• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 桃山学院大学
桃山学院大学の風景

多彩な体験プログラムを通じて、「地域で、世界で、人を支える」力を身につける

グローバル社会では、競うだけでなくお互いの個性を尊重しながら世界のだれとでも協働できる力「協奏力」も必要です。様々な学びの機会を通じて、地域で世界で活躍できる人を育てます。

桃山学院大学の特長

桃山学院大学の特長1

実績30年の「就活担任制」で、一人ひとりの就職活動をしっかりサポート

桃大の就職支援の最大の特長が、30年以上にわたって受け継がれてきた就活担任制です。求職登録を行った学生一人ひとりに担当者がつき、進路選択の相談から履歴書添削、面接対策まで個別にバックアップするシステムです。また、就職合宿や企業研究セミナー、女子学生のための就職活動ガイダンスなど、就職支援プログラムを年間200日以上実施。1・2年生向けのものから、就職活動本番で役立つ3・4年生向けのものまで幅広く用意しています。就職希望者の決定率は全国平均を上回る98.5%(2017年3月卒業生就職希望者1003名中988名)をマーク。景気動向にかかわらず、毎年安定した就職決定率を保っています。

桃山学院大学の特長2

世界トップクラスの大学と連携。通算2年間の海外体験でも4年での卒業も可能

世界トップクラスの大学を含む海外学術交流協定校は世界24の国と地域、57の大学と豊富です。長期・短期の留学制度や、日本語教育実習、ボランティア、インターンシップなど、目的や期間に合わせてプログラムを選ぶことができます。すべてのプログラムが卒業に必要な単位として認定されるので、通算2年間留学しても4年間で卒業が可能。さらに、奨学金・援助金制度もほぼすべてのプログラムで用意しています。また、長期派遣留学をめざすSuper Global Program(SGP)では、専用の語学クラスを設けるなど、徹底的に英語力を鍛えることができます。学内では年間約250名の留学生を受け入れており、日常的に国際交流できる環境もあります。

桃山学院大学の特長3

学費全額免除など、経済支援はもちろん、奨励金等で学生生活をサポート

本学の入学試験成績優秀者対象特別奨学金制度は、4年間授業料・施設費全額給付(対象人数枠35名)・同半額給付(対象人数枠35名)・50万円給付の地方奨学金(対象人数枠80名)の3種類で対象人数枠合計150名(2018年度入試)。その他、経済支援制度や2年次以上で成績優秀な学生が対象の「桃山学院大学成績優秀者奨励奨学金」、「遠隔地出身学生援助奨学金」・「派遣留学奨励奨学金(長期・短期)」「課外講座(資格講座等)学修奨励奨学金」など、学生生活のあらゆる活動を支援する奨学金・奨励金制度があります。(詳しくは本学HP)

右へ
左へ
桃山学院大学の特長1

実績30年の「就活担任制」で、一人ひとりの就職活動をしっかりサポート

桃大の就職支援の最大の特長が、30年以上にわたって受け継がれてきた就活担任制です。求職登録を行った学生一人ひとりに担当者がつき、進路選択の相談から履歴書添削、面接対策まで個別にバックアップするシステムです。また、就職合宿や企業研究セミナー、女子学生のための就職活動ガイダンスなど、就職支援プログラムを年間200日以上実施。1・2年生向けのものから、就職活動本番で役立つ3・4年生向けのものまで幅広く用意しています。就職希望者の決定率は全国平均を上回る98.5%(2017年3月卒業生就職希望者1003名中988名)をマーク。景気動向にかかわらず、毎年安定した就職決定率を保っています。

桃山学院大学の特長2

世界トップクラスの大学と連携。通算2年間の海外体験でも4年での卒業も可能

世界トップクラスの大学を含む海外学術交流協定校は世界24の国と地域、57の大学と豊富です。長期・短期の留学制度や、日本語教育実習、ボランティア、インターンシップなど、目的や期間に合わせてプログラムを選ぶことができます。すべてのプログラムが卒業に必要な単位として認定されるので、通算2年間留学しても4年間で卒業が可能。さらに、奨学金・援助金制度もほぼすべてのプログラムで用意しています。また、長期派遣留学をめざすSuper Global Program(SGP)では、専用の語学クラスを設けるなど、徹底的に英語力を鍛えることができます。学内では年間約250名の留学生を受け入れており、日常的に国際交流できる環境もあります。

