• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京情報デザイン専門職大学(仮称)
  • 学校の特長

専門職大学・専門職短期大学/私立大学/東京

トウキョウジョウホウデザインセンモンショクダイガク

2023年4月設置予定(認可申請中)

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

実践的で質の高い職業教育で、DX新時代に求められる「情報デザインエンジニア」に

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、IT技術の進化・浸透により、社会やビジネス、人々の生活をよりよく変革すること。本学では、IT技術を駆使してビジネスや社会の仕組みをデザイン(企画・立案・設計)する、DX新時代に求められる「情報デザインエンジニア」の育成を目指します。職業を重視した実践的な教育で、理論と実践をバランスよく学習。社会・産業における課題を発見し、解決する力を高めます。また、「情報学・情報工学」と、人間社会におけるモノ・コトの計画~設計を実践する広義の「デザイン学」の2つの学問領域を修得・融合し、その成果をビジネス・社会へ幅広く展開できる知識・スキル・コンピテンシーを身につけます。学校の特長1

先生・教授・講師が魅力的

情報技術の分野に精通した経験豊富な教授陣が学修をサポート

情報・情報技術の分野に精通した実務家の教員が指導を担当。ツール・アプリケーションの使い方やプログラミングといった基礎的な技術・知識を身につけるだけに留まらず、情報学の専門性と創造力をビジネスや社会へ展開していく実践的な手法を、経験を交えて指導します。また、情報エンジニアとして活躍を続けるために欠かせない自律的なキャリア意識や、他の組織や人材と連携・協力するためのコミュニケーションスキルも、講義や実践を通じて磨きます。学校の特長2

インターンシップ・実習が充実

600時間以上のインターンシップや産官学連携プログラムで実践的にスキルを磨く

企業の現場で学ぶ「臨地実務実習」では、本学が定める分野の企業で、1人あたり600時間以上のインターンシップを実施。また、本学を運営する学校法人滋慶学園は江戸川区と包括的連携の協定を締結しており、産・官・学や地域と連携したプログラムを通じて、企業や社会の問題解決のための課題への取り組みを通じて、ビジネスやプロジェクト運営を経験し、実践的なスキルを学び、ビジネススキルを磨くことが可能です。学校の特長3
東京情報デザイン専門職大学(仮称)(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る

RECRUIT