• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 崇城大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • ナノサイエンス学科

私立大学/熊本

ソウジョウダイガク

ナノサイエンス学科

募集人数:
50人

化粧品やスマートフォン、飛行機の機能をもっと便利に、強力に、次世代につなげる「ナノの世界」を学ぶ

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    実験や実習を多用して、材料の物性や構造を知り、人類にとって必要な機能と性質を持った材料・新素材を開発し実用化をめざす学問。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • 金属・材料技術者

    さまざまな金属やセラミックなどの新素材の開発をしたり、製品の製造現場での新しい技術を開発したりする。

     モノを作る現場では、モノを作るための素材が必要になる。機械などの場合は、さまざまな金属やセラミックなどの新素材がそれ。どういう目的で、どんな形状のものを作るかという話になった際、重要なのがこの材料。目的にかなった強度や加工のしやすさ、耐久性など、材料次第でうまくいくことも失敗することもある。しかも、商品にするためには、コスト管理も欠かせない。そのような金属や材料に関しての専門知識を持ち、時には新しい素材の開発を行ったり、加工技術に工夫を凝らしたりするのが金属・材料技術者。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 環境保全エンジニア

    公害防止や環境保全に関わる

    自然環境の保全に関わる。メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大別できる。

  • 環境コンサルタント

    環境保全活動などへの助言・指導を行う

    環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対する助言や指導を行う。また、自治体の環境政策、企業の環境アセスメントなどをどうすすめればいいか考え、企画、調査、事業の管理を行うこともある。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

初年度納入金:2017年度納入金 136万円  (入学金含む)

学科の特長

学ぶ内容

ナノテクノロジーを自在に操るエンジニアや研究者を養成する
化学を基礎とし、「新素材」「環境」「バイオ」に関する高度な専門知識を身につけられるよう、薬学部、生物生命学部、情報学部などとも連携して、ナノサイエンスに特化した教育研究を行っています。新業界の主軸となる複合的先端技術である、ナノテクノロジーを担える幅広い専門知識と技術者倫理観を兼ね備えた人材を育成。

カリキュラム

「導入教育」「専門基礎教育」「専門教育」「実験重視型教育」で、高い専門スキルを身につける
他学部と連携してナノテクノロジーの進歩と社会貢献を学ぶことにより、学問と革新的技術の意義と重要性を認識。自然科学、数学、情報科学に関する専門基礎科目を学び、自然現象や物質の本質に関わる基礎科学的素養を伸ばします。また、専門教育により活きた知識とスキルを修得し、実験を通じてモノづくりも実践します。

研究テーマ

光触媒からバイオディーゼルまで、環境浄化につながる研究を実施
多彩な「環境テーマ」に取り組む草壁克己教授の研究室。たとえば、排ガスから二酸化炭素を分離する吸着剤の開発研究や、光触媒による環境浄化の研究、再生可能なバイオディーゼルの合成研究などが、大型精密分析装置を揃えた「機能物質解析センター」で進行中、海外での研究や学生交流も盛んです。

卒業生

自己を高めて視野を広げることができた、充実の4年間。たくさんの出会いに感謝
「大学の学びで、化学がいろんな方面に活用できることや、モノを作ることが人々の幸せにつながることを知りました。そして、素敵な先生方や先輩、仲間たちに出会うことができました。今は、健康産業に携わり、たくさんの人たちを笑顔にすることが目標です」((株)えがお/草野優香さん/2013年卒業)。

資格

環境問題の最前線で活躍する「公害防止管理者<国>」「環境計量士<国>」の資格取得を目指す
現在、環境関連の法律や条例に基づく有害物質の適正な管理が求められ、製造業界において公害防止に関する専門的な知識を有する人材が必要とされています。また、環境分析において適切な計量(分析)を行うために、環境計量士が設けられています。これら、公害防止管理者<国>、環境計量士<国>の資格取得を目指します。

施設・設備

充実の設備機器を用い、高度な実験を可能に。専門的スキルを磨く環境が実現
大型精密分析機器を取り揃えた“機能物質解析センター”では「機能性ナノ物質X線構造解析システム」を新たに導入。 また、爆薬を利用して新しいモノを創り出す“衝撃先端技術研究センター”を付属研究機関として設置。さらに、「文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」により最新の装置群が導入されています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 毒物劇物取扱責任者<国>

受験資格が得られる資格

  • 危険物取扱者<国> (甲種) 、
  • 消防設備士<国> (甲種) 、
  • 放射線取扱主任者<国> 、
  • ファンダメンタルズ・オブ・エンジニアリング【FE】試験 、
  • 火薬類保安責任者【製造・取扱】<国> (取扱のみ)

火薬類取扱保安責任者/甲種

目標とする資格

    • 公害防止管理者<国> 、
    • 高圧ガス製造保安責任者<国> 、
    • 作業環境測定士<国> 、
    • 第一種衛生管理者<国> 、
    • 第二種衛生管理者<国>

    環境計量士<国>、
    労働安全コンサルタント<国>、
    労働衛生コンサルタント<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 97.2 %

( 就職希望者36名、就職者35名 )

主な就職先/内定先

    (株)アウトソーシングテクノロジー 、 (株)アスパーク 、 (株)アトル 、 (株)イービーエム 、 一宮運輸(株) 、 (株)エイジェック 、 (株)エフティコミュニケーションズ 、 (株)果実堂 、 (株)カシワバラ・コーポレーション 、 (株)熊本銀行 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

(主な就職先/内定先の社名は50音順)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1
TEL:096-326-6810(入試課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
池田キャンパス : 熊本県熊本市西区池田4-22-1 「崇城大学前」駅から徒歩 1分

地図

 

路線案内


崇城大学(私立大学/熊本)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路