桃山学院大学の特長3

学費全額免除など、経済支援はもちろん、奨励金等で学生生活をサポート

本学の入学試験成績優秀者対象特別奨学金制度は、4年間授業料・施設費全額給付(対象人数枠35名)・同半額給付(対象人数枠35名)・50万円給付の地方奨学金(対象人数枠80名)の3種類で対象人数枠合計150名(2018年度入試)。その他、経済支援制度や2年次以上で成績優秀な学生が対象の「桃山学院大学成績優秀者奨励奨学金」、「遠隔地出身学生援助奨学金」・「派遣留学奨励奨学金(長期・短期)」「課外講座(資格講座等)学修奨励奨学金」など、学生生活のあらゆる活動を支援する奨学金・奨励金制度があります。(詳しくは本学HP)

右へ
左へ
桃山学院大学の特長1

実績30年の「就活担任制」で、一人ひとりの就職活動をしっかりサポート

桃大の就職支援の最大の特長が、30年以上にわたって受け継がれてきた就活担任制です。求職登録を行った学生一人ひとりに担当者がつき、進路選択の相談から履歴書添削、面接対策まで個別にバックアップするシステムです。また、就職合宿や企業研究セミナー、女子学生のための就職活動ガイダンスなど、就職支援プログラムを年間200日以上実施。1・2年生向けのものから、就職活動本番で役立つ3・4年生向けのものまで幅広く用意しています。就職希望者の決定率は全国平均を上回る98.5%(2017年3月卒業生就職希望者1003名中988名)をマーク。景気動向にかかわらず、毎年安定した就職決定率を保っています。

桃山学院大学の特長2

世界トップクラスの大学と連携。通算2年間の海外体験でも4年での卒業も可能

世界トップクラスの大学を含む海外学術交流協定校は世界24の国と地域、57の大学と豊富です。長期・短期の留学制度や、日本語教育実習、ボランティア、インターンシップなど、目的や期間に合わせてプログラムを選ぶことができます。すべてのプログラムが卒業に必要な単位として認定されるので、通算2年間留学しても4年間で卒業が可能。さらに、奨学金・援助金制度もほぼすべてのプログラムで用意しています。また、長期派遣留学をめざすSuper Global Program(SGP)では、専用の語学クラスを設けるなど、徹底的に英語力を鍛えることができます。学内では年間約250名の留学生を受け入れており、日常的に国際交流できる環境もあります。

桃山学院大学の特長3

学費全額免除など、経済支援はもちろん、奨励金等で学生生活をサポート

本学の入学試験成績優秀者対象特別奨学金制度は、4年間授業料・施設費全額給付(対象人数枠35名)・同半額給付(対象人数枠35名)・50万円給付の地方奨学金(対象人数枠80名)の3種類で対象人数枠合計150名(2018年度入試)。その他、経済支援制度や2年次以上で成績優秀な学生が対象の「桃山学院大学成績優秀者奨励奨学金」、「遠隔地出身学生援助奨学金」・「派遣留学奨励奨学金(長期・短期)」「課外講座(資格講座等)学修奨励奨学金」など、学生生活のあらゆる活動を支援する奨学金・奨励金制度があります。(詳しくは本学HP)

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

OPEN CAMPUS 2018の詳細

OPEN CAMPUS 2018

2019年4月、経営学部ビジネスデザイン学科誕生! 当日は新学科の体験授業も開催します。(※事前予約…

続きを見る

桃山学院大学からのメッセージ

◆2019年4月、経営学部ビジネスデザイン学科誕生
AIをはじめ高度な技術革新など、変化が激しい時代において、それに対応できるクリエイティブ力(ゼロからイチを生み出す力)と高度なコミュニケーション力を身につけ、アントレプレナー(起業家)としての素養と実行力、企業内で新ビジネスを立ち上げるイントラプレナー(社内起業家)や社会起業家を育成します。“新しくて面白い”授業を大阪市内のキャンパスで展開します。

(5/11更新)

