• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 高知工科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 環境理工学群

公立大学/高知

コウチコウカダイガク

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2017年8月時点)

環境理工学群募集人数:90人

「地球に優しい」理工学の基礎と応用技術を追究し、新領域の開拓を図る

初年度納入金
2018年度納入金 68万5800円~83万5800円  (※入学料 高知県外在住者30万円・高知県内在住者15万円、授業料53万5800円(別途7万3300円必要))

募集学科・コース

環境数理専攻

化学専攻

生命科学専攻

マテリアル工学専攻

キャンパスライフShot

Photo
環境をテーマに自然科学分野全般を幅広く学び、地球に優しい理工学の基礎と応用技術を追究し、さまざまな問題解決に取り組む
Photo
走査型電子顕微鏡(SEM)や透過型電子顕微鏡(TEM)などをはじめ、さまざまな先端装置・設備が研究を強力サポート
Photo
複数の専門分野が関係する「学際領域」を学ぶことで、先進科学・環境技術のフロンティアで活躍できる人材をめざす

学部の特長

学ぶ内容
環境理工学群
 「環境」をキーワードに、物理学、化学、生物学分野の多彩な領域で融合的研究・教育を推進してきた環境理工学群。「環境数理」「化学」「生命科学」「マテリアル工学」の4専攻体制で、「理+工」ではなく「理×工」での深化を実現し、理学的知識と工学的センスを兼ね備えた「総合力のある人材」となることをめざしています。自然界の成り立ちの根源を、数学的言語を用いて探る「理学(Science)」。世界の合理的理解に基づいて人間の利益となる技術の開発をめざす「工学(Engineering)」。この二つは、その内在的価値観の相違に基づく緊張をはらみつつ、相互に相手を必要とする補完関係にあります。これから科学技術の研究開発に携わるものにとって、この両方の価値観に触れて、各自がそれらを包含するより高い認識をめざすことは、個々の学問の技術的側面の修得と並んで、今後必須となるはずです。2017年4月より、下記4専攻に移行。
◎環境数理専攻
 自然科学と環境学の幅広い知識とデータサイエンス的スキルを基本に、さまざまな分野において、地球と地域で活躍する上で必要な能力を涵養します。
◎化学専攻
 無機化学、物理化学、有機化学、高分子化学などの広い知識をベースに、環境に負荷をかけない物質や合成法、機能物質の創成に挑みます。
◎生命科学専攻
 分子生物学を基本として、細胞内で起こっている代謝反応や発生プロセスを分子のレベルで理解し、その応用としてバイオ医薬品関連の開発に挑みます。
◎マテリアル工学専攻
 材料科学を数学、物理学、化学、生物学などの幅広い自然科学の素養に基づいて学び、これまでにない機能を発現する材料の開発に、新奇な発想で挑みます。
制度
学群・専攻制
「学科」という枠組みを超えた「学群・専攻制」を採用し、幅広い工学の領域から、目的や興味に合わせて学びたい分野を見極めることができます。1・2年次は学群のみに所属し、大きな枠の中で視野を広げ、3年次より専門分野となる専攻を選択します。社会が求める「深い専門性」と「幅広い視野」を身につけ、社会が求める、ゼネラリスト的資質を併せ持ったスペシャリストを育成します。また、3年次の専攻決定に際して主たる「専攻」に加え、「副専攻」も選択できる(副専攻については他学群からも選択可能)教育システムです。

就職率・卒業後の進路 

■就職率/98.3%(就職者数237名)
■大学院進学者/112名
(2017年3月、工学系3学群卒業生 実績)

問い合わせ先・所在地

〒782-8502 高知県香美市土佐山田町宮ノ口185
TEL:0887-57-2222
E-mail:query@ml.kochi-tech.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
香美キャンパス : 高知県香美市土佐山田町宮ノ口185 JR土讃線「土佐山田」駅 下車、バス(高知工科大学行き)で10分

地図

 

路線案内


高知工科大学(公立大学/高知)