• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 琉球大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理学部

国立大学/沖縄

リュウキュウダイガク

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2018年8月時点)

理学部

定員数:
200人

理学部

学べる学問
  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 地球・宇宙科学

    理論と観測を通して宇宙の成り立ちや現象を解明する

    誕生から45億年と言われている地球についてあらゆる角度から研究したり、宇宙そのものを対象として実験や観測を通してその謎を解明したりする。また、宇宙ステーションやロケットの研究など工学的な研究をする。

bug fix
初年度納入金:2018年度納入金(参考) 81万7800円  (文部科学省令で定める2018年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)
bug fix

募集学科・コース

数理科学科

物質地球科学科

物理系

地学系

海洋自然科学科

化学系

生物系

学部の特長

学ぶ内容

理学部
 数理科学科では、情報、科学技術が発達した現代社会において求められている人材を養成するとともに、数学と情報科学の発展のために専門の教育を行う。1、2年次に微分積分学や解析学の基礎理論を身につけ、3年次から発展した現代数学の理論を学ぶ。
 物質地球科学科は、物理系と地学系からなり、素粒子から地球・宇宙まで広範な研究を行う。物理系では、物性物理学、素粒子物理学、宇宙物理学などを学ぶ。地学系では、大気圏、水圏、岩石圏で起きている現象について、地質学・物理学・化学・生物学などの手法を用いて研究を行う。物質基礎学、物質情報学、海洋地圏科学、海洋水圏科学の4大講座を設置している。
 海洋自然科学科は、化学系と生物系からなる複合学科。化学系では、化学の基礎分野として物理化学、有機化学、無機化学、分析化学および地域特性分野として海洋化学を学ぶ。生物系では、琉球列島の豊かな自然環境が持つ特色を最大限に生かし、多様な生命現象とその根底にある基本原理の理解を目指す。

就職率・卒業後の進路 

民間69、公務員14、教員15。

問い合わせ先・所在地

〒903-0213  沖縄県中頭郡西原町字千原1 
TEL (098)895-8141、8142 (学生部入試課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
千原キャンパス : 沖縄県中頭郡西原町字千原1 「那覇空港」から、市内線でバスターミナル下車、バス(97)で「琉大東口」またはバス(98)で「琉大北口駐車場」下車 約40~50分

地図

 

路線案内

※こちらのページは旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2018年8月時点)


琉球大学(国立大学/沖縄)