桃山学院大学の学部・学科・コース

英語・国際文化学科 (定員数:290人)
  • 英語コミュニケーションコース
    2019年4月名称変更予定

  • 国際文化コース
    2019年4月名称変更予定

社会学科 (定員数:260人)
  • 生活デザインモデル

  • 文化デザインモデル

  • 社会デザインモデル

社会福祉学科 (定員数:100人)
  • 社会福祉コース

  • 介護福祉コース

  • 福祉スポーツコース

法律学科 (定員数:200人)
  • 企業コースモデル

  • 行政コースモデル

  • 司法コースモデル

経済学科 (定員数:360人)
  • 生活経済コース

  • 地域経済コース

  • グローバル経済コース

  • 現代経済分析コース

経営学科 (定員数:225人)
  • マネジメントコース

  • マーケットコース

  • 情報イノベーションコース

  • 会計コース

入試情報

下記は全学部の入試情報をもとに表出しておりますので、詳細は各入試種別のページをご覧ください。

  • 試験実施数 エントリー・出願期間 試験日 検定料
    11 9/6〜2/18 9/23〜2/24 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    65 11/1〜12/3 11/12〜12/8 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    33 1/7〜3/4 2/2〜3/11 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    80 1/7〜3/8 1/19〜1/20 入試詳細ページをご覧ください。
入試情報を見る

合格難易度

学費(初年度納入金)

2018年度納入金 ●入学金/23万円、授業料/72万9000円(春・秋学期合計)、施設費/30万円(春・秋学期合計)  合計125万9000円

就職・資格

卒業後の進路データ (2017年3月卒業生実績)

就職希望者数1,003名
就職者数988名
就職率98.5%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

実績30年以上の「就活担任制」で、一人ひとりをしっかりサポート

桃大の就職支援の最大の特長が、30年以上にわたって受け継がれてきた就活担任制です。求職登録を行った学生一人ひとりに担当者がつき、進路選択の相談から履歴書添削、面接対策まで個別にバックアップするシステムです。また、就職合宿や企業研究セミナー、女子学生のための就職活動ガイダンスなど、就職支援プログラムを年間200日以上実施。1・2年生向けのものから、就職活動本番で役立つ3・4年生向けのものまで幅広く用意しています。就職希望者の決定率は全国平均を上回る98.5%(2017年3月卒業生就職希望者1003名中988名)をマーク。景気動向にかかわらず、毎年安定した就職決定率を保っています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

桃山学院大学 入試課

〒594-1198 大阪府和泉市まなび野1-1
TEL:0725-54-3245 (受験生専用)

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府和泉市まなび野1-1 「和泉中央」駅から徒歩 約12分
「和泉中央」駅から南海バス「松尾寺」または「美術館前」行き利用 約5分、「のぞみ野西」または「緑ヶ丘団地」下車すぐ
「和泉中央」駅から南海バス 「桃山学院大学行き」利用 約7分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年06月08日 16:40 facebook

    【台風接近によるオープンキャンパス実施ついて(お知らせ)】 6月10日(日)のオープンキャンパス開催日に、台風の接近が予想されます。開催については桃山学院大学ホームページでお確かめください。 http://www.andrew.ac.jp/newstopics3/2018/hl026a000000b8n7.html

    https://www.facebook.com/287321114656458/posts/1664389730282916

  • 2018年06月08日 15:22 facebook

    【メディア掲載】『泉北コミュニティ』/みどりのつどいボランティアについての学生インタビューが掲載されました  5月20日(日)に堺市の西原公園で開催された「みどりのつどいボランティア」に本学の学生146名がボランティアとして参加し、『泉北コミュ二ティ』(6月7日号・3面)に掲載されました。記事内では、参加した学生のうち2名のコメントも掲載されています。   【記事はこちらからお読みいただけます】 ▼『泉北コミュ二ティ』(6月7日号)PDF http://www.community2525.com/images/konsyu/s20180607.pdf

