• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 徳島医療福祉専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 作業療法学科

徳島県認可/専修学校/厚生労働大臣指定校/徳島

トクシマイリョウフクシセンモンガッコウ

作業療法学科

定員数:
40人

作業療法士は、身体や精神の障害によって生じた生活障害に対するリハビリテーションを通して社会に貢献する仕事です。

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

初年度納入金:2019年度納入金 141万円  (入学金40万円を含む 授業料分納制)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

社会生活を送る際の課題に対処するための評価技法や援助方法、社会的サービスなどを学びます
解剖学や生理学などの基礎医学から人体の仕組みを、内科学や整形外科学、精神医学などの臨床医学から病気やケガによる障害について学びます。身体や精神に引き起こされる障害をより詳しく理解するための検査・測定方法や、援助方法についての理論と技術の講義を受け、臨床実習で応用する力を身に付けます。

カリキュラム

1年次の学習テーマは、ひとの身体やこころの仕組みを学び、健康と障害について理解することです
解剖学、生理学、運動学等の基礎医学を学び、リハビリテーションの中で展開される作業療法の役割を理解します。評価学では、身体・精神機能に対応した検査についての講義や実習を行います。また、陶芸や木工等の作業活動を体験して活動の要素の分析や、車椅子体験を通して、障害者の生活環境についても理解を深めます。
2年次の学習テーマは、臨床医学の知識を深め作業療法の評価や援助方法を理解することです
内科学や整形外科学、精神医学などの臨床医学では、病気やケガの症状と治療について学習します。各領域の作業療法学で対応すべき課題について、理論から手段までを講義・演習を含めた総合学習にて理解を深めます。病院・施設での評価実習では、実際に対象者の評価や援助方法について学びます。
3年次の学習テーマは、総合臨床実習を通して作業療法の評価や援助方法を実践することです
臨床の第一線で活躍している作業療法士による特別講義など幅広く作業療法について学びます。各病院・施設で行われている総合臨床実習では2年次までに学習した知識や技術を基に、臨床の作業療法士からの指導・助言を受けて臨床実践力を身に付けます。国家資格取得のために基礎医学から専門科目まで幅広く学習します。

先生

  • point 作業療法を学ぶことで、広がる将来の仕事

    身につくのは、作業療法の専門的知識・技術、高いコミュニケーション力

    作業療法の専門的知識や技術、人との関わりの中で必要なコミュニケーション能力を修得し、病院や訪問リハ・通所サービス・介護施設等様々な機関で活躍できる専門職。濱 敬介先生と学生さんにお話をお聞きしました。

    徳島医療福祉専門学校の先生

実習

臨床実習で得た「自覚」と「確かな技術」から生まれる、高い国家試験合格率
学習した知識と技術を統合するため、臨床実習に大きな力を入れています。臨床実習は1年次から段階的に実施され、3年次には20週にわたり実施。現場を体験することで、リハビリテーション医学の専門家としての自覚と確かな技術力、また自信が身につき、国家試験受験においても高い合格率を残しています。

学生

「見学実習で学んだコミュニケーションの大切さ。自然とがんばれる環境にも感謝」
「発達障害の子どもに対する作業療法を見学し、積極的に作業に取り組んでもらうためには、コミュニケーションをしっかりとり、心を開いてもらうことが大切だと学びました。先生も学生も同じ目標に向かって一致団結しているので、くじけそうになったときも自然とがんばれる環境です」。松浦 杏奈さん/作業療法学科1年

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    引きこもりや寝たきりの生活をなくすため、地域ぐるみでケアしていきたい

    私の仕事は、患者様が自宅で不自由なく生活ができるように支えること。退院が決まると喜ばれる一方、「家に戻っても病院と同じようにできるかどうか…」と、相談に来られる方もたくさんいらっしゃいます。そういった不安や悩みを打ち明けられると「頼りにされているんだな」とやりがいを感じると同時に…

    徳島医療福祉専門学校の卒業生

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 作業療法士<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者29名、決定者29名 )

主な就職先/内定先

    稲次整形外科、鴨島病院、きたじま田岡病院、小松島病院 、 障害者支援施設春叢園、田岡病院、徳島県鳴門病院 、 中洲八木病院、ねむのき児童発達支援事業所、ホウエツ病院 、 リハビリテーション大神子病院 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

※病院・福祉施設等、全国各地で卒業生が活躍しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒771-4307 徳島県勝浦郡勝浦町大字三渓字平128-1
TEL:0885-42-4810
info@tokushima-iryou.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
徳島県勝浦郡勝浦町大字三渓字平128-1 「徳島」駅から徳島バス勝浦線 横瀬東下車  50分 バス下車後 徒歩10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

徳島医療福祉専門学校(専修学校/徳島)