• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 札幌医学技術福祉歯科専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 言語聴覚士科

札幌医学技術福祉歯科専門学校 言語聴覚士科

定員数:
40人

ことばのコミュニケーションや食事などに障がいのある人を、柔軟な対応力と思いやりの心で支える力を身につけます

学べる学問
  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

初年度納入金:2021年度納入金(参考) 143万円  (教科書代および個人用具、実習衣等の諸費用が別途かかります)
年限:3年制

札幌医学技術福祉歯科専門学校 言語聴覚士科の学科の特長

言語聴覚士科の学ぶ内容

豊富な実習と現場体験で、思いやりの心と医療従事者としての自覚を育てます!
言語聴覚士は、話す・聞くといったことばのコミュニケーションや飲み込みなどに障がいのある人に対し、検査・訓練・指導によってリハビリテーションを行う専門職。柔軟な対応力や相手を理解する心が求められる仕事です。本学科では人を思いやる心や医療従事者としての姿勢を培う教育を実施。豊富な実習で実践力も高めます。

言語聴覚士科の授業

さまざまな障がいを想定した講義と実習で、現場に対応できる柔軟性を養います!
1年次は耳の構造や聞こえ方の仕組みなどを理解するため、言語聴覚の専門基礎科目を学びます。2・3年次では話す、聞くといった言語コミュニケーションの障害、構音障害、発達障害、摂食・嚥下機能の障害などの専門分野を学んでいきます。講義や学内実習で多様なケースを学習し、効果的に知識を身につけていきます。

言語聴覚士科の実習

早期から医療の現場に触れることで、言語聴覚士としての心構えや柔軟な対応力を習得します!
1年次から授業の一環として言語聴覚士が働く病院や施設を見学。現場を知ることで医療職としての意識を高めます。2・3年次は専門科目の学習や学内実習をくり返し行い、そして480時間の臨床実習を行い実践力を磨きます。学内の実習施設も充実。繰り返し学ぶことで苦手意識も克服でき、確かな技術が身につきます。

言語聴覚士科の卒業後

病院、福祉施設、ことばの教室など、スキルが生かせる場は多岐にわたります!
社会の高齢化にともない、言語コミュニケーションや、摂食(食べる)・嚥下(飲み込み)に障がいのある人が増えつつあります。そのため従来の医療機関のリハビリテーション科や耳鼻咽喉科、小児分野に加え、高齢者施設や訪問リハビリテーションなど、言語聴覚士が知識や技術を生かして活躍できる場が広がっています。

言語聴覚士科の資格

一人ひとりに合わせた国家試験対策を行い、国家資格取得を全力でサポートします!
医療分野で働く専門職に必須となる国家資格。本学園では長年のノウハウを生かし、充実した国家試験対策を実施しています。まず入学時から国家試験を意識した講義を行い実力を強化。そして学生一人ひとりに合わせた個別指導、繰り返し行う模擬試験、徹底した出題傾向の分析など、継続的で手厚い支援を行います。

言語聴覚士科の施設・設備

在学中から臨床現場をイメージできるよう、現場仕様の設備を使って技術が学べる実習室
防音の環境を整え実際に医療現場で使われる様々な聴覚検査機器で、検査の実践ができる聴力検査室、また、実際の臨床現場で使用されている検査類を数多く揃えた実習室で、繰り返し技術を学べます。ほかにも体育館やカフェテリア、女子専用パウダールーム・図書館・講堂などがあり、過ごしやすい環境が整っています。

札幌医学技術福祉歯科専門学校 言語聴覚士科の学べる学問

札幌医学技術福祉歯科専門学校 言語聴覚士科の目指せる仕事

札幌医学技術福祉歯科専門学校 言語聴覚士科の資格 

言語聴覚士科の受験資格が得られる資格

  • 言語聴覚士<国>

札幌医学技術福祉歯科専門学校 言語聴覚士科の就職率・卒業後の進路 

言語聴覚士科の主な就職先/内定先

    札幌渓仁会リハビリテーション病院、札幌白石記念病院、時計台記念病院、定山渓病院、北樹会病院、札幌西円山病院、クラーク病院、函館中央病院、北海道社会事業協会 余市病院、南小樽病院、市立室蘭総合病院、株式会社ネクシィーズグループ、ちとせ療育教室はる、帯広西病院、星が浦病院、道東勤医協釧路協立病院、オホーツク海病院、岩手県立久慈病院、こぱんはうす さくら 厚木恩名教室、イムス明理会仙台総合病院 ほか

※ 2020年3月卒業生実績

札幌医学技術福祉歯科専門学校 言語聴覚士科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒060-0004 札幌市中央区北4条西19丁目1-3 札幌リハビリテーション専門学校内
TEL:0120-558-433(学校法人西野学園 入試事務局)

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市中央区南5条西11丁目1289-5 地下鉄東西線「西11丁目」駅2番出口より徒歩7分

地図

 

路線案内


RECRUIT