    https://www.facebook.com/287321114656458/posts/1664344146954141

  • 2018年06月08日 14:54 facebook

    【社会学部と南海電鉄との連携プロジェクトが始まります】 社会学部学生リーダー育成プロジェクト社会調査応用プログラムと、南海電鉄との連携プロジェクトが始まります。 6月4日(月)に、南海電気鉄道株式会社泉北事業部の弘田氏と与野氏に本学にお越しいただき、「泉北♡学生フリーペーパープロジェクト」について説明をしていただきました。 このプロジェクトは、泉北エリアに住む大学生や泉北エリアにある大学に通学している学生が地域の魅力を発信するものです。昨年行われた泉北ニュータウンまちびらき50周年事業「泉北♡デート」の取り組みをバージョンアップし、フリーペーパーを発行します。12月には、作成したフリーペーパーのお披露目イベントが泉ヶ丘で開かれる予定です。 説明会に参加した社会学科2年次生の佐野英人さんは、「学生など若い人に知られていない泉北の魅力を、外部の視点から発見できればと思っています。例えば、泉北エリアの中心ともいえる泉ケ丘駅周辺は、泉北タカシマヤをはじめとする多様な商業施設が集積するなど利便性の高い地域ですが、電車で通過するだけの学生はほとんどその魅力を知りません。通う街から暮らす街へ、私たちの情報発信によって、少しだけでも変化を起こすことができればと思います」と意気込みを語ってくれました。 社会調査応用プログラムは、昨年度も南海電鉄と連携し、泉北ニュータウンまちびらき50周年連携事業「社会調査に基づくまちづくりの提案+トークセッション ニュータウンにおける若者の幸福とは」を開催しました。学生たちのプレゼンは高い評価を受け、今年度、いずみ市民大学「まちづくり学部」の講座で、サポート教員の岩田考教授(社会学部)とともに講義を担当することになっています。 今年度も社会調査応用プログラムの学生たちの活躍にご期待ください。 ※『社会学部学生リーダー育成プロジェクト』は、2012年度~2019年度桃山学院大学同窓会周年事業寄付金特別教育活動認定事業です。講義やゼミの枠を超えた教員と学生、そして学生間の交流を通じ、リーダーシップを養成し、大学生活を一層充実させることを目指しています。 ※『社会調査応用プログラム』は、プロジェクトのプログラムの一つで、日頃学んでいる社会学や社会調査を企業や自治体との連携事業で応用し実践するプログラムです。〈アカデミック×ビジネス〉、〈アカデミック×行政〉によって、新たな生活、文化、社会をデザインするという社会学科のカリキュラム・ポリシーを実践するものです。 ▼桃山学院大学社会学部学生リーダー育成プロジェクト「社会調査応用プログラム」facebook https://www.facebook.com/momoyama.s.leaders.asrp ▼大学HP「社会学部学生リーダー育成プロジェクト」 http://www.andrew.ac.jp/faculty/social/topics/

    https://www.facebook.com/287321114656458/posts/1664329820288907

  • 2018年06月07日 10:43 facebook

    【本学学生が『ももやまキッズランド』を開催しました】 6月2日(土)、本学の学生30名(ボランティア学生スタッフと児童文化研究会オズ)が、和泉中央駅に隣接する和泉ボランティア・市民活動センターアイ・あいロビーにおいて、『ももやまキッズランド』を開催しました。 今回は、地域のご家族と一緒に、紙芝居、スライム作りやスポーツスタッキング、手遊び等で一緒に遊びました。また、近接のいずみ障がい者ふれあいプラザオアシスではパンケーキを作り、楽しいひとときを過ごしました。 参加した学生からは、「はじめは緊張していましたが、子ども達の目線で話すことを心がけて活動したら、子ども達もたくさん話しかけてくれて嬉しかったです」との声が聞かれました。 『ももやまキッズランド』は、幅広い年齢層の利用を目指したいアイ・あいロビー側の意向を受け、これに本学のボランティア学生スタッフと児童文化研究会オズが協力して開催しているもので、今年度は6回開催する予定です、次回は7月7日(土)に開催します。学生たちも、笑顔いっぱいの元気な子どもたちにお会いできることを楽しみにしておりますので、是非ご参加ください。(お申し込み等の詳細は『広報いずみ』をご参照ください) 本学ボランティア学生スタッフ、児童文化研究会オズは、この他にも定期的に地域のボランティア活動等に参加しています。 ボランティア活動支援室HP >> http://www.andrew.ac.jp/volunteer/ 児童文化研究会オズ HP >> http://www.andrew.ac.jp/clubnavi/culture/09.html

