• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 藤田医科大学

私立大学/愛知

フジタイカダイガク

現校名 藤田保健衛生大学 2018年10月名称変更予定

藤田医科大学の風景

一つのキャンパスに「教育・研究・臨床」の環境を備えた医療系総合大学

大学院、大学、看護専門学校を擁し、さまざまな医療スタッフを養成する医療系の総合学園です。キャンパス内には、最新の医療機器を備えた大学病院を有し、医療教育の理想を追求していきます。

藤田医科大学の特長

藤田医科大学の特長1

大学病院が隣接し、臨床を身近に学べる環境があります

併設する藤田保健衛生大学病院では、最先端医療から終末期医療、地域包括ケア中核センターなど幅広い領域の医療を、臨床経験豊富なスタッフの指導のもと、最先端の医療設備にふれながら、専門知識・技術を習得することができます。また2017年9月にはTHE世界大学ランキングで501-600位、国内大学では第11位、私立大学としては第1位にランクインしました。評価項目の中では「研究の影響力」が特に高いスコアで評価されました。医療系総合大学として多職種との連携を強みに、これからの地域医療と福祉を担える医師、臨床・研究両面で世界と肩を並べて最先端医療を牽引できる医師を育成するための環境が整っています。

藤田医科大学の特長2

国家資格取得をめざし、常にトップクラスの合格率を誇っています

本学は創設以来、基本に忠実なプロセスを大切にした学習指導を実施しています。1年次から質の高い授業でインプットをおこない、定期試験や隣接した大学病院での実習を通して徹底したアウトプットにより実践力を養います。国家試験の対策としては、過去に出題された膨大な問題より傾向を分析し、効果的な対策を実施することで、全国でもトップクラスの国家試験合格率を維持しています。各学部・学科で多様な資格取得をめざすことができ、各自の希望する進路に羽ばたいていきます。

藤田医科大学の特長3

アセンブリ教育を通して、現代医療に欠かせないチーム医療の基本精神を学びます

アセンブリ教育とは、本学の学生全員が学部・学校の枠を超えた共通の活動を通して、チーム医療に必要な力を習得する独自のプログラム。1年次はチーム医療の基本精神を学び、2年次には各自でテーマを設定し、主体性を持って活動をおこないます。さらに3・4年次には専門分野の学びを深めてきた学生全員が5、6名のチームを編成。患者さん及び地域住民の健康問題など、より実践的な課題に取り組みます。こうした教育を通して協働作業による知識の共有や連携意識の向上を図り、卒業後にチーム医療を現場で実践する際の充実した基盤作りをめざします。入学から卒業まで継続して学べるプログラムでチーム医療に欠かせない力を段階的に身につけます。

右へ
左へ
藤田医科大学の特長1

大学病院が隣接し、臨床を身近に学べる環境があります

併設する藤田保健衛生大学病院では、最先端医療から終末期医療、地域包括ケア中核センターなど幅広い領域の医療を、臨床経験豊富なスタッフの指導のもと、最先端の医療設備にふれながら、専門知識・技術を習得することができます。また2017年9月にはTHE世界大学ランキングで501-600位、国内大学では第11位、私立大学としては第1位にランクインしました。評価項目の中では「研究の影響力」が特に高いスコアで評価されました。医療系総合大学として多職種との連携を強みに、これからの地域医療と福祉を担える医師、臨床・研究両面で世界と肩を並べて最先端医療を牽引できる医師を育成するための環境が整っています。

藤田医科大学の特長2

国家資格取得をめざし、常にトップクラスの合格率を誇っています

本学は創設以来、基本に忠実なプロセスを大切にした学習指導を実施しています。1年次から質の高い授業でインプットをおこない、定期試験や隣接した大学病院での実習を通して徹底したアウトプットにより実践力を養います。国家試験の対策としては、過去に出題された膨大な問題より傾向を分析し、効果的な対策を実施することで、全国でもトップクラスの国家試験合格率を維持しています。各学部・学科で多様な資格取得をめざすことができ、各自の希望する進路に羽ばたいていきます。

