• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 志學館大学

私立大学/鹿児島

シガクカンダイガク

小規模大学ならではのきめ細やかな指導と進路支援

本学は4学年あわせて定員1220人。学生と教職員が楽しく語らえるアッホームな大学で、学生一人一人に対する細やかな指導が自慢です。高い就職率や資格試験の合格実績からも学生を伸ばす大学と評価して頂いています。

志學館大学の特長

学校の特長1

学ぶ楽しさとスキルを提供する「共通教育プログラム」をはじめ、学生のサポートが万全

本学では大学生として不可欠な基礎的教養の習得を目指し、学びの楽しさとスキルを提供する「共通教育プログラム」が充実。高校時代に学んだ一般教養の知識が備わっているかを確認する「FKテスト」や、基礎科目となる「総合教養講座」、指定された文献を読み読書レポートの作成を行う「読書課題」、レポート作成やプレゼンテーション方法を学ぶ「学問へのステップ」など、低学年次からステップアップしていけるようなプログラムが組まれています。また、留学を志す学生を支援するサポート体制も万全。さらに、学業や生活面、進路など、マンツーマンで相談にのる指導教員制をしき、より丁寧に学生一人ひとりと向き合う人間教育を展開しています。

学校の特長2

学内で無料課外講座を開講し、難関の国家試験対策も万全

本学では学生自身が将来の目的・目標を見つけ、それを実現できるように、1年次から「キャリア形成科目」を設け、進路への意識を高める授業を行っています。また、資格センターでは、「公務員採用試験対策講座」をはじめ、「法科大学院試験対策講座」、「宅地建物取引士試験対策講座」「行政書士試験対策講座」「TOEIC対策講座」「FP技能検定対策講座」など、無料で受講できる対策講座を多数開講しています。

学校の特長3

学生各々の適性を見極め能力開発!長年の実績で企業の信頼を集める進路支援センター

本学は「時代に即応した堅実にして有為な人間の育成」という建学の精神のもと、学生一人ひとりの進路を支援しています。指導教員や進路支援センター員が、常日頃から学生たちと接触。それぞれの特性や志望を十二分に把握したうえで、社会や企業のニーズに沿った人材を送り出しています。また低学年次からスタートさせていく「キャリア形成」科目群も本学ならではの特徴の一つといえるでしょう。なかでも企業人をはじめとする外部講師による企業サイドの実態や求める人物像についての講義は、学生たちの就職活動へのモチベーションを高めています。さらには正規の科目として「インターンシップ」も積極的に展開しています。

右へ
左へ
学校の特長1

学ぶ楽しさとスキルを提供する「共通教育プログラム」をはじめ、学生のサポートが万全

本学では大学生として不可欠な基礎的教養の習得を目指し、学びの楽しさとスキルを提供する「共通教育プログラム」が充実。高校時代に学んだ一般教養の知識が備わっているかを確認する「FKテスト」や、基礎科目となる「総合教養講座」、指定された文献を読み読書レポートの作成を行う「読書課題」、レポート作成やプレゼンテーション方法を学ぶ「学問へのステップ」など、低学年次からステップアップしていけるようなプログラムが組まれています。また、留学を志す学生を支援するサポート体制も万全。さらに、学業や生活面、進路など、マンツーマンで相談にのる指導教員制をしき、より丁寧に学生一人ひとりと向き合う人間教育を展開しています。

学校の特長2

学内で無料課外講座を開講し、難関の国家試験対策も万全

本学では学生自身が将来の目的・目標を見つけ、それを実現できるように、1年次から「キャリア形成科目」を設け、進路への意識を高める授業を行っています。また、資格センターでは、「公務員採用試験対策講座」をはじめ、「法科大学院試験対策講座」、「宅地建物取引士試験対策講座」「行政書士試験対策講座」「TOEIC対策講座」「FP技能検定対策講座」など、無料で受講できる対策講座を多数開講しています。

学校の特長3

学生各々の適性を見極め能力開発!長年の実績で企業の信頼を集める進路支援センター

本学は「時代に即応した堅実にして有為な人間の育成」という建学の精神のもと、学生一人ひとりの進路を支援しています。指導教員や進路支援センター員が、常日頃から学生たちと接触。それぞれの特性や志望を十二分に把握したうえで、社会や企業のニーズに沿った人材を送り出しています。また低学年次からスタートさせていく「キャリア形成」科目群も本学ならではの特徴の一つといえるでしょう。なかでも企業人をはじめとする外部講師による企業サイドの実態や求める人物像についての講義は、学生たちの就職活動へのモチベーションを高めています。さらには正規の科目として「インターンシップ」も積極的に展開しています。

