• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 阿佐ヶ谷美術専門学校

東京都認可/専修学校/東京

アサガヤビジュツセンモンガッコウ

全科共通の基礎学年から始まり、デザインと美術をバランスよく学べる3年制「アサビ」

創立70年を迎えた阿佐ヶ谷美術専門学校、通称アサビ。全科共通の基礎学年から始まり、デザインと美術をバランスよく学ぶ全日制です。3年間でクリエイターとして必要な技術や考え方を身につけ自己実現を目指します。

阿佐ヶ谷美術専門学校の特長

学校の特長1

少人数クラス担任制。半年間デザインと美術の基礎を学び、自分が希望する科に進みます

1年生は基礎学年、と位置づけられています。前期は20人ほどの少人数制クラスに分かれ、クラスごとにデザインと美術について幅広く学びます。そして、後期からはデザイン系である視覚デザイン科・キャラクターデザイン科・映像メディア科・リビングプロダクトデザイン科と、アート系のイメージクリエイション科・絵画表現科の合計6科の中から自分の希望に合った科を選びます。2年生で、再度自分の進路がその科でよいかを確認したのち、改めて科を決定します。そして3年間をかけてクリエイターやアーティストとして必要な技術や考え方を学び、自己実現を目指します。さらに1年、研究科に進学して、より学習を深めることもできます。

学校の特長2

様々な作業ができる「工房」あり。写真や映像、版画等どの科に所属していても利用可能

自分の選んだ専門科目以外に、自分の学びたい科目が自由に選べる学術造形科目があり、幅広い分野での学習が可能です。授業を行う「教室での学び」と、様々なスキルを磨くことができる機材の揃った「工房での学び」を両輪に、より学習を深めていきます。「工房」には、写真の現像ができる写真工房や写真のスタジオ、映像制作が可能な映像工房や、シルクスクリーン版画や銅版画が制作できる版画工房、木工作業ができる木工房があります。アサビは全日制なので、学校内の設備を夜20時まで自由に使うことが可能です。また、これらの工房は、卒業後も使用が可能です。卒業してからも、学校とのクリエイティブな関係は続いていきます。

学校の特長3

映画監督の山崎貴さん、マンガ家の桂正和さんなど第一線で活躍する先輩を数多く輩出

映画「海賊と呼ばれた男」監督の山崎貴さん(1983年)、「アンフェア」監督の佐藤嗣麻子さん(1983年)、「牙狼」シリーズ監督の雨宮慶太さん(1978年)や、「シン・ゴジラ」ゴジラキャラクターデザイン・造形担当の竹谷隆之さん(1982年)、マンガ「ZETMAN」作者の桂正和さん(1981年)、ゲーム「バーチャファイター」のキャラクターデザインを担当するイラストレーターの寺田克也さん(1982年)など、幅広い分野で多くの卒業生が活躍。在校生も海外のコンクールに作品を発表したり、地域商店会の活性化プロジェクトに参加するなど積極的に活動しています。卒業生からの独自求人があるのも特徴で毎年多数の内定者を出しています。※()内入学年度

右へ
左へ
学校の特長1

少人数クラス担任制。半年間デザインと美術の基礎を学び、自分が希望する科に進みます

1年生は基礎学年、と位置づけられています。前期は20人ほどの少人数制クラスに分かれ、クラスごとにデザインと美術について幅広く学びます。そして、後期からはデザイン系である視覚デザイン科・キャラクターデザイン科・映像メディア科・リビングプロダクトデザイン科と、アート系のイメージクリエイション科・絵画表現科の合計6科の中から自分の希望に合った科を選びます。2年生で、再度自分の進路がその科でよいかを確認したのち、改めて科を決定します。そして3年間をかけてクリエイターやアーティストとして必要な技術や考え方を学び、自己実現を目指します。さらに1年、研究科に進学して、より学習を深めることもできます。

学校の特長2

様々な作業ができる「工房」あり。写真や映像、版画等どの科に所属していても利用可能

自分の選んだ専門科目以外に、自分の学びたい科目が自由に選べる学術造形科目があり、幅広い分野での学習が可能です。授業を行う「教室での学び」と、様々なスキルを磨くことができる機材の揃った「工房での学び」を両輪に、より学習を深めていきます。「工房」には、写真の現像ができる写真工房や写真のスタジオ、映像制作が可能な映像工房や、シルクスクリーン版画や銅版画が制作できる版画工房、木工作業ができる木工房があります。アサビは全日制なので、学校内の設備を夜20時まで自由に使うことが可能です。また、これらの工房は、卒業後も使用が可能です。卒業してからも、学校とのクリエイティブな関係は続いていきます。

学校の特長3

映画監督の山崎貴さん、マンガ家の桂正和さんなど第一線で活躍する先輩を数多く輩出

映画「海賊と呼ばれた男」監督の山崎貴さん(1983年)、「アンフェア」監督の佐藤嗣麻子さん(1983年)、「牙狼」シリーズ監督の雨宮慶太さん(1978年)や、「シン・ゴジラ」ゴジラキャラクターデザイン・造形担当の竹谷隆之さん(1982年)、マンガ「ZETMAN」作者の桂正和さん(1981年)、ゲーム「バーチャファイター」のキャラクターデザインを担当するイラストレーターの寺田克也さん(1982年)など、幅広い分野で多くの卒業生が活躍。在校生も海外のコンクールに作品を発表したり、地域商店会の活性化プロジェクトに参加するなど積極的に活動しています。卒業生からの独自求人があるのも特徴で毎年多数の内定者を出しています。※()内入学年度

