• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 国際トータルファッション専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ファッションスタイリスト科(2年制)

新潟県認可/専修学校/新潟

コクサイトータルファッションセンモンガッコウ

ファッションスタイリスト科(2年制)

定員数:
20人

雑誌・TV・広告などのメディアや、ブライダルシーンで活躍する「人」や「モノ」を輝かせるスタイリストを目指す!

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 服飾・被服学

    快適な衣服や、服飾に関する理論と技術を研究する

    快適な衣服とそれに付随する服飾に関する理論と製作について、素材、テキスタイル、デザイン、製造まで幅広く研究する。流通や販売も研究テーマとなる。

目指せる仕事
  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • ファッションプレス

    商品や自社イメージを宣伝する

    商品や企業イメージをPRするアパレルメーカーの宣伝広報担当者。雑誌撮影やテレビ番組への商品の貸し出し、マスコミ取材への対応、広告印刷物の制作などが代表的な仕事だ。商品のPR効果を見極めたり、企画内容や掲載状況をチェックしたりと仕事内容は幅広い。

  • ファッションバイヤー

    流通業界の仕入れのプロ

    デパートや専門店、スーパーマーケットなどで買い付け、仕入れを専門に行う。消費者ニーズを把握し、営業方針や企画に沿って売れる商品を仕入れるのが役目。流行に敏感な感性や売れるものを見極める目、的確な計算能力や交渉力などさまざまな能力が必要とされる。

  • ファッションコーディネーター

    シーズンごとにショップの方針を決定

    アパレルメーカーのショップ担当者、小売店経営者としてシーズンごとの営業戦略を立てる。どんな服をどれだけ仕入れるのか、そのコンセプトは何か、どうやって売るかなどを企画し、担当のバイヤーに仕入れの方針を提案したり、時には自ら買い付ける。

  • ファッションアドバイザー

    服選びなどのアドバイスを行う

    専門店やデパートにおいてその人に合う洋服選びや小物などとのコーディネイトの仕方をアドバイスするのが仕事。担当している商品に対する知識はもちろん流行にも敏感であることが求められる。人当たりのよさも大切な資質。

  • ファッションスタイリスト

    ファッションから小物まで自分のセンスでコーディネート

    雑誌やテレビの撮影のために、タレントやモデルのファッション全般をコーディネートする仕事。場面にふさわしい服や小物を選択・収集し、現場でのセッティングを行う。求めるものをどこで調達するかといった人脈や借りたものを丁寧に扱う細やかさも求められる。著名人などのイメージアップのため、ファッションを演出することもある。

  • ファッション雑誌記者・編集者

    ファッション情報を発信する

    流行のファッション、最新ファッションショーの取材、着こなしのハウツーなど、ファッションに関する様々な記事を作る。季節の流行を先取りし、多くの読者の心をつかむ情報を発信するためには、アパレル業界との交流による人脈づくりや、街中での情報収集も欠かせない。

  • きものアドバイザー

    個性にあった着物を選ぶプロ

    仕事内容は勤め先によって3つに大別される。着付け教室では講師として着付け技術を指導。着物の専門店やデパートの呉服売場では、販売のスペシャリストとして着付けやメイクのアドバイスも行う。貸衣装店や結婚式場の衣装室ではトータルコーディネイトを担当する。

  • ファッション店員・店長

    洋服店を訪れるお客さまにセンスを生かして最適なファッションや商品を提案

    アパレルメーカー直営店やセレクトショップなどの洋服店で、店舗を訪れたお客さまに洋服を販売する仕事。店員は、商品のディスプレイや管理、接客、会計などを担当する。お客さまの好みやスタイルに応じて、似合う洋服を提案するのも大切な役割。そのため、店舗で扱う商品はもちろん、ファッションの流行や色・素材に関する専門的な知識が求められる。店長は、スタッフの採用や接客の指導、仕入れや売り上げの管理、販売促進のための企画などを担う。店員からステップアップするのが一般的だ。

  • ヘアメイクアーティスト

    求められる状況に合わせた“最高のキレイ”をつくる美容のプロフェッショナル

    ヘアメイクアーティストは、ヘアとメイクを専門に扱う美容のプロフェッショナルです。雑誌や広告、テレビや映画、ショーやブライダルの現場などでクライアントの要望に合わせてヘアスタイリングやメイクをします。類似する職業にメイクをメインで行う「メイクアップアーティスト」がありますが、「ヘアメイクアーティスト」はヘアとメイクの両方を担当します。求められるイメージや相手の希望に合わせてヘアとメイクを仕上げるため、ヘアアレンジやメイクの技術はもちろん、全体のバランスを崩さないようにファッションを含めた知識が不可欠です。ヘアメイクの専門資格ではありませんが、髪をさわるために美容師免許は必ず必要になります。イメージに合わせてヘアとメイクをつくり上げる想像力と表現力、手先の器用さ、手際のよさもヘアメイクアーティストに求められる資質です。専門学校や短大で美容に関するコースを履修し、美容師免許を取って就職するのが一般的ですが、現場で学びながら一人前を目指すことも可能です。

