生方には感謝しかありません。社内の先輩に色彩感覚を褒めていただいたことがあるのですが、あの2年間の賜物だと感じています。また課題制作が多かったことで、複数の課題の納期を逆算し1日ずつスケジュールを立てて制作を進めるといった、マネジメント力が鍛えられました。そして何より、文章と写真だけで構成するエディトリアルデザインを学んでいたため、読みやすさや見やすさを踏まえたデザインの手法は、今の仕事に直接活きています。

会議では色々な意見やアイディアが飛び交います

分野選びの視点・アドバイス

いつも制作を担当しているフリーペーパーはいわゆるエディトリアルデザインなので、フォーマット化されてた記事広告が中心ですが、先日、商業ビルのポスター制作を担当する機会があり、自由度の高いデザインの仕事はとても新鮮でした。そのポスターが横浜駅周辺に貼り出されたのを見に行ったのですが、色々な方に見ていただけるという影響力の大きさに魅力を感じ、今後はこういった仕事にも携わりたいと思うようになりました。もちろん、私はフリーペーパーを作る仕事が大好きですが、仕事の幅を広げるためにも、最近の広告を学んだりデザインの学習を振り返ったりして、自分の中に沢山の可能性を蓄えておきたいと思っています。

石塚 凪沙さん

株式会社ブーン 勤務/グラフィックデザイン学科 卒/2017年卒/日本デザイン福祉専門学校卒業後の半年間は、CMの絵コンテを制作する会社に勤務。しかしグラフィックデザインの仕事への思いが募り、転職して現在の会社へ。現在の仕事が本当に楽しいと感じる日々を送る。社内の方々から「色彩使いが上手」と太鼓判を押されると、照れくさくもやりがいを感じるそう。趣味はお笑いを観ること。そしていつか、グラフィックデザイナーとして、好きなお笑いの方と一緒に仕事をすることも、将来の目標の1つだと語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本デザイン福祉専門学校(専修学校/東京)