• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 兵庫
  • 大手前大学
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

西日本初!「国際日本学部※」2022年4月誕生!

2022年4月に誕生を予定している国際日本学部※は、国際的な視点に基づいた歴史・文化・言語の学びを深めることで、俯瞰的かつ総合的なビジョンを持ってグローバルに活躍できる人材育成をめざします。様々な文化的事象を追究することで豊かな教養と専門性を培い、その学びを日本の地域や社会に還元するために、まちづくり・地域政策を学び、多様化する実社会に役立つ力を養うと同時に、日本から海外への発信力も磨きます。1年次はコースや専攻にとらわれず、興味のある授業を選んで学べる多彩なカリキュラム。対象物に触れて学ぶ実習やフィールドワーク、発掘調査など、実践的に学びます。※2022年4月、総合文化学部より名称変更。学校の特長1

自由に科目・コースが選べる

学部を超えて多彩な分野から自由に科目を組み合わせて学べる

入学してから1年後に専攻を決定する「レイトスペシャライゼーション(健康栄養学部、国際看護学部は除く)」を導入。実際に学び見極めてから専攻を選べるので安心して学ぶことができます。さらに、学部・学科の枠組を取り払い、さまざまな科目から学びたいテーマにそって、歴史、観光、製菓からデザイン、マンガ、メディア、心理学など、学部を超えて3学部18専攻の授業から自由に選んで学べます。本学では、幅広い教養のうえに専門性を形成し、そのプロセスで社会人基礎力を身につける、独自の「リベラルアーツ型教育」をめざしています。学校の特長2

キャンパスがきれい

新たな学びが生まれる。さくら夙川キャンパスに新たな拠点「新校舎」誕生!

2021年4月、さくら夙川キャンパスに新校舎が誕生します。コンセプトは、学生や教員はもちろん、卒業生や地域の方々も気軽に集える「コミュニティの拠点」。開放感のある吹き抜けのエントランスや食堂、国際交流ラウンジ、教室、研究室などが集まる新たな拠点です。 またキャンパス内は、学生が最新の環境で勉学に取り組むことができる先進性と、憩いの場としてのアメニティにも配慮した空間になっています。その一つ「メディアライブラリーCELL」には、マンガ・アニメーション制作が可能なマルチメディア環境や少人数教育に対応した16の小教室(cells=核)なども完備。2009年には「日本図書館協会建築賞」を受賞しました。学校の特長3
大手前大学(私立大学/兵庫・大阪)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る

RECRUIT