    https://www.facebook.com/287321114656458/posts/1663259737062582

  • 2018年06月06日 14:54 facebook

    【社会学部と泉北高速鉄道との連携プロジェクトが始まります】 社会学部学生リーダー育成プロジェクト社会調査応用プログラムと、泉北高速鉄道との連携プロジェクトが始まります。 5月25日(金)に泉北高速鉄道本社にて、連携プロジェクトのキックオフミーティングが行われました。当日は、プログラムに新規加入した1年次生19名を含む29名の社会学科生と、サポート教員である岩田考教授(社会学部)が参加しました。このプロジェクトは、学生たちが泉北高速鉄道の方たちとともに、泉北高速鉄道・和泉中央駅のリニューアルプランや駅周辺地域の今後のあり方を考えていくものです。当日はキックオフミーティングに加えて、一足先にリニューアルされた泉北高速鉄道・泉ケ丘駅の視察や懇親会も行われました。 ミーティングに参加した社会学科2年次生の籾谷磨紀さんは、「私たち学生の多くは、普段から和泉中央駅を利用しているので、駅について何かしら考えや意見を持っていると思います。今回のミーティングを通して、普段利用する中で感じる何気ない気づきやふとした疑問をもっと大切にしていこうと思いました。他方で、今回は各自が思いついたアイデアを出し合いましたが、駅を利用するのはもちろん私たち学生だけではないので、そのこともふまえて、『利用者が駅に何を求めているのか』『和泉中央駅をどう変えていく必要があるのか』を検討していかなければいけないとも思いました。これからはただ単に駅を利用するだけでなく、客観的な視点も持ちながら『どのような駅ならばより魅力を感じられるのか』を、社会調査を行いながら、しっかり考えていこうと思います」と意気込みを語ってくれました。 昨年、社会調査応用プログラムの学生たちは、泉北ニュータウンまちびらき50周年事業『みんなが主役!泉北吉本新喜劇』の実行委員として活動し、また『社会調査に基づくまちづくりの提案+トークセッション ニュータウンにおける若者の幸福とは』を開催しました。これらの活動が泉北高速鉄道の方の目にとまり、沿線地域の活性化のために連携していくことになり、今回のプロジェクトが実現しました。この地域連携のシンボルとして、沿線の2大学も加えたラッピング電車も2月から泉北高速鉄道で運行されています。 今年度も、社会調査応用プログラムの学生たちの活躍が期待されます。 ※『社会学部学生リーダー育成プロジェクト』は、2012年度~2019年度桃山学院大学同窓会周年事業寄付金特別教育活動認定事業です。講義やゼミの枠を超えた教員と学生、そして学生間の交流を通じ、リーダーシップを養成し、大学生活を一層充実させることを目指しています。 ※『社会調査応用プログラム』は、プロジェクトのプログラムの一つで、日頃学んでいる社会学や社会調査を企業や自治体との連携事業で応用し実践するプログラムです。〈アカデミック×ビジネス〉、〈アカデミック×行政〉によって、新たな生活、文化、社会をデザインするという社会学科のカリキュラム・ポリシーを実践するものです。 ▼桃山学院大学社会学部学生リーダー育成プロジェクト「社会調査応用プログラム」facebook https://www.facebook.com/momoyama.s.leaders.asrp ▼大学HP「社会学部学生リーダー育成プロジェクト」 http://www.andrew.ac.jp/faculty/social/topics/

    https://www.facebook.com/287321114656458/posts/1662488080473081

桃山学院大学(私立大学/大阪)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 近畿大学

    6つのキャンパスに医学から芸術分野までを集積した、西日本最大級の総合大学。

  • 阪南大学

    実学教育を重視し、「即戦力」として活躍できる人材を育成します!

  • 関西大学

    「考動」する関大人が世界を拓く。社会の変化に挑みつづけるために自ら考え、行動する

  • 龍谷大学

    地域に貢献するとともに、世界で躍動する大学へ “You,Unlimited”

  • 大阪経済法科大学

    2019年4月、経営学部開設(設置構想中)。留学制度や学内Wスクール等が充実

  • 摂南大学

    Smart and Human 広く深い知のネットワークを構築し、人と人との絆を深める

  • 大阪経済大学

    実践的な知識と能力を培う、大阪市内にある経済・経営系の都市型大学

  • 四天王寺大学

    2019年4月、看護学部開設、さらに教育学部リニューアル!

  • 立命館大学

    多文化協働のリーディング大学。既存の枠を超えて、新たな未来を創造する。

  • 大阪学院大学

    7学部8学科および短期大学部を併設する総合大学でグローバルにビジネスを学ぶ!

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる