• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 愛媛十全医療学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川上 光海さん(作業療法学科/作業療法士)

愛媛県認可/専修学校/愛媛

エヒメジュウゼンイリョウガクイン

退院後の生活をイメージしながらリハビリテーションを行っています

先輩の仕事紹介

患者様一人ひとりの生活に密着したリハビリテーションを行っています

作業療法士
作業療法学科 卒/2016年卒
川上 光海さん

この仕事の魅力・やりがい

脳血管疾患や整形疾患、脊髄損傷などにより、患者様が失った身体機能の回復を目標としています。回復後どんな暮らしを希望されているか、どうしたら安全に主体的な生活ができるのかを考えて、一人ひとりにあったリハビリテーションを行っています。例えば、指が開きにくく、ペンを持つことが難しい患者様には卓球のボールに穴をあけてペンを刺したり、肩が上がらない患者様には柄の長い洗髪ブラシを作ったり、日常のちょっとしたアイデアで患者様のできることが増え、患者様が回復にむかっていく姿を見るのが何よりの喜びです。患者様だけでなく、ご家族の方にも「ありがとう」と言っていただける、やりがいのある仕事です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学生から柔道をしていたので、よく怪我をしていました。そのため自分がリハビリテーションを受けた経験があり、最初は理学療法士を目指していました。高校生のとき、作業療法士の方の話を聞く機会があり、身体機能の回復だけでなく、多角的なアプローチで患者様の心も支え、患者様とより深く関わることができる仕事内容に興味を持ったのがきっかけです。本格的に進路を考えるうえで重視したのは、長年の伝統と実績、就職率の高さです。愛媛十全医療学院は全てが信頼できる学校だと感じ入学を決めました。また、愛媛大学との連携による解剖実習をはじめ、卒業生が全国の病院で活躍しているので豊富な実習先があり、学ぶ機会が多いのも魅力です。

患者様の立場になって考え、信頼関係を築いていきます

分野選びの視点・アドバイス

例えば筋肉一つとっても、どういう働きをするのか、どことどこの骨についているのか分からないと、患者様に必要なアプローチを考えることができません。覚えることはたくさんありますが、1年次に学ぶ「運動学」「解剖学」「生理学」はしっかり理解しておいたほうがよいと思います。伊予病院は、私の学生時代の実習先でもあり、卒業生の先輩や先生方が、マンツーマンで遅くまで熱心に指導してくださいました。実習ではさまざまな病院に行く機会があるので、先生方やたくさんの患者様と接することで、自ら考え行動できる力を養えると思います。指導者の先生から勧められる文献は、今でも手元に置いてスキルアップに役立てています。

同期の理学療法士。連携して患者様をサポートしています

川上 光海さん

総合リハビリテーション伊予病院勤務/作業療法学科 卒/2016年卒/「伊予病院には、愛媛十全医療学院を卒業した同期が6人もいるので、とても心強いです」と川上さん。看護師、理学療法士、言語聴覚士など他職種とも密接に関わりながら、リハビリテーションを行っている。「今は7人の患者様を担当しています。“夜寝られないようだ”など、他の職種の方が書かれた日誌をしっかりと把握して、患者様に応対しています。休みの日は、院内の勉強会に参加したり、同期の友だちと一緒に勉強したり、患者様のことを考えていることが多いですね」。もっと知識を身につけて、より患者様の生活に寄り添ったリハビリテーションができるよう頑張っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

愛媛十全医療学院(専修学校/愛媛)