• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 松山東雲女子大学

私立大学/愛媛

マツヤマシノノメジョシダイガク

「新しき世の鑑(かがみ)となる女性」へ。時代の求める専門的知識・技能・実践力を養成

一人ひとりに合わせたきめ細かい個別指導。豊富な演習や実習。多彩な科目と海外留学・研修。建学の精神である「信仰・希望・愛」であらわされるキリスト教精神にもとづき、自立した女性を育成します。

松山東雲女子大学の特長

学校の特長1

1年次から"素敵な女性になるための各種支援講座"を実施。専門職公務員対策も充実

1年次から様々なキャリア支援講座を開催。特に、元客室乗務員による講座では航空業界受験対策に加え、面接マナーなどの実践講座を行い、自分磨きの第一歩を踏み出します。3年次には全11回のキャリア支援ガイダンスを開催し、自己分析から履歴書の書き方・面接練習などを個別指導。一人ひとりの学生にあわせた声かけをするなど、学生との関わりを大切にした支援を展開しています。また、幼稚園教諭や保育士などを目指す学生には、公務員模試にはじまり、集団討論のシミュレーションなどきめ細かな対応を実施。愛媛銀行と連携協力協定を締結し、出張講座の開講やインターンシップなども実施し、現場が求める人材育成にも力を入れています。

学校の特長2

豊富な演習や実習に加え、実践力や粘り強さ、自分の言葉であらわし伝える力を培います

本学では、実社会では不可欠な「自主性」を養うために、演習や実習の授業を多く取り入れています。心理子ども学科では、子どもたちと実際にふれあいながら子どもの生活や特性を研究するプログラムや資格関連の実習を用意。心理福祉専攻では、4つの学びの領域を設けて、複数の領域内容を組み合わせて学びます。体験型・実践型の授業を通して、現状を分析し、課題を見つけ、解決の方法を探り、行動する力を養います。また、アメリカ、オーストラリア、中国、韓国、マレーシアの大学と教育・文化交流協定を結び、語学・文化研修プログラムも用意しています。

学校の特長3

本学はクラブ・サークル活動も盛ん。かけがえのない思い出や仲間をつくろう

文化系では、茶道・書道がーるず・着装・パソコン部R・東雲V.Y.Sなど、体育系では、柔道・ソフトテニス・バレーボール・バドミントン・弓道・ダンス・バスケットボール・ソフトボールなど、36のクラブ・サークル・同好会が活動する本学。中でも、ソフトテニス部が第66回四国学生ソフトテニス選手権大会で優勝、バレーボール部が、第52回四国大学バレーボール秋季リーグ戦で準優勝、ビーチバレーでも国体3位と輝かしい成績を収めています。

右へ
左へ
学校の特長1

1年次から"素敵な女性になるための各種支援講座"を実施。専門職公務員対策も充実

1年次から様々なキャリア支援講座を開催。特に、元客室乗務員による講座では航空業界受験対策に加え、面接マナーなどの実践講座を行い、自分磨きの第一歩を踏み出します。3年次には全11回のキャリア支援ガイダンスを開催し、自己分析から履歴書の書き方・面接練習などを個別指導。一人ひとりの学生にあわせた声かけをするなど、学生との関わりを大切にした支援を展開しています。また、幼稚園教諭や保育士などを目指す学生には、公務員模試にはじまり、集団討論のシミュレーションなどきめ細かな対応を実施。愛媛銀行と連携協力協定を締結し、出張講座の開講やインターンシップなども実施し、現場が求める人材育成にも力を入れています。

学校の特長2

豊富な演習や実習に加え、実践力や粘り強さ、自分の言葉であらわし伝える力を培います

本学では、実社会では不可欠な「自主性」を養うために、演習や実習の授業を多く取り入れています。心理子ども学科では、子どもたちと実際にふれあいながら子どもの生活や特性を研究するプログラムや資格関連の実習を用意。心理福祉専攻では、4つの学びの領域を設けて、複数の領域内容を組み合わせて学びます。体験型・実践型の授業を通して、現状を分析し、課題を見つけ、解決の方法を探り、行動する力を養います。また、アメリカ、オーストラリア、中国、韓国、マレーシアの大学と教育・文化交流協定を結び、語学・文化研修プログラムも用意しています。