藤田医科大学の特長3

アセンブリ教育を通して、現代医療に欠かせないチーム医療の基本精神を学びます

アセンブリ教育とは、本学の学生全員が学部・学校の枠を超えた共通の活動を通して、チーム医療に必要な力を習得する独自のプログラム。1年次はチーム医療の基本精神を学び、2年次には各自でテーマを設定し、主体性を持って活動をおこないます。さらに3・4年次には専門分野の学びを深めてきた学生全員が5、6名のチームを編成。患者さん及び地域住民の健康問題など、より実践的な課題に取り組みます。こうした教育を通して協働作業による知識の共有や連携意識の向上を図り、卒業後にチーム医療を現場で実践する際の充実した基盤作りをめざします。入学から卒業まで継続して学べるプログラムでチーム医療に欠かせない力を段階的に身につけます。

右へ
左へ
藤田医科大学の特長1

大学病院が隣接し、臨床を身近に学べる環境があります

併設する藤田保健衛生大学病院では、最先端医療から終末期医療、地域包括ケア中核センターなど幅広い領域の医療を、臨床経験豊富なスタッフの指導のもと、最先端の医療設備にふれながら、専門知識・技術を習得することができます。また2017年9月にはTHE世界大学ランキングで501-600位、国内大学では第11位、私立大学としては第1位にランクインしました。評価項目の中では「研究の影響力」が特に高いスコアで評価されました。医療系総合大学として多職種との連携を強みに、これからの地域医療と福祉を担える医師、臨床・研究両面で世界と肩を並べて最先端医療を牽引できる医師を育成するための環境が整っています。

藤田医科大学の特長2

国家資格取得をめざし、常にトップクラスの合格率を誇っています

本学は創設以来、基本に忠実なプロセスを大切にした学習指導を実施しています。1年次から質の高い授業でインプットをおこない、定期試験や隣接した大学病院での実習を通して徹底したアウトプットにより実践力を養います。国家試験の対策としては、過去に出題された膨大な問題より傾向を分析し、効果的な対策を実施することで、全国でもトップクラスの国家試験合格率を維持しています。各学部・学科で多様な資格取得をめざすことができ、各自の希望する進路に羽ばたいていきます。

藤田医科大学の特長3

アセンブリ教育を通して、現代医療に欠かせないチーム医療の基本精神を学びます

アセンブリ教育とは、本学の学生全員が学部・学校の枠を超えた共通の活動を通して、チーム医療に必要な力を習得する独自のプログラム。1年次はチーム医療の基本精神を学び、2年次には各自でテーマを設定し、主体性を持って活動をおこないます。さらに3・4年次には専門分野の学びを深めてきた学生全員が5、6名のチームを編成。患者さん及び地域住民の健康問題など、より実践的な課題に取り組みます。こうした教育を通して協働作業による知識の共有や連携意識の向上を図り、卒業後にチーム医療を現場で実践する際の充実した基盤作りをめざします。入学から卒業まで継続して学べるプログラムでチーム医療に欠かせない力を段階的に身につけます。

右へ
左へ

藤田医科大学の学部・学科・コース

前年度の入試情報

下記は全学部の入試情報をもとに表出しておりますので、詳細は各入試種別のページをご覧ください。

入試情報を見る

合格難易度

学費(初年度納入金)

<2019年度納入金(予定)> 医学部/医学科630万円 医療科学部(予定)/医療検査学科・放射線学科165万円 保健衛生学部(予定)/看護学科・リハビリテーション学科170万円

就職・資格

卒業後の進路データ (2017年3月卒業生実績)

卒業者数448名
就職希望者数428名
就職者数426名
就職率99.5%(就職者数/就職希望者数)
進学者数19名
※上記データは医学部を除きます。

就職支援

細やかなサポート体制で、就職活動をバックアップ

キャリア支援課では、本学で学んだ専門知識や習得した技術を活かせるように、学生一人ひとりの個性・適性に合った就職支援に取り組んでいます。また、就職活動がスムーズにできるよう就職ガイダンスや試験対策などをおこなっています。さらに就職活動が円滑に進むように、企業・病院紹介セミナーの開催や、年間を通じて企業や病院・医院、医療関連施設へ訪問して求人開拓をし、就職先の確保にも力を注いでいます。求人情報は学内のパソコンから自由に閲覧することが可能です。また卒業生に対する就職支援も積極的におこなっています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

広報部

〒470-1192 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98
TEL:0562-93-2490

所在地 アクセス 地図・路線案内
豊明キャンパス : 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98 地下鉄桜通線「徳重」駅から名古屋市バスまたは名鉄バス 16分 藤田保健衛生大学病院下車 すぐ
地下鉄桜通線「鳴子北」駅から名古屋市バス 27分 藤田保健衛生大学病院下車 すぐ
地下鉄鶴舞線「原」駅から名古屋市バス 33分 藤田保健衛生大学病院下車 すぐ
名鉄名古屋本線「前後」駅から名鉄バス 15分 藤田保健衛生大学病院下車 すぐ

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年01月12日 14:59

    本学の取り組みである「高ストレス社会を克服する『精神神経疾患の最先端研究開発拠点大学』としてのブランド確立」が、文部科学省「平成29年度 私立大学研究ブランディング事業【タイプB(世界展開型)】」に採択されました。 「私立大学研究ブランディング事業」は、大学の特色ある研究を基軸として全学的な独自色を大きく打ち出す研究を支援するもので、全国の188校の私立大学から申請された中から、タイプA(社会展開型)33校、タイプB(世界展開型)27校の合計60校が選定されています。 本研究は、高ストレス社会の課題である精神神経疾患の克服をテーマに、疾患ネットワークからのビッグデータ解析を通して、客観的なバイオマーカーや脳画像診断による診断や症状評価、治療薬・フィトケミカルの開発を行うことを目的としています。 今回の採択された事業を通じて、藤田保健衛生大学は「精神神経疾患の最先端研究開発拠点大学」としてのブランド確立を目指して、研究ブランディングの推進とステークホルダーに対する成果の発信を行っていきます。 □事業名  「高ストレス社会を克服する『精神神経疾患の最先端研究開発拠点大学』としてのブランド確立」   私立大学研究ブランディング事業のホームページを開設いたしました(平成30年1月6日公開) □選定タイプ  タイプB(世界展開型) 生物・医歯系分野  □事業期間  2017年度~2021年度(5年間) □事業参加組織  藤田保健衛生大学医学部、医療科学部、総合医科学研究所、  藤田保健衛生大学病院

請求できるパンフはこちら

無料
医学部 大学案内・入試ガイド(2019年度版)
無料
医療科学部/保健衛生学部 大学案内・入試ガイド(2019年度版)
藤田医科大学(私立大学/愛知)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 中部大学

    実社会で通用する真の実力を養う7学部26学科がワンキャンパスに集まる総合大学

  • 愛知医科大学

    先端医療を担う新病院で医療の現場に触れながら、心温まる医療と看護を学ぶ。

  • 日本福祉大学

    地域に根ざし世界を目ざす「ふくしの総合大学」として福祉社会をリードする人材を育成

  • 岐阜医療科学大学

    2020年4月薬学部設置構想中。臨床検査技師、診療放射線技師、看護師、保健師をめざす

  • 鈴鹿医療科学大学

    医療・福祉の総合大学として、チーム医療を担う各領域のスペシャリストを育成

  • 北里大学

    現代社会のニーズに応える「生命科学」の総合大学

  • 名城大学

    中部圏トップクラスの総合大学。文・理の枠を越えて学び、自らの道を究めよう

  • 椙山女学園大学

    可能性を切り拓く―。しなやかな強さと生き方を学ぶ4年間。

  • 帝京大学

    10学部32学科の幅広いフィールドで、「自分流」の未来を見つける

  • 名古屋学芸大学

    平成30年4月看護学部開設!4学部の新体制でより高度なステージへ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる