進学トレンド

評定平均はどう計算される?推薦入試の基準になる?【ミニコラム】

評定平均はどう計算される?推薦入試の基準になる?【ミニコラム】

高校受験のときに内申点を気にしていた人も多いことでしょう。
 

大学受験では、内申点と呼ばず評定となります。
 
一般入試を受験する人が多いものの、推薦入試を選ぶ人も増えてきました。
 
特に私立では割合が増えており、AOと推薦で入学する人が約半数となっています。

 

評定平均の計算方法

評定平均の計算方法はシンプルです。
全科目の成績(5段階)を足し合わせ、科目数で割った数となります。

小数点以下第2位を四捨五入するため、3.7や4.6といった数で表されます。10段階評価の場合の5段階への直し方は、学校毎に定められた換算基準により異なります。
 
例えば、10段階のうち9と10が5になる学校もあれば、8、9、10が5になる学校もあるということです。高1、高2の全ての評定、高3の1学期の評定で計算されます。
 

卒業間際の成績ではなく、高1からの定期テスト結果が反映される仕組みです。
 
その為、もうすぐ受験だからといって頑張っても、時すでに遅し!評定平均を上げるためには、高1、高2の時からしっかり頑張らなければいけないのです。

推薦入試の出願基準となる評定平均

評定平均は、大学の推薦入試を考えている人には重要なものとなります。
 

大学入学者選抜において文部科学省で定められた学習成績概評はA~Eに分けられており、
評定平均別にA(5.0~4.3)、B(4.2~3.5)、C(3.4~2.7)、D(2.6~1.9)、E(1.8以下)となっています。

推薦入試を実施する大学(学部、学科)別に成績基準が定められ、基準を満たす評定平均を持っている人のみ受けることが可能です!

指定校制推薦で選抜されると合格率はほぼ100%

推薦入試には指定校制推薦と公募制(一般、特別)推薦があります。
 
大学が指定した学校に対して枠が設けられており、高校別に○○大学6人、△△大学3人といった形で人数が決められています。
 

校内選抜での第一基準は評定平均です。基準に達していなければ選んでもらうことはできません。
 
また、基準の評定平均が高校別に異なっているという話もあります。
 

なお、指定校制推薦は専願であるパターンが一般的です。併願したり、後から合格を取り消すことができないので、よく考えてから決めましょう。

コツコツ頑張った人に有利となる推薦入試

大学受験では、最後の夏以降にグンと伸びて志望校への切符を勝ち取るドラマのような展開も見られますが、高1からコツコツ頑張ってきた人にチャンスのある推薦入試という方法もあります。
 
自分らしい形で志望校への切符をつかんでくださいね!

 

***
★大学・短期大学(短大)を探してみよう!
 
★【気になる仕事・学問・資格】 × 【行きたいエリア】 から専門学校を探してみよう!
 

***

★ほかの記事もCHECK!
 
先輩に聞いたAO入試体験談! 「美容系の専門学校の面接ってどんな感じ?」の巻
 
先輩に聞いたAO入試失敗談! 「AOでは不合格、一般入試で合格」の巻
 
推薦・AO入試を受験するなら必見!面接のNG&OK回答例
 
【推薦・AO入試】面接でのありがち“NG 回答”例

スタディサプリ進路 編集部

ページのトップへ