• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本獣医生命科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 応用生命科学部
  • 動物科学科

日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科

定員数:
100人

動物生産に深く関わり人間と動物を支える人材を育成します

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    農学とは、食料となる穀物や野菜、動物、さらには住居や衣服となる植物など、私たちが生活のために利用するあらゆる生き物を対象に、その生産から販売の各過程について研究する学問です。育てて消費するというだけでなく、それが将来にわたって持続可能になるよう、さまざまな角度から探究していきます。農業実習や加工実習、フィールドワークなど、実体験を通じた学びが多いのも特徴です。卒業後の進路としては、食品関係の企業に就職する人が多数を占めますが、流通や販売についても学ぶため、そうした強みを生かす道もあります。

  • 獣医・畜産学

    動物の病気の診断や予防、動物生産の効率化や高度化を研究する

    獣医学は、家畜やペットの病気の診断や予防、治療の在り方を研究していく学問。畜産学は、実験や実習を通じて、おいしい肉や牛乳、品質のいい革製品などをいかに効率よく生産するか、つまり、人間の生活を豊かにするための動物生産を研究する学問。

目指せる仕事
  • 家畜人工授精師

    家畜の人工授精・授精卵移植をする

    都道府県知事の免許を受けて、家畜(牛・馬・豚・めん羊・やぎ)の人工授精や、牛の受精卵移植を行う。主に牛や豚を対象にして開業したり、農協などの職員として活躍している。個人差は大きいが、高収入が見込める。家畜の種類別に免許があり、免許を取得した家畜のみ取り扱うことができる。

  • 酪農家

    おいしい牛乳や食肉などを生産するため家畜を育てる

    農場や牧場などで、牛や豚、鶏などを飼育する。乳製品にしたり、食肉用にしたり、安全でおいしい畜産品等を生産するため、飼育方法や飼料・環境を整え、家畜を育てていく、重労働だが、育てる楽しみがある。

  • 畜産技術者

    畜産農家に、保健衛生や医療、設備技術などに関する知識で支援し、経営が安定するよう協力する。

    豚や牛、鳥などの畜産農家にとって、効率的でかつ良質な食肉や食材を提供することは重要な課題。そのため保健衛生や医療、設備技術に関する知識で畜産農家を支援する畜産技術者が不可欠な存在。例えば、畜産試験場では品種改良や新しいワクチンの研究などを行い、その情報を畜産農家に提供する。また、都道府県の家畜保健衛生所のいる技術者は、病気を未然に防ぐ予防接種や伝染病の調査や対策方法などの情報提供を行う。

  • 獣医学・畜産学研究者

    獣医学研究者は医学的側面から動物の研究をし、畜産学研究者は家畜の繁殖や食品への加工方法など研究する。

    獣医学研究者は、大学や専門の研究機関で獣医学の研究を深める。例えば最近では話題になっている「トリインフルエンザ」のように、動物や家畜から広がるウイルスの研究なども、獣医学研究者の重要な研究のひとつになる。一方、畜産学研究者は、チーズやハム、食用肉、卵など、食品とする家畜を効率よく繁殖させたり、安全に育成したりする方法を研究する一方、民間企業の研究所の場合、製品として売れる新しい加工食品への加工技術開発や成分抽出などの研究も行っている。

初年度納入金:2020年度納入金(参考) 172万5000円  (入学金、授業料、実習費等含む)

日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科の学科の特長

応用生命科学部 動物科学科のカリキュラム

3つの領域で構成された学びを「人と社会のために必要な動物」という視点から学ぶ
動物科学科の学びは、おいしく安全な畜産物を生産するための「畜産資源科学」、遺伝子や細胞の操作などを学ぶ「応用動物科学」、産業動物の飼養から流通・加工・販売・消費までの全プロセスを体系的に学ぶ「動物社会科学」の3つの領域で構成され、いずれの領域も「人と社会のために必要な動物」という視点から学びます。

応用生命科学部 動物科学科の研究室

哺乳動物の受精・発生現象に焦点を当て、その機能を解明する動物生殖学教室
哺乳動物の生命は、直径0.1ミリの卵と0.01ミリの精子の受精に始まり、受精卵から胎児へ、そして分娩を経て誕生します。この生命現象を産業に利用するため、さまざまな人工生殖技術が考案されてきました。動物生殖学教室では、哺乳動物の受精と発生に焦点を当て、その機能解明に関する研究をしています。
動物に関わるビジネスシステムについて研究するシステム経営学教室
システム経営学教室では、「動物に関してその生産から販売・消費までの過程を一つのシステム」として捉え、ペット産業のあり方から、山羊、七面鳥等の特用動物、また牛や豚等の家畜全般、乳製品や食肉・卵の消費需要構造の解析、狩猟を通じた野生動物被害問題に至るまで、フィールドでの調査を主体に研究を行っています。
動物の栄養生態について研究する動物栄養学教室
命が生まれ、成長し、やがては老いていく。その中で生命活動を支える栄養物質の機能と代謝メカニズムを理解することは、健康な動物を扱う上で重要なポイントとなります。動物栄養学教室では、栄養生態を産業動物、家庭動物などの消化管構造や採食物の特性などと関連させながら解明する研究を進めています。

応用生命科学部 動物科学科の卒業後

食資源動物を扱う学科ならではの豊富な就職・進学先
食資源動物から実験動物まで、さまざまな動物について幅広く学ぶため、就職先は食料品関連企業、産業動物関連産業、農業・畜産関連団体、検査・分析機関、国家公務員、地方公務員など豊富です。また、更なる動物科学のスペシャリストを目指して大学院に進学する卒業生もいます。

応用生命科学部 動物科学科の教育目標

動物生産に深く関わり人間と動物を支える人材を育成
動物科学科は、食資源動物の生産管理に関わる基礎及び応用科学並びに動物の生命、共生及び社会性等に関する教育を行い、人類の福祉及び地球環境の保全に資するとともに、社会貢献に寄与する専門職を育成します。

日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科の学べる学問

日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科の目指せる仕事

日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科の資格 

応用生命科学部 動物科学科の取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【農業】<国> (一種) 、
  • 食品衛生監視員 、
  • 食品衛生管理者<国> 、
  • 学芸員<国>

環境衛生監視員
飼料製造管理者
食鳥処理衛生管理者

応用生命科学部 動物科学科の受験資格が得られる資格

  • バイオ技術者認定試験

実験動物一級技術者

応用生命科学部 動物科学科の目標とする資格

    • 家畜人工授精師<国> (※講習会の受講が必要)

日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科の就職率・卒業後の進路 

応用生命科学部 動物科学科の就職率/内定率 100 %

( 就職者数82名 )

応用生命科学部 動物科学科の主な就職先/内定先

    日清丸紅飼料、米久、いなば食品、富士フイルムVETシステムズ、全国農業協同組合連合会、東京動物園協会、日本食肉格付協会、農研機構、農林水産省 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒180-8602東京都武蔵野市境南町1‐7‐1
TEL:0422-31-4151(入試課)
kouhou@nvlu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
日本獣医生命科学大学 第一校舎 : 東京都武蔵野市境南町1-7-1 「武蔵境」駅南口から徒歩 2分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

日本獣医生命科学大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る