• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 桜美林大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • グローバル・コミュニケーション学群

桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群

定員数:
250人

急速に進化するグローバル社会で必要な英語や中国語を身につけて、世界で活躍する人になる

学べる学問
  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 語学(英語以外外国語)

    アジア、ヨーロッパなどの各国の言語と文化・歴史などを学ぶ

    中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語などの外国語を使う力を養う。それぞれの言語を使う国々の文化、社会、政治、歴史などについても学び、外国への理解を深める。

目指せる仕事
  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 外務公務員

    外務省や大使館、領事館で、日本の安全と繁栄を守る

    外務省(東京の霞が関にある本省と海外にある大使館など)で働く人たちが外務公務員。めまぐるしく変化する国際社会の中で、私たちが未来にわたり安全で豊かな生活が送れるように、外交政策を企画・立案する。その政策をもとに、世界中に設置された在外公館のネットワークを通じて外交の最前線で働く。

  • 国際ボランティア・NGOスタッフ

    民間レベルで、国際協力を行う

    政府間での国際協力とは異なり、NGOと呼ばれる民間の組織で、開発、飢餓、教育、難民、環境、人権など、それぞれの得意分野をもちながら、有償スタッフまたはボランティアとして国際協力を行う。それぞれの団体に直接応募して、主に海外の現地で働く。

  • 青年海外協力隊員

    開発途上国に赴いて現地の開発事業に協力する日本人ボランティア

    アジア、アフリカなどの開発途上国に派遣され、現地でコミュニティー開発、防災・災害対策、上下水道の整備、森林保全、スポーツ指導などさまざまな事業に協力するボランティア。独立行政法人 国際協力機構(JICA)が募集しており、対象は20~39歳の日本人。派遣される期間は原則として2年間。往復旅費、現地生活費、住居費などは支給されるが報酬はない。募集職種によっては、大卒以上の学歴や実務経験、該当分野の専門知識・技術が問われる。青年海外協力隊への参加を足掛かりに、NGOや国際機関での国際協力活動に進む人も多い。

bug fix
bug fix

桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群の募集学科・コース

全員が一学期間(約15週間)留学。外国語運用能力を高めると同時に、グローバルな視野の獲得をめざす

桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群のキャンパスライフShot

桜美林大学 授業の空き時間に英会話やTOEFL iBT(R)  Test英会話対策講座を受講できます。
授業の空き時間に英会話やTOEFL iBT(R)  Test英会話対策講座を受講できます。
桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群の学生は全員、1学期間相当海外へ留学。
グローバル・コミュニケーション学群の学生は全員、1学期間相当海外へ留学。
桜美林大学 学内の「Brown Bag Cafe」では英語のみ。実践的な会話ができます。
学内の「Brown Bag Cafe」では英語のみ。実践的な会話ができます。

桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群の学部の特長

グローバル・コミュニケーション学群の学ぶ内容

外国語教育
外国語を学ぶ語学技能科目では、聴く・話す・読む・書くの4技能のスキルアップを図ります。一日中、外国語に囲まれて集中的に学び、学んだ言語を授業中、授業外で使う環境を用意しています。
グローバル・スタディーズ科目
〈日本文化系科目群〉日本の文化、歴史、芸術、宗教などの授業を通して、日本を広く客観的に学び、多様な視点を確立します。日本の文化、近代の日本文化論、日本文学概論、日本の近代史、比較文学研究、日本の思想と宗教などの科目が用意されています。
〈グローバル社会系科目群〉日本を理解するとともに、世界にも目を向け、異文化理解、経済、経営などを英語または中国語で学び、テーマに沿ってグローバル社会の発展を理解する科目群です。英米文化講読、中国文化史、中国文化論、異文化コミュニケーション論、金融と経済、日本型経営論、現代の産業と企業、国際政治論、国際関係論、比較社会論、グローバル社会とジェンダーなどの科目が用意されています。
海外留学
本学群の学生は全員、アメリカやオーストラリア、中国などの提携大学に1学期間相当(約15週間)留学し、外国語運用能力を高めると同時にグローバルな視野の獲得をめざします。派遣先の提携大学では、滞在する国の地域貢献活動と大学での学習をセットにしたプログラムや起業プロジェクトを提供。現地の授業料は本学の学費に含まれ、卒業時に必要な単位としても認定されます。アメリカ・中国には本学の現地事務所があり、安心して留学できる体制を整えています。

グローバル・コミュニケーション学群の学部のプロフィール

グローバル・コミュニケーション学群
グローバル・コミュニケーション学群では、語学に関する充分な時間と学習量を確保し、徹底的に英語または中国語を鍛えます。2年次春学期または秋学期の1学期間相当、英語圏または中国への海外留学は全学生必修。さらに語学力に磨きをかけます。帰国後は英語または中国語で授業を受け外国人留学生とともに社会の変化に対応できる力とリーダーシップを様々なグループワークで身につけます。

グローバル・コミュニケーション学群の学生支援・制度

グローバル・リーダーシップ・セミナー
さまざまな国籍の外国人留学生とグループを構成し、グローバル企業のリーダーシップ論や、多様な事業事例を取り上げます。そこで、リーダーが取るべき行動や組織・構成員を導き、事業を成功させる方法について、ディスカッション、プレゼンテーションなどのグループ・プロジェクトによって、実践的に学び、グローバルに活躍できるリーダーシップを身につけます。

桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群の入試・出願

桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群の学べる学問

桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群の目指せる仕事

桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群の就職率・卒業後の進路 

■卒業後の活動分野(予定)
卒業時にはTOEIC(R) LISTENING AND READING TEST710点、中国語検定2級以上などを取得。グローバル企業や国際機関等で中核となり活躍する人材をめざします。
●外資系企業や国際機関
●海外を含む大学院への進学

桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群の問い合わせ先・所在地

〒252-0206 神奈川県相模原市中央区淵野辺4-16-1
042-704-7011 

所在地 アクセス 地図・路線案内
プラネット淵野辺キャンパス(PFC) : 神奈川県相模原市中央区淵野辺4-16-1 JR横浜線「淵野辺」駅からJR北口直結 1分

地図

 

路線案内


桜美林大学(私立大学/東京・神奈川)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る