右へ
左へ
学校の特長1

学ぶ楽しさとスキルを提供する「共通教育プログラム」をはじめ、学生のサポートが万全

本学では大学生として不可欠な基礎的教養の習得を目指し、学びの楽しさとスキルを提供する「共通教育プログラム」が充実。高校時代に学んだ一般教養の知識が備わっているかを確認する「FKテスト」や、基礎科目となる「総合教養講座」、指定された文献を読み読書レポートの作成を行う「読書課題」、レポート作成やプレゼンテーション方法を学ぶ「学問へのステップ」など、低学年次からステップアップしていけるようなプログラムが組まれています。また、留学を志す学生を支援するサポート体制も万全。さらに、学業や生活面、進路など、マンツーマンで相談にのる指導教員制をしき、より丁寧に学生一人ひとりと向き合う人間教育を展開しています。

学校の特長2

学内で無料課外講座を開講し、難関の国家試験対策も万全

本学では学生自身が将来の目的・目標を見つけ、それを実現できるように、1年次から「キャリア形成科目」を設け、進路への意識を高める授業を行っています。また、資格センターでは、「公務員採用試験対策講座」をはじめ、「法科大学院試験対策講座」、「宅地建物取引士試験対策講座」「行政書士試験対策講座」「TOEIC対策講座」「FP技能検定対策講座」など、無料で受講できる対策講座を多数開講しています。

学校の特長3

学生各々の適性を見極め能力開発!長年の実績で企業の信頼を集める進路支援センター

本学は「時代に即応した堅実にして有為な人間の育成」という建学の精神のもと、学生一人ひとりの進路を支援しています。指導教員や進路支援センター員が、常日頃から学生たちと接触。それぞれの特性や志望を十二分に把握したうえで、社会や企業のニーズに沿った人材を送り出しています。また低学年次からスタートさせていく「キャリア形成」科目群も本学ならではの特徴の一つといえるでしょう。なかでも企業人をはじめとする外部講師による企業サイドの実態や求める人物像についての講義は、学生たちの就職活動へのモチベーションを高めています。さらには正規の科目として「インターンシップ」も積極的に展開しています。

右へ
左へ

志學館大学からのメッセージ

進学ガイダンスのお知らせ(9月)

受験生、保護者、教員を対象に、本学の入試制度等について説明します。
進学に関する相談や質問等がありましたら、本学スタッフにご相談ください。
皆様のご参加をお待ちしています。

9月13日(水)15:30~18:00
【鹿屋会場】ホテルさつき苑

9月14日(木)15:00~18:00
【鹿児島会場】ジェイドガーデンパレス

9月15日(金)14:30~18:30
【鹿児島会場】ジェイドガーデンパレス

(9/13更新)

志學館大学の学部・学科・コース

心理臨床学科 (定員数:130人)

  • 心理臨床実践コース

  • 社会産業心理コース

  • 学校教育心理コース

  • 精神保健福祉コース

人間文化学科 (定員数:50人)

  • 日本語日本文学コース

  • 英語英米文化コース

  • 歴史地理コース

法律学科 (定員数:70人)

法ビジネス学科 (定員数:60人)

学費(初年度納入金)

2017年度納入金/全学科共通 101万5000円
(入学金15万円、授業料60万円、教育充実費26万5000円を含む。その他、委託徴収金が必要)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数276名
就職希望者数202名
就職者数199名
就職率98.5%(就職者数/就職希望者数)
進学者数24名

就職支援

進路支援センターによるサポートの他、キャリアデザインで輝く未来を実現!

進路支援センターの職員が学生一人ひとりと面談し、各々の特性や志望を把握した上で進路相談に応じる他、グループディスカッション、ビジネスマナー研修会、模擬面接会などを実施し、厳しい就職戦線を突破するための力を養います。また、一時的な就職活動計画だけではなく、自己と社会の相互作用を意識しながら自立に向け積極的に動く「キャリアデザイン」(進路支援システム)で学生一人ひとりのステップアップをサポート。1年次から4年次にかけて、個人の目標や学習成果をウェブ上で管理できるシステム「e-ポートフォリオ」を活用し、自己分析に努めながら、夢の実現に向けて取り組んでいきます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報課

〒890-8504 鹿児島県鹿児島市紫原1-59-1
TEL:099-812-8501 (代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
志學館大学 : 鹿児島県鹿児島市紫原1丁目59-1 JR「南鹿児島」駅から徒歩約10分
市電「南鹿児島」駅から徒歩約10分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年12月07日 10:47 BLOG

    11月12日に愛知県で行われました全日本女子学生剣道優勝大会に本学剣道部女子が出場しました。昨年に引き続き2年連続出場となり、今年こそは一回戦突破を目指していましたが、大東文化大学に接戦の末、惜しくも負けてしまいました。結果は一回戦敗退となりましたが、全国での一勝も目の前に来ていると感じる試合でした。 この大会で4年生が1人引退となり、新体制での活動がスタートしますが、昨年、本年のメンバーが多く在籍しています。来年は上位入賞目指して本年以上に頑張ります。 たくさんのご支援、ご声援ありがとうございました。

    http://www.shigakukan.ac.jp/information/topics/36.html

  • 2017年12月04日 16:09 BLOG

    KKBスーパーJチャンネル 原口教授の「維新人物伝」 12月は 5日「西郷と主君斉彬」 12日「赤山靱負」 19日「ジョン万」 26日「大久保利通 大変身」 本学人間関係学部教授原口泉先生がKKB鹿児島放送の「KKBスーパーJチャンネル」に出演されます。 大学の講義風のスタイルをとりつつ、西郷隆盛や小松帯刀など毎月一人の偉人を取り上げ、老若男女にわかりやすく、その偉人にまつわる逸話や格言などを紹介します。 原口先生の軽妙なトークをお楽しみに! KKBスーパーJチャンネル 毎週月曜~金曜 午後6時25分~ 原口教授の「維新人物伝」 放送予定:毎週火曜日2~3分程度 放送期間:2016年7月~2018年10月 これまでの放送 2017年11月 パークス、アーネスト・サトウ、有村兄弟、維新の女性 2017年10月 グラバー、ウィリアム・ウィリス 2017年9月 大山 巌、川村純義 2017年8月 調所広郷、新納久修、岩下方平 2017年7月 調所広郷、新納久修 2017年6月 湯地定基・乃木静子兄妹、永山武四郎、村橋久成、町田久成 2017年5月 黒田清隆 2017年4月 村田新八、篠原国幹 2017年3月 西郷イト、愛加那 2017年2月 西郷従道、西郷吉二郎、西郷小兵衛 2017年1月 島津久光 2016年12月 前田正名 2016年11月 大久保利通 2016年10月 西郷隆盛 2016年9月 五代友厚 2016年8月 西郷菊次郎 2016年7月 小松帯刀

    http://www.shigakukan.ac.jp/information/topics/12_5.html

  • 2017年12月01日 15:14 BLOG

    来年のNHK大河ドラマは鹿児島が舞台の「西郷どん」。 本学の学生10名が、チーム「大河ドラマ愛好会」を結成し、NHK鹿児島放送局の「大河ドラマ『西郷どん』を見たくなるような30秒のPR動画の台本募集」に応募しました。 選考の結果、採用された3作品の内の1つに選ばれ、NHKスタッフの指導・補助のもと、実際に学生が撮影・編集などの映像制作を行いました。 完成したPR動画は、12月からNHKの総合テレビやEテレで放映される他、NHK鹿児島放送局のホームページにも掲載されます。 初回放送は、本日12月1日午後10時49分NHK総合です。ぜひご覧ください! ▲撮影の様子(10月下旬 黎明館の茶室にて) *撮影の模様は近日「志學館ブログ」で公開します。お楽しみに! 初回放送 12月1日(金)午後10時49分 NHK総合 【採用作品】 「篤姫から西郷へ」(志學館大学/チーム名:大河ドラマ愛好会) 「キャッチボール」(鹿児島大学/チーム名:おでん) 「おいは西郷どん!」(鹿児島純心女子短期大学/チーム名:大なり小なり) (順不同)

    http://www.shigakukan.ac.jp/information/topics/pr_1.html

  • 2017年12月01日 09:00 BLOG

    在学中、日本学生支援機構奨学生であって、平成28年3月までに学業を終えられた方は、10月から奨学金の返還が開始されています。 奨学金は、口座振替により返還することとなっていますが、例年、最初の引き落としができない方がいるそうです。 返還金が口座からきちんと引き落とされいるか、あるいは、口座振替の手続きを行っていないため日本学生支援機構から請求書を受け取って、まだ支払いが済んでいないようなことはないか、もう一度ご確認ください。 万一、返還が困難な場合は、返還期限猶予や減額返還制度などの仕組みがありますので、今すぐ《日本学生支援機構の相談窓口》に電話してください。相談の際には、奨学生番号が必要です。 なお、すでに返還していたり、在学届の提出や返還期限猶予などの手続きを済まされている方は、特に手続等は必要ありません。 平成28年度から各学校の貸与及び返還に関する情報が、日本学生支援機構ホームページ上で公開されることとなっています。また、奨学生であった皆様の奨学金は、次の奨学金の原資となります。後輩学生たちのためにも、格別の留意をお願いいたします。 《日本学生支援機構の相談窓口》 電話 0570-666-301 HP  http://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/

    http://www.shigakukan.ac.jp/information/topics/post_716.html

  • 2017年11月27日 11:11 BLOG

    「国民に信頼される質の高い行政の実現を目指して」 11月9日(木)に共通教育科目「総合教養講座II」において、平成25年度から年に一度開催してきた総務省鹿児島行政監視行政センターとの連携講義を実施しました。 講義では「国民に信頼される質の高い行政の実現を目指して」と題して、福島浩氏、原正幸氏か務省の役割を具体的な事例とともに紹介してくださいました。 受講した学生からは次のような声があがっていました。 川口藍里(法学部) 総務省が総務庁、自治省、郵政省が合体したものであり、これら3機関の仕事をまとめて引き受けている機関だということをはじめて知りました。国民が日常生活を営んでいくうえでの困りごとについて行政相談の窓口を通して聞き取り、調査・評価をするなど私たちとって欠かせない機関であることを実感できました。講義で聞いた事例も日頃から感じていた「困りごと」そのものでした。国民に寄り添い、よりよい生活環境を整備する総務省の仕事に興味を抱く機会になりました。鹿児島県民が日常生活を送るうえでの「困りごと」を発見した時には総務省行政相談を積極的に利用しようと思います。 下瀬歩美(人間関係学部) 総務省についてその具体的な仕事内容をまったく知りませんでした。ただ漠然と政府の仕事をするわたしたちからは遠い存在だろうと感じていました。授業から国民の日常生活環境をより良いものにしてくれる身近な存在であることを知りました。と同時に道路問題の改善、空き家対策など行政相談を通して持ち込まれる「問題」が膨大であるに驚きました。またひとつの「問題」を改善していくには複数にまたがる管轄機関との連携や調整が必要なことを知り、コミュニケーション力の向上を図ることが今後の進路を考える上で重点を置かなければならないひとつであることを改めて認識することができました。 田中佑之助(人間関係学部) 総務省が自治に関する仕事をしていることは知っていましたが、高速道路やセンター試験会場設置まで関わっていたことに驚きました。授業ではその具体的な内容を聴くことで、私もこのような日本国民のため、地域のために働くことができるような職業に就きたいと思いはじめました。自分にとって大変充実した、貴重な授業でした。 徳留清花(人間関係学部) 授業を通して総務省は私たちの生活に行政運営の改善において密に関わっていることを知りました。防災や選挙、また高速道路、空き家に関することなどその活動は多岐に渡っています。時には自らが被災していても、市民からの相談を受け付け、対応するとお聴きしました。国民の要望に真摯に応えようとする姿勢に尊敬するばかりです。とともに私たち市民の生活をより快適にしていくには、私たち自身が自発的に日常生活における問題を発見し、改善するという行動力が必要なのだと感じました。また鹿児島が行政相談の発祥の地であることもはじめて知りました。ほんとうに多くの知見を得た貴重な機会であったと感じています。 吉永里沙(人間関係学部) 総務省が行政運営から郵政行政まで幅広くかかわっていることに驚きました。また国民の日常生活に密接にかかわる道路環境整備に向けての調査と評価をし、改善が必要となれば関係官庁に是正勧告をするという、私たちの生活環境向上を後押ししてくれている組織であることをはじめて知りました。これを機会に社会の出来事に一層関心を持ち、行政にかかわる「問題」点を発見することがあれば、行政相談を積極的に利用したいと思います。そうすることが国民全体の日常生活環境改善につながるということも講義を通して学ぶことができました。

    http://www.shigakukan.ac.jp/information/topics/2017_ii.html

請求できるパンフはこちら

無料
大学案内資料
志學館大学(私立大学/鹿児島)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    人を学び、人の幸福を考え、人とつながり、人を育む。私も人として成長する。

  • Photo

    社会・文化を世界的な視野で考えると同時に、地域社会の発展に寄与できる人材を養成

  • Photo

    年間授業料60万円!少人数教育で英語・保育・児童教育・心理のスペシャリストを養成

  • Photo

    これから訪れる未来を見越し、食・緑・人を総合的に学習!

  • Photo

    国際観光文化都市「別府」をフィールドにした学びで、今後の地域活性を担う人を育てる

  • Photo

    文・人間健康・法・経済・商・医の総合大学で地域の医療・産業・文化を支える「人」に

  • Photo

    「英語での授業と海外研修で真の国際人」と「子どもの成長を育む先生」を養成

  • Photo

    独自のキャリア教育で、社会が求める即戦力となる人材を育成します

  • Photo

    沖縄には世界を感じる学びがある。ジンブンを育み、社会のフォロワーを目指そう!

  • Photo

    自信につながる。自身が拓ける。

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる