• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • マスコミ・芸能
  • DJ
  • ズバリ!将来性は?
DJのズバリ!将来性は?

DJのズバリ!将来性は?

全国のオススメの学校

クラブが広く社会に認められ、根付いている欧米などに比べて、まだまだ遅れを取っている日本。逆に考えれば、将来的に伸びしろがあるということです。今後、日本にクラブが増えて、文化として広まっていけば、腕のいいDJが求められるようになるでしょう。
また、規模の大小を問わず、さまざまなパーティーが今後開催されるようになれば、場を取り仕切り盛り上げる役割を担うDJが必要になります。さらに音楽配信サービスの選曲、まとめを行うような仕事も出てくるかもしれません。

クラブ文化の発展

日本は、クラブ文化先進国の欧米などに比べれば、まだまだクラブ文化において後進国です。しかし日本のクラブシーンは近年メジャーになりつつあり、今後、クラブの数が増え、クラブ文化が日本でも広がり、浸透していくと考えられています。それに伴い、良質なDJが求められるようになると予想されています。そのニーズにこたえられるように、DJとしてのスキルを磨くことが大切です。

広がる活躍の場に合わせ、スキルを磨く

レストランやカフェなどの比較的小さなスペースから大規模なイベント会場や屋外など、さまざまな場所で開かれるパーティーは、DJの活躍の場です。クラブ文化の発展に伴ってDJのニーズが高まれば、さまざまなパーティーにDJが呼ばれてパフォーマンスを披露する機会が増えるでしょう。その場ごとにふさわしい選曲や曲のアレンジなどをして、会場を盛り上げるスペシャリストとしてのDJが求められるようになるわけです。そのためには、日々、音楽に関する知識を深め、新しい音楽を積極的に取り入れる姿勢が大切です。また、広く深い音楽に関する知識と選曲のセンスを身につければ、音楽配信サービスにおいて、提示されたテーマに沿って曲を選びまとめるキュレーター(情報や資料、作品等を収集し、まとめて提供する「キュレーション」を行う人)のような役割を担う場面も出てきそうです。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

DJを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路