右へ
左へ
学校の特長1

少人数クラス担任制。半年間デザインと美術の基礎を学び、自分が希望する科に進みます

1年生は基礎学年、と位置づけられています。前期は20人ほどの少人数制クラスに分かれ、クラスごとにデザインと美術について幅広く学びます。そして、後期からはデザイン系である視覚デザイン科・キャラクターデザイン科・映像メディア科・リビングプロダクトデザイン科と、アート系のイメージクリエイション科・絵画表現科の合計6科の中から自分の希望に合った科を選びます。2年生で、再度自分の進路がその科でよいかを確認したのち、改めて科を決定します。そして3年間をかけてクリエイターやアーティストとして必要な技術や考え方を学び、自己実現を目指します。さらに1年、研究科に進学して、より学習を深めることもできます。

学校の特長2

様々な作業ができる「工房」あり。写真や映像、版画等どの科に所属していても利用可能

自分の選んだ専門科目以外に、自分の学びたい科目が自由に選べる学術造形科目があり、幅広い分野での学習が可能です。授業を行う「教室での学び」と、様々なスキルを磨くことができる機材の揃った「工房での学び」を両輪に、より学習を深めていきます。「工房」には、写真の現像ができる写真工房や写真のスタジオ、映像制作が可能な映像工房や、シルクスクリーン版画や銅版画が制作できる版画工房、木工作業ができる木工房があります。アサビは全日制なので、学校内の設備を夜20時まで自由に使うことが可能です。また、これらの工房は、卒業後も使用が可能です。卒業してからも、学校とのクリエイティブな関係は続いていきます。

学校の特長3

映画監督の山崎貴さん、マンガ家の桂正和さんなど第一線で活躍する先輩を数多く輩出

映画「海賊と呼ばれた男」監督の山崎貴さん(1983年)、「アンフェア」監督の佐藤嗣麻子さん(1983年)、「牙狼」シリーズ監督の雨宮慶太さん(1978年)や、「シン・ゴジラ」ゴジラキャラクターデザイン・造形担当の竹谷隆之さん(1982年)、マンガ「ZETMAN」作者の桂正和さん(1981年)、ゲーム「バーチャファイター」のキャラクターデザインを担当するイラストレーターの寺田克也さん(1982年)など、幅広い分野で多くの卒業生が活躍。在校生も海外のコンクールに作品を発表したり、地域商店会の活性化プロジェクトに参加するなど積極的に活動しています。卒業生からの独自求人があるのも特徴で毎年多数の内定者を出しています。※()内入学年度

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

【予約不要】学校説明会

美術系・デザイン系で進路を考えている方、東京・杉並区にある阿佐ヶ谷美術専門学校、通称アサビを見てみま…

続きを見る

阿佐ヶ谷美術専門学校からのメッセージ

まだ進路に悩んでいたり、美術系の専門学校について聞きたいことや、入試の違いなど聞きたい!という人はぜひ学校説明会に足を運んでみてください!
12/16(土)には学校説明会を行います。ゲーム会社やデザイン事務所などへ就職した先輩たちのポートフォリオなども見られますよ~!
詳しくは>https://www.asabi.ac.jp/oc/

(11/15更新)

阿佐ヶ谷美術専門学校の学部・学科・コース

グラフィックデザイン

編集デザイン

イラストレーション

タイポグラフィ

写真

マンガ

アニメーション

キャラクターデザイン

3DCG

プロダクトデザイン

空間デザイン

クラフトデザイン

映画

映像制作

メディアクリエイト

現代アート

立体造形

メディアアート

身体表現

絵画

アクリル画

古典技法

細密画

版画

卒業後のキャリア

詳細を見る

イラストレーター

paricoさん

店頭に並び、Twitterで話題に。自分の作品を楽しんでくださる人がいるのが醍…

他の卒業生一覧を見る

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 3年制の全科共通 139万円(入学金20万円を含む)

就職・資格

就職支援

きめ細かな就職サポートで夢を実現

3年制のアサビでは、自分のペースで余裕を持った就職活動を進めることができます。また、1年次より就職ガイダンスや就職相談を実施し、就職に対する意識を高めています。履歴書の添削や模擬面接、ポートフォリオの制作指導などは担当者がすべて個別に対応し、学生一人ひとりに対してきめ細やかなサポートを行い、夢の実現を応援しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

阿佐ヶ谷美術専門学校 入学相談

〒166-0011 東京都杉並区梅里1-3-3
TEL:03-3313-8655

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都杉並区梅里1―3―3 阿佐ヶ谷美術専門学校 「高円寺」駅から徒歩 15分
「新高円寺」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2016年09月01日 10:40

    AO入試の願書受付、始まりました! 今まで普通科高校にいたけれど、将来は美術やデザインの仕事に就きたい。 「美術やデザインの経験がないから基礎からきちんと勉強したい」、「今まで趣味で作品を作ってきた」、「自分のセンスを見て欲しい」 AO入試はそんな「やる気」を評価する入試です。

  • 2016年08月08日 15:27

    2016夏期休業のお知らせ 【休業期間】8月11日(木)-8月17日(水) アサビは上記の期日、夏季休業とさせて頂きます。 ※休業期間中はお電話でのお問い合せ、窓口での各種受付はできません。 学校見学などをお考えの方はご注意ください。 ※2016年8月18日(木) から平常通り受付をいたします。 なお、資料請求、体験入学のお申し込みはHP、おハガキで受付ております。 18日以降に資料の送付、体験入学の受付完了ハガキ送付を順次行います。

請求できるパンフはこちら

無料
入学案内、募集要項
阿佐ヶ谷美術専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる