• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ファッション・服飾
  • ファッションコーディネーター
  • 仕事内容
ファッションコーディネーターの仕事内容

ファッションコーディネーターの仕事内容

全国のオススメの学校

アパレルメーカーやファッションブランドにおいて、シーズンごとのコンセプトを決定し、それにともなう商品の選定や買い付けなどを企画する仕事をしているのがファッションコーディネーターです。デザインやマーケティング、営業などのさまざまな部門で幅広く活躍していて、仕事の内容は職場により異なります。

最先端の情報を仕入れて分析、プロデュースする

ファッションコーディネーターの仕事は、来季の流行などの最新情報をいち早くキャッチし、シーズンごとにどのような商品を揃えるのかなどの戦略を練ることから始まります。そのために、ファッションショーやコレクション、展示会などに顔を出し、最先端のファッションコーディネートの情報を集めます。流行りと言われる色や素材、柄、スタイルなどの情報を分析し、ブランドごとのコンセプトを決めていきます。
また、どのようなアイテムが必要とされているか、売れ筋はどのような商品か、マーケティングリサーチをおこなって、予算に合わせて販売企画を立てます。
市場に出す商品を決めたら、バイヤーと相談して実際に現地で買い付けをしたり、製品化するための生地からセレクトしたり、商品入手にはさまざまな方法で取り組みます。仕入れる数量や価格、販売のしかた、ディスプレイなどまでかかわり、一つの商品に対して総合的なプロデュースを手がけることも少なくありません。
ブランドショップや百貨店などに勤めているファッションコーディネーターの場合は、ブランドのコンセプトに沿って店舗内のディスプレイをすることもあるなど、働く場所によって、仕事内容が変わる職種でもあります。

取材協力

都外川 八恵

スタイリング&カラーコンサルタント。COCOLOR代表。 企業向けカラーコンサルや研修はもちろんのこと、「十人十色」の個性を見極め「なりたい」を目指すスタイリングが得意。似合う色だけではなく、似合う質感・柄・形で、ロジカルなメソッドを確立。著書9冊、各種メディアからも取材実績多数。

ファッションコーディネーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路