学校の特長3

本学はクラブ・サークル活動も盛ん。かけがえのない思い出や仲間をつくろう

文化系では、茶道・書道がーるず・着装・パソコン部R・東雲V.Y.Sなど、体育系では、柔道・ソフトテニス・バレーボール・バドミントン・弓道・ダンス・バスケットボール・ソフトボールなど、36のクラブ・サークル・同好会が活動する本学。中でも、ソフトテニス部が第66回四国学生ソフトテニス選手権大会で優勝、バレーボール部が、第52回四国大学バレーボール秋季リーグ戦で準優勝、ビーチバレーでも国体3位と輝かしい成績を収めています。

右へ
左へ
学校の特長1

1年次から"素敵な女性になるための各種支援講座"を実施。専門職公務員対策も充実

1年次から様々なキャリア支援講座を開催。特に、元客室乗務員による講座では航空業界受験対策に加え、面接マナーなどの実践講座を行い、自分磨きの第一歩を踏み出します。3年次には全11回のキャリア支援ガイダンスを開催し、自己分析から履歴書の書き方・面接練習などを個別指導。一人ひとりの学生にあわせた声かけをするなど、学生との関わりを大切にした支援を展開しています。また、幼稚園教諭や保育士などを目指す学生には、公務員模試にはじまり、集団討論のシミュレーションなどきめ細かな対応を実施。愛媛銀行と連携協力協定を締結し、出張講座の開講やインターンシップなども実施し、現場が求める人材育成にも力を入れています。

学校の特長2

豊富な演習や実習に加え、実践力や粘り強さ、自分の言葉であらわし伝える力を培います

本学では、実社会では不可欠な「自主性」を養うために、演習や実習の授業を多く取り入れています。心理子ども学科では、子どもたちと実際にふれあいながら子どもの生活や特性を研究するプログラムや資格関連の実習を用意。心理福祉専攻では、4つの学びの領域を設けて、複数の領域内容を組み合わせて学びます。体験型・実践型の授業を通して、現状を分析し、課題を見つけ、解決の方法を探り、行動する力を養います。また、アメリカ、オーストラリア、中国、韓国、マレーシアの大学と教育・文化交流協定を結び、語学・文化研修プログラムも用意しています。

学校の特長3

本学はクラブ・サークル活動も盛ん。かけがえのない思い出や仲間をつくろう

文化系では、茶道・書道がーるず・着装・パソコン部R・東雲V.Y.Sなど、体育系では、柔道・ソフトテニス・バレーボール・バドミントン・弓道・ダンス・バスケットボール・ソフトボールなど、36のクラブ・サークル・同好会が活動する本学。中でも、ソフトテニス部が第66回四国学生ソフトテニス選手権大会で優勝、バレーボール部が、第52回四国大学バレーボール秋季リーグ戦で準優勝、ビーチバレーでも国体3位と輝かしい成績を収めています。

右へ
左へ

松山東雲女子大学の学部・学科・コース

心理子ども学科 (定員数:110人)
  • 子ども専攻 (定員数:50人)

  • 心理福祉専攻 (定員数:60人)

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】116万円(うち入学金25万円)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

就職希望者数74名
就職者数74名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

1年次からはじまるきめ細かな就職支援プログラムで将来をサポート

学生一人ひとりとの関わりを大切にした「顔の見える指導」を展開。少人数教育のメリットを活かし、不安や悩みの解消や就職活動の仕方など、個人の状況にあわせたアドバイスを行っています。学生が希望する業界の卒業生や採用担当者と交流する機会もセッティング。学生に寄り添う個別サポートで夢の実現を支援しています。また、「自己分析」や「履歴書・自己PR文の書き方」など、全11回開催されるキャリア支援ガイダンスやインターンシップなどのキャリアプログラムも用意。愛媛銀行とは、連携協力協定を締結し、出張講座の開講や就業体験などを実施し、現場が求める人材の育成に力を入れています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

松山東雲女子大学 入試課

〒790-8531 愛媛県松山市桑原3-2-1
TEL:0120-874044 (フリーダイヤル)(直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
桑原キャンパス : 愛媛県松山市桑原3-2-1 JR「松山(愛媛県)」駅から伊予鉄市内バス10番線「久米駅前」行き 「短大前」下車 [約25分]

