• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 拓殖大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • デザイン学科

私立大学/東京

タクショクダイガク

デザイン学科

募集人数:
80人 (情報・デザイン・メディア学系計)

発想力や造形力、感性を磨き即戦力として活躍できるデザイナーへ

学べる学問
  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • 工業デザイナー

    家電など工業製品を機能的で美しくデザイン

    ボールペンから飛行機まで、さまざまな工業製品の形と機能性をデザインする。新製品の開発の仕事が多く、メーカーの開発担当者と相談しながら、最適なデザインを決め、模型を作り、改善して最終的なデザインを決定していく。

  • 空間デザイナー

    店舗や住宅などの空間の演出家

    店舗やアーケードといった商業空間、一般住宅などの生活空間をどのように使うか提案する。商業空間の場合、店舗の周辺を行き交う人の動きや気持ちを想定して、売場の構成や演出の工夫、商品のディスプレイ等を考える。生活空間の場合、そこに住む人が快適に過ごせるよう、工夫をこらす。

  • ディスプレイデザイナー

    ショーウィンドウなどを魅力的に飾る

    デパートのブティックのショーウィンドウに飾られるディスプレイや、ショップ内のデコレーションを行う。人目を引くような斬新なアイデア、流行を感じ取る鋭い洞察力、色や形のバランスを気遣う美的センスなどが必要。店舗が閉まっている夜間の業務が多い。

  • インテリアデザイナー

    安全で快適な住空間を設計する

    住宅やオフィス、船舶、航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナー。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていく。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍している。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • カーデザイナー

    コンセプトを形にする自動車・オートバイ・自転車など、乗り物のデザイナー

    自動車・二輪車メーカーなどで、自動車・オートバイ・自転車のデザインをする仕事。マーケティングをもとに新しい車のコンセプトが決定され、そのコンセプトを実際の形にしていくのが主な仕事だ。自動車のデザーナーはエクステリアと呼ばれるボディデザインと、内装のインテリアデザインとに分かれることが多い。

初年度納入金:2017年度納入金 154万900円 

学科の特長

学ぶ内容

良質なものづくりのための知識や技術を修得して、外部にも積極的にデザインを発信
あらゆるデザインには、美と機能、使いやすさなどが考慮されています。デザインを通して新しい価値やものを創造し、豊かで快適な生活環境の提案ができる力を養います。
4つのコースから自分に合ったデザインを学ぶことができる(コラボレーションコース有)
1年次は基礎をしっかり学び、2年次から各コースに分かれ、より実践的に専門性を高めます。コースは『感性デザインコース』『生活デザインコース』『プロダクトデザインコース』『メディアデザインコース』の他、コンピュータとデザインの技術をバランスよく学べる『コラボレーションコース』も選択可能。

カリキュラム

【 コース紹介 】 感性デザインコース/生活デザインコース
感性デザインコース:「見ているだけで元気になる」「使っていて楽しい」といった、利用者の気持ちを引き出すデザイン技術を身につけます。
生活デザインコース:家具やインテリア、印刷物、生活空間など身の回りのあらゆるものをデザインし、毎日の暮らしを快適にするためのデザイン力や提案力を鍛えます。
【 コース紹介 】 プロダクトデザインコース/メディアデザインコース
プロダクトデザインコース:製品デザインのノウハウを学び、実践的な技術と提案力を磨きます。商品戦略を考え、プロジェクトをマネジメントする能力も修得します。
メディアデザインコース:各メディアに適したデザインで効果的なコミュニケーションを実現するため、CGやコピーワークなどのスキルを身につけます。

先生

【 先生紹介 】 工学部デザイン学科 永見 豊准教授
私が研究するシビックデザインは「景観デザイン」とも呼ばれており、歴史ある街ならどんな施設がふさわしいのか、そこにはどんな人たちが暮らしているのかなど、街や人との関係を考えながらデザインする点に特徴があります。デザインという面からまちづくりに貢献できるので、とてもやりがいのある研究分野だといえます。

学生

【 学生の声 】 課題制作に取り組みながら、将来を考えることができます
自分の作品集を紹介するホームページ制作や好きなアーティストのフライヤー(広告用のチラシ)づくりなどを通じて、自分の適性や将来の進路を考えることができます。私は将来グラフィックデザイナーになりたいので、卒業研究に取り組みながら、デザイナーに求められる実践的なスキルを学んでいきたいと思っています。
学校概要

「世界で、自分を拓(ひら)く」。国際社会の一員として、世界を発展させる人材を育成

明治の頃より世界を志向してきた拓殖大学には、国際社会に貢献しうる人材を育成する「志」があります。留学制度の充実や15の言語科目設置など、国際大学のパイオニアとしてインターナショナルな学びを展開します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種)

目標とする資格

    • 色彩検定(R) 、
    • カラーコーディネーター検定試験(R)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    JR東日本 、 東京急行電鉄 、 ソラシドエア 、 関電工 、 協和エクシオ 、 NTT-ME 、 中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京 、 ソニー 、 日立プラントコンストラクション 、 日本航空電子工業 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

学部全体

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

文京キャンパス: 〒112-8585 東京都文京区小日向3-4-14(入学課)
TEL03-3947-7159

所在地 アクセス 地図・路線案内
八王子国際キャンパス : 東京都八王子市館町815-1 JR中央線・京王線「高尾」駅南口から京王バス直通 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

拓殖大学(私立大学/東京)