• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 帝京大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療技術学部
  • 救急救命士コース

私立大学/東京・栃木・福岡

テイキョウダイガク

救急救命士コース

募集人数:
60人

チーム医療の一員として救急現場に対応できる救急救命士を養成

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    医療現場で診療・治療以外の手助けをし、患者の健康維持・回復を促す看護を学ぶ実践的な学問。理論と実習を通して看護技術を習得する。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 救急救命士

    救急車の中や救急現場で救急救命処置を行うスペシャリスト

    心肺機能が停止状態になった重症患者に対する救急処置を、救急車の中などで、医師と連絡をとりながら行う仕事。従来は医師でなければ行えなかった処置が、平成3年の救急救命士法によって、救急隊員が行えるようになった。現在のところ、各地の消防本部に消防官に採用されることが条件。

  • 救急隊員

    一刻を争う状態の患者を、冷静、的確な処置をとりつつ、病院に搬送する

    消防署員のうち救急隊に属する隊員のこと。119番通報により急病人や怪我人を緊急に病院に搬送しながら、症状が悪化しないように救急車内で応急措置を施す。施せる応急措置はそれぞれの救急隊員の消防学校課程修了段階により変わってくる。また、救急隊員であれば5年以上の実務経験を経て、「救急救命士養成所」で1年以上「救急救命士」の知識及び技能を習得することで「救急救命士」国家試験の受験資格を得ることができる。

初年度納入金:2018年度納入金 180万590円 

学科の特長

学ぶ内容

医療分野の専門家として、チーム医療を担う専門家を育成
医師や看護師をはじめ、さまざまな医療従事者がチームを組み、患者さんを支えるチーム医療が主流になっています。こうした状況を背景に、急病人や交通事故によるけが人などがいる救急現場で対応できる専門家を育成します。
医療分野の基礎知識習得と並行して、人間性や倫理観を習得
4年間の土台を築くのが1年次です。人体の構造や機能など、医療分野の基礎知識を学ぶのと並行して、救急救命士としての豊かな人間性と倫理観を習得。2年次では、救急医療に関連する基礎・専門分野を学び、医学的知識を身につけると同時に、シミュレーションによる臨床実習を通して救急現場での基本的技能を習得します。
リアルな現場体験を通して、救急救命士としての対応力を養成
3年次では幅広い専門分野を学ぶと同時に、実習を通して高度な救急救命処置技術と的確な判断力を養います。また、消防署や救急病院の実習では、傷病者や関係者などと接することで、リアルな現場を体験。4年次の総合演習では3年次までに習得した技能を進化させ、さまざまな救急現場で活動できる現場対応能力を磨きます。

実習

救急車同乗実習では、消防署救急隊に同乗し出動
1年次から4年間を通して行われるシミュレーション実習をはじめ、3・4年次で行われる救急車同乗実習、介護施設実習、病院実習などの様々な臨床実習を通して救急医療の実際を体験。高度な救急救命処置とチーム医療の重要性を実践的に学びます。

設立の背景

高度化する病院前救護体制を確立できる人材の育成を目指す
1991年制定の救急救命士法で定められた国家資格・救急救命士は、それまでの救急隊員には許されなかった器具による気道の確保や輸液などの医療行為を医師の指示のもとに行うことが可能になりました。医療従事者に欠かせない強い倫理観と豊かな人間性をベースに、高度化する病院前救護体制の確立に寄与する人材を育成します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 救急救命士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    東京消防庁 、 横浜市消防局 、 さいたま市消防局 、 千葉市消防局 、 川崎市消防局 、 相模原市消防局 、 仙台市消防局 、 新潟市消防局 、 浜松市消防局 、 神奈川県職員(救急救命士) ほか

※ 2017年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒173-8605 東京都板橋区加賀2-11-1
TEL/0120-335933(帝京大学入試センター)

所在地 アクセス 地図・路線案内
板橋キャンパス : 東京都板橋区加賀2-11-1
(1~4年次)
JR埼京線「十条(東京都)」駅北口徒歩10分
JR京浜東北線「王子」駅からバス 10分 下車すぐ

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

帝京大学(私立大学/東京・栃木・福岡)