• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 石川
  • 日本航空大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 航空整備技術科

石川県認可/専修学校/石川

ニホンコウクウダイガッコウ

航空整備技術科

定員数:
40人 (2年制)

航空機をはじめとした製造エンジニアや、注目度高まるドローン操縦士を目指す2コース

学べる学問
  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

目指せる仕事
  • 航空機・船舶技術者・研究者

    航空機や船舶の技術開発や研究を行う

    飛行機や船舶の船体から中で使用される電気・電子装備などすべての機器類の設計・開発を行う。パーツごとに、それぞれが高度に専門科しているので、チームを組んで開発にあたる。特に大型旅客機は国内では生産していないため、海外メーカーと共同で部品や内部設備の設計・製造に取り組む企業もある。

  • 自動車開発・設計

    さまざまな分野の技術者が力を合わせ、新車を作り上げていく

    自動車メーカーで、新車の設計や開発を担当する技術者。商品企画部門が考え、社内会議で採用された新車のアイデアを、技術力を生かして形にしていく。担当は、外観の設計、内部構造の設計、エンジンの開発、制御システムの開発といったように細かく分かれており、デザイン、機械工学、電気・電子工学、ITなど多様な分野のスペシャリストが活躍している。それぞれの部門が連携しながら技術的な課題を解決し、何度も試作車を作って、企画に沿った自動車を完成させていく。

  • 自動車生産・管理

    自動車の生産台数や品質などを管理してグローバルなビジネスを支える

    多くの自動車メーカーは、日本国内だけでなく海外でも自動車を販売している。国内外での販売台数の目標を立て、それに合わせて国内外にある工場で生産する台数を計画したり、効率的な生産方法や技術を生み出したり、計画どおりに生産がされているかどうか、安全性や品質が保たれているかどうかを管理したりする各部門が連携することによって、グローバルな市場でのスケールの大きなビジネスが成り立っている。これらの生産・管理系の職種では、文系出身者も数多く活躍している。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 非破壊検査技術者

    構造物などの内部状態を調査

    素材や構造物を破壊しないで、放射線や超音波などのハイテク技術を使って、欠陥や疲労度を検査する技術者。老朽化した建造物や製品の状態を把握し、常に安全性を追求していくために必要な技術者だ。また、歴史的な建造物や製品など、破壊して検査することが難しいものでも活躍する。

初年度納入金:2019年度納入金 119万円  (入学金25万円含む)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

技術コース/製造・非破壊検査技術を習得したプロの製造エンジニアへ
技術コースでは材質、機械製図や2次元CADを学び、図面を読み取る力を身につけ、充実した実習施設で金属加工や溶接などの製造技術と非破壊検査の知識・技術を習得します。実習科目も豊富で、卒業生は大手重工業グループやメーカーなどで、航空機をはじめ自動車やバイク・建設機器などの製造エンジニアとして活躍しています。
ドローンコース/空撮・測量・災害調査などに活躍するドローン操縦士に
空の産業革命とも呼ばれるドローン(無人航空機)は、空撮・測量・災害調査など、さまざまな分野で活躍しています。近年注目度が高まるそんなドローンのプロフェッショナルを育成するのが、2018年4月設置のドローンコース。高度な操縦技術はもちろん、情報処理、自動制御、機体設計など幅広い専門知識を身につけます。

先生

学科長 松原徹先生からのメッセージ「『人間力』と『技術力』を身につける教育をしています」
「固定翼・回転翼航空機やエンジンの仕組みなどを学び、整備の基本を身につけられます。また、溶接・旋盤等の技術を習得し、ものづくりの楽しさも経験します。グループで協力し作品をつくる中で、チームワークの育成とリーダーシップもとれるようになるでしょう。社会で役立つ『人間力』と『技術力』を育んでいます」。

実習

実習は各コースの学びに応じた最適な場所で!
航空整備技術科では、コースに合わせた場所で実習を行います。技術コースは、旋盤・溶接・切削機械が置いてある各実習室で技術を習得します。ドローンコースは、広大な屋外フィールドや体育館を使用して操縦技術を学びます。

奨学金

多彩な学費減免制度を用意。詳細はお問い合わせください
兄弟・姉妹などの家族が本校の卒業生もしくは在校生の場合、施設・設備費を全額免除したり、実用英語技能検定2級以上などの有資格者の授業料を減免したりするなど、さまざまな学費減免制度を用意しています。また、(公社)日本航空技術協会奨励金制度など、取り扱う奨学金制度もいろいろ。詳細はお問い合わせください。

募集コース・専攻一覧

  • 技術コース

  • ドローンコース

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 危険物取扱者<国> 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 (2級) 、
    • TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 、
    • 実用英語技能検定(英検(R)) 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス 、
    • パソコン技能検定II種試験

    無線航空操縦者資格、ドローン検定、航空特殊無線技士、陸上特殊無線技士、ガス溶接技能者、アーク溶接技能者 ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 2019年3月卒業予定者実績 就職希望者159名※2019年1月現在 )

主な就職先/内定先

    JALグループ 、 ANAグループ 、 スカイマーク 、 バニラ・エア 、 ソラシドエア 、 フジドリームエアラインズ 、 アシアナ航空 、 IHI 、 SUBARU航空宇宙カンパニー 、 日産自動車 ほか

※ 内定先一覧 (学校全体)

※2019年1月現在。開校以来2018年3月卒業生まで14年連続で就職率100%(2018年3月卒業生 就職者144名)を達成

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒929-2372 石川県輪島市三井町洲衛9部27番地7
広報募集部 TEL.0768-26-2205(広報募集部直通)
access@jaaw.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
石川県輪島市三井町洲衛9部27番地7 「穴水」駅よりのと里山空港行バス 15分 「のと里山空港」下車 徒歩3分
「金沢」駅より奥能登特急バス 105分 「のと里山空港」下車 徒歩3分

地図

 

路線案内


日本航空大学校(専修学校/石川)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る