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年01月22日 18:36 facebook

    2017年度「卒業研究審査会」  1月19日(金)に4年生の「卒業研究審査会」が行われました。4年間の学びの集大成として各自が取り組んだ卒業論文の発表会です。発表自体も審査され点数になるので、学生たちは大変緊張して発表に臨んでいました。気になる内容ですが、心理福祉専攻では今年も魅力的なテーマの卒論がたくさん発表されました。

    https://www.facebook.com/453991274697038/posts/1562323083863846

  • 2018年01月11日 17:23 facebook

    「PBL研修」最終発表会  心理福祉専攻の1年生の課題解決型授業「PBL研修」。今年度、学生たちに与えられたミッションは、「久万高原町に移住者を増やすにはどうしたらよいか」というもの。1月10日(水)に、久万高原町から3名、愛媛県中予地方局からも2名のゲスト(コメンテーター)をお招きして、授業の最終発表会が行われました。空き家を利用して病院を作る提案、移住体験ツアーの提案、商店街の活性化案、分譲地の売り上げ向上案、外国人の移住者を増やすための提案などなど、学生たちのグループワークの成果が発表されました。ゲストの皆さんも大変興味深く聞いてくださり、時には厳しいコメントもしてくださいました。学生たちにとっては、実社会の現実の厳しさを知り、自分自身のこれからの学びの目標を改めて考える良い機会になったと思われます。

    https://www.facebook.com/453991274697038/posts/1548561861906635

  • 2017年12月20日 19:40 facebook

    「クリスマス・プチ・オープンキャンパス」  12月20日夕方、クリスマス・プチ・オープンキャンパスが開催されました。小さなオープンキャンパスではありましたが、心理福祉専攻に関心もった生徒さんや保護者の方も何人か来られ、在学生の話に耳を傾けていました。恒例のクリスマス・キャンドル・サービスもその後開催され、オープンキャンパスに参加した生徒さんや保護者の方もチャペルでの聖歌隊の歌や東雲中高のハンドベルの演奏を楽しみました。

    https://www.facebook.com/453991274697038/posts/1522602001169288

  • 2017年11月27日 10:18 facebook

    「久万高原町視察」  心理福祉専攻の課題解決型授業「PBL研修」。今年も久万高原町の方々の協力を得て、地域の課題に取り組んでいます。今年のミッションは、「久万高原町に移住者を増やすにはどうしたらよいか」というもの。そこで、11月25日(土)、現地視察に行きました。ニュータウンや商店街の視察などをした後、実際に久万高原町に移住してこられた方々からの話を聞きました。道の駅「天空の郷さんさん」のバイキング料理やリンゴ狩りも楽しみました。今回の視察を活かして、学生たちは1月の最終プレゼンに向けてチームでの作業を進めていきます。どんな提案が飛び出すか、楽しみです。

    https://www.facebook.com/453991274697038/posts/1497882136974608

  • 2017年11月13日 10:12 facebook

    「東雲祭放浪記」 2017年11月11日~12日に開催された東雲祭に参加しました。一とおり学内を散策してみましたが、せっかくの機会なので今回は東雲祭において様々な場面で活躍しているゼミ生たちの姿を撮影してきました。現在、4年生ゼミ生は卒論の執筆に励んでいますが、その学生たちにとっては最後の東雲祭として、(そして、ゼミ担当教員の私にとっても勿論)記憶に残る東雲祭になったのではないでしょうか(心理福祉専攻教員M)。

    https://www.facebook.com/453991274697038/posts/1483353031760852

松山東雲女子大学(私立大学/愛媛)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    2017年4月、看護学科開設!未来を多彩なステージから見つけよう!

  • Photo

    “実践力”と“女性力”で保育士・幼稚園教諭、介護職、健康運動実践指導者の即戦力に

  • Photo

    「新しき世の鑑(かがみ)となる女性」へ。豊かな良識と思いやりの心を備えた人材を育成

  • Photo

    対話で学ぶ知識と技術、現場で培う実践力、社会が求める人間力を身に付ける。

  • Photo

    「実学」重視の教育で人間性も育み、社会に貢献できる人材を育成

  • Photo

    高校進路指導教諭が選ぶ「大学ランキング」『教育力が高い大学』 中四国私立大第1位*

  • Photo

    自ら考え探求する学生を応援し、確かな未来を拓きます!

  • Photo

    豊富な実習やトレンドを学ぶ特別講義で、トータルビューティを習得した「美」のプロへ

  • Photo

    リベラルアーツという概念のもと19メジャー+1マイナーから学びたい分野を自由に選択

  • Photo

    変化する時代の中にあっても自分自身の考えで行動することのできる「真の自由人」に

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる