• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 岐阜
  • 中日本航空専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 渡辺 愛さん(エアポートサービス科/空港業務スタッフ(グランドスタッフ))

岐阜県認可/専修学校/国土交通大臣指定航空従事者養成施設指定校/岐阜

ナカニッポンコウクウセンモンガッコウ

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

グランドスタッフは子どもの頃から憧れの職業でした。

先輩の仕事紹介

毎日たくさんのお客様をご案内しながら、飛行機の近くで働ける喜びを感じています。

空港業務スタッフ(グランドスタッフ)
エアポートサービス科/2018年3月卒
渡辺 愛さん

この仕事の魅力・やりがい

私の仕事は、中部国際空港のANA国内線チェックインカウンターでの航空券の発券、手荷物の受託、座席の指定や乗り継ぎのご案内、自動チェックイン機の操作のご案内、搭乗口でのご案内です。お客様が安心してスムーズに飛行機に搭乗していただけるようにご案内します。個人の業務スケジュールは毎日異なるので変化があり、たくさんのお客様との出会いと、飛行機の近くで働ける喜びを感じています。先日、ケガをされたお客様のお荷物を私がお持ちして搭乗口までご案内したのですが、後日お客様から「移動の間、楽しくお話しができて傷の痛みが和らいだように感じました。ありがとう」というお礼のメッセージをいただいたのがとても嬉しかったです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

子どもの頃から空港が大好きで、空港でイベントがあると両親に頼んで連れてきてもらっていました。2ヶ月に1度の頻度で中部国際空港に来ていたと思います。カウンターのグランドスタッフの方がとても素敵でずっと憧れていました。その想いは高校生になっても変わらず、卒業後の進路を考える頃、同じくグランドスタッフになる夢をもった同級生2人と、中日本航空専門学校のオープンキャンパスに参加しました。6ヵ月の空港でのインターンシップで実践的な業務を経験できることや、就職率、資格取得率の高さなどが決め手になり、入学を決めました。夢へ一歩近づけたことが嬉しかったです。

仕事内容は多様。毎日違う業務を経験できます。

学校で学んだこと・学生時代

入学してすぐにANA中部空港でのインターンシップが始まりました。憧れの制服に身を包み嬉しい気持ちと緊張感でドキドキしていました。はじめの頃はミスをしないことに精一杯で、お客様が何を求めていらっしゃるかを考える余裕がありませんでした。表情も強張っていたと思います。先輩に教えていただきながら少しずつ業務に慣れていきました。また、飛行機はスタッフが協力・連携して、みんなで出発させることも実感し、チームワークの大切さを学びました。正しい言葉遣いやマナーなど社会人としての自覚も身に付けられた有意義な6ヵ月間でした。

接客のプロフェッショナルを目指して頑張ります。

渡辺 愛さん

ANA中部空港株式会社 旅客サービス部/エアポートサービス科/2018年3月卒/高校から一緒に進学し共に学んだ同級生の2人は、羽田空港で活躍中。就職が決まってから3人で高校の恩師に報告に行ったそうです。渡辺さんからのメッセージは「憧れだけで職業を選ぶのではなく、インターンシップに参加したり、しっかり企業や職種の研究をすることが大切だと思います。私も憧れから入りましたが、夢を叶えるために何をしたらいいかを考えて行動しました。諦めなければ夢が形になります。私もまだまだこれからですが、自分が満足できるような接客ができたらもっと楽しくなると思います。一緒に頑張りましょう」と語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
中日本航空専門学校(専修学校/岐阜)