• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪ハイテクノロジー専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 臨床工学技士科(昼・3年)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオサカハイテクノロジーセンモンガッコウ

臨床工学技士科(昼・3年)

定員数:
80人

病院の医療機器のスペシャリストになる!医師・看護師とともに患者様の治療に携われる臨床工学技士に!

学べる学問
  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 応用物理学

    社会に役立つ新技術開発に向けて、物理学の応用研究をする

    超伝導など新しい物質の性質の研究、ミクロより小さい構造をもつ材料の研究、レーザーや光を使った計測技術、知能ロボットや生物の神経回路を真似た情報処理技術などさまざまな研究が行われている。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    「そのままでは有効活用が難しい」とされている物質でも、加工することによって利用価値の高い「材料」にできます。このように、新たな材料を生み出すことや、それらを活用するための技術を開発・研究する学問が材料工学です。まず、化学、物理、数学といった科目と、材料工学の基礎を学びます。ここで物質の特性をしっかりと理解し、次のステップとして、現在使われている材料について、実験も交えて身につけていきます。金属、無機、有機材料について横断的に学ぶことで理解を深め、専門的な学びや研究へと進んでいきます。卒業後の進路としては、材料系をはじめとするメーカーが挙げられます。また、大学院に進学して研究をつづける人も多いようです。

目指せる仕事
  • 臨床工学技士

    生命にかかわる高度な医療機器を扱う“いのちのエンジニア”

    人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺装置など、生命を維持するための装置を操作し、その保守と点検を行うのがおもな仕事。医学的な知識と工学的な知識を兼ね備えてなければいけない。

初年度納入金:2018年度納入金 154万5000円  (※他、教科書代・資格検定代等別途必要)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

病院の医療機器を取り扱う臨床工学技士を目指して医療と工学の知識・技術を学ぶ
医師の指示のもとに生命維持管理装置を中心とする医療機器の操作・保守・点検を行う臨床工学技士。チーム医療の一員として、多様化・複雑化が進む高度医療に対応できる幅広い視野とチャレンジ精神を持つ医療人を養成します。

カリキュラム

文系出身から医療系をめざす人も安心! 理系科目も基礎から丁寧に学べる
9:00~16:10までの授業時間のなかで、数学や物理は基礎からしっかりと学べるカリキュラムを用意。文系出身や、物理を学んでこなかった方に合わせた授業を展開します。また卒業生講演や病院見学、課題研究、海外研修などの取り組みを通して、幅広い感性を持ち、臨床工学技士の現状と今後について広く学びます。

先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    ものづくりを通じて、技術と知識、プロのマインドを育てる授業

    「大学病院で養った現場経験を活かし、なるべく現場の雰囲気と同じようにすることを意識しています。医療分野でもシミュレーター教育が充実しつつあるので、それらを用いて学生とともに楽しくかつ実務的な実習を行っています」。内視鏡装置の実習では胃のモデルを用意し、子供がボタン電池を飲み込んだ…

    大阪ハイテクノロジー専門学校の先生

実習

業界から信頼のある臨床実習で幅広い専門性を学ぶ
2000名を超える卒業生ネットワークを活かし、幅広い病院実習先を確保。実習では現場で活躍されている方から直接指導を受け、医療現場で必要な知識と技術を習得します。
<主な実習先>京都大学医学部附属病院、大阪大学医学部附属病院、奈良県立医科大学附属病院、兵庫医科大学病院、大阪厚生年金病院ほか。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    命の危険を持って生まれてくる子どもを守る臨床工学技士を目指して!

    オープンキャンパスで臨床工学技士が使う医療機器や実験設備など、実習用の機器が充実していることを知り魅力を感じました。国家資格合格率や就職率が高い上に、アメリカ研修があることも、入学を決めた理由です。

    大阪ハイテクノロジー専門学校の学生

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    ドクターやコメディカルのメンバーと共に、患者様の命を支える仕事です!

    人工透析室での血液透析やアフェレーシス(血漿交換療法など)、ICUでの緩徐式血液浄化療法、呼吸器搬送、ペースメーカーやICDなどのデバイス植え込み・チェックなど、幅広い仕事に携わっています。私たちの仕事は、医者が行う手術のように直接患者様を直すことはできませんが、医療機器の操作や…

    大阪ハイテクノロジー専門学校の卒業生

資格

高い合格率を誇る臨床工学技士国家試験。過去28年間で平均93.3%の合格率を達成
本校は、日本で最初の臨床工学技士養成認定校の1つ。開校以来、平成28年度までの28年間の合格率は93.3%(2242名中2091名合格)。平成28年度合格率95.1%(142名中135名合格 全国平均81.9%)。臨床工学技士養成校としては日本最大規模の学生数を誇ります。

研修制度

アメリカの大学で先進医療の講義・実習や企業・病院見学などを行う海外研修
2年次に実施される海外研修では、アメリカの提携大学を訪れます。現地の医療の現状について講義を受けたり、心臓カテーテル技術などの実習を体験します。

編入学

臨床工学関連の大学への4年次編入学も可能
本学科を修了すると臨床工学関連大学の4年次に編入が可能。臨床工学技士の国家資格を取得してからの入学となるため、4年次の1年間、研究や就職活動にじっくりと取り組み、大学卒業の資格も取得できます。<編入実績>北里大学、大阪電気通信大学など。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 臨床工学技士<国>

目標とする資格

    第1種・第2種ME技術実力検定試験、工業英語能力検定試験(2~4級) ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者248名/就職決定者248名 ※学校全体 )

主な就職先/内定先

    大阪大学医学部附属病院 、 奈良県総合医療センター 、 大阪回生病院 、 草津ハートセンター 、 石切生喜病院 、 千船病院 、 守口敬仁会病院 、 耳原総合病院 、 大阪暁明館病院 、 大阪赤十字病院 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒532-0003 大阪市淀川区宮原1-2-43
フリーダイヤル 0120-33-8119
mail@osaka-hightech.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市淀川区宮原1-2-43 「新大阪」駅からJR1階正面口を出て徒歩 3分
「新大阪」駅から地下鉄2番出口を出て徒歩 3分

地図

 

路線案内


大阪ハイテクノロジー専門学校(専修学校/大阪)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る