初年度納入金:2019年度納入金 109万円  (入学手続時納入金65万5000円 ※他にテキスト・検定・行事費や海外研修費等の諸経費が別途必要)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

雑誌やカタログ撮影の現場での体験を通して、スタイリストとしての即戦力を育成します
コーディネートやヘアメイク、カメラワークなどの技術を習得し、テーマやプランニングに合わせたコーディネートテクニックで『人』や『モノ』を輝かせる技術を、プロの現場を実際に経験することでマスター!テレビや雑誌、映画の撮影現場でプロのスタイリストについて仕事を体験するインターンシップ授業も豊富です。
2年次は「スタイリスト・プレス」か「ブライダルビューティスタイリスト」のコース選択が可能
「スタイリスト・プレスコース」では雑誌・広告・CM・カタログ・WEBなどのメディアが作られる仕組みを学び、雑誌レイアウト・ビジュアル表現などのスキルを修得。「ブライダルビューティスタイリストコース」では、ブライダル企業へのインターンシップでお客様への対応を学び、ブライダルマナーの知識も身につけます。

授業

『新潟美少女図鑑(C)』の現場で、プロカメラマンによる「カメラワーク」の直接指導も!
大人気のフリーペーパー『新潟美少女図鑑(C)』の誌面を学生がプロデュースし、プロカメラマンや編集者と一緒に制作を行います。雑誌ページの構成やモデルハンティング、撮影用のスタイリング方法などの細かい技術を伝授。スタジオや撮影器具など、全てプロ仕様の設備を使って最新技術を学びます。

実習

スタイリストワークの実習を通して、現場で生かせるテクニックを身につける!
ファッションスタイリスト科のスタイリストワークの授業では、実際のスタイリストの現場を想定し、テーマに合わせたコーディネートの企画から衣装・小物の準備、モデルのヘアメイクまで全て学生が一人で行います。また、ファッションフォトの知識を身につけ、一眼レフカメラの使い方や撮影のコツをプロから学んでいきます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    知識が増えていくごとに、自分のスタイルも変わっていくのが楽しい

    中学の時、古着屋で「服を買う昂揚感」に目覚め、お洒落って素晴らしいと思うようになったんです。好きなものを仕事にしようとファッション系の専門学校に決め、高校2年生からオープンキャンパスに通い詰めました。

    国際トータルファッション専門学校の学生

卒業生

広告スタイリストやブライダルスタイリストとして活躍する先輩との交流会も開催!
スタイリストの道は事務所に所属するか、個人で活躍する方についてアシスタント修業をするかの2つ。ブライダルスタイリストはブライダル企業に所属することが一般的。どの道でもNITFの卒業生は着実にステップアップを重ねています。東京研修で活躍する先輩の話を聞ける機会もあり、進路選択に役立ちます。

研修制度

スタイリスト事務所やブライダル企業と連携したインターンシップ制度が充実!
すでにファッション業界の様々な現場で活躍している卒業生や、交流が深いスタイリスト事務所やブライダル企業の協力をいただき、インターンシップ研修として学生を現場に送り出す制度を用意。実際の仕事内容を理解することはもちろん、在学中から業界の関係者とリレーションを構築できるような仕組みを整えています。

募集コース・専攻一覧

  • スタイリスト・プレスコース

  • ブライダルビューティスタイリストコース

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 色彩検定(R) 、
    • 色彩技能パーソナルカラー検定(R) 、
    • ファッションビジネス能力検定 、
    • ファッション販売能力検定 、
    • 販売士 、
    • メイクセラピー検定 、
    • サービス接遇検定 、
    • コミュニケーション検定 、
    • Excel(R)表計算処理技能認定試験 、
    • Word文書処理技能認定試験

    ネットマーケティング検定

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数62名 )

主な就職先/内定先

    (株)オンワード樫山 、 (株)ユナイテッドアローズ 、 (株)サマンサタバサジャパンリミテッド 、 (株)ストライプインターナショナル 、 (株)アニエスベー 、 (株)ナイスクラップ 、 (株)レイカズン 、 (株)トリート 、 (株)アークベル 、 (株)ウメダニット ほか

※ 2018年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒951-8063 新潟県新潟市中央区古町通7-935 NSGスクエア内
TEL: 0120-945-576(フリーコール)進路相談室

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市中央区古町通7番町935 NSGスクエア内 「新潟」駅からバス0・5・6・7番線 古町下車 3分

地図

 

路線案内