• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京工科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 応用化学科

東京工科大学 工学部 応用化学科

定員数:
80人

従来の応用化学分野をベースに、「サステイナブル工学」を追究する次世代のエンジニアを育成

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学とは、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組む学問です。「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。したがって、学校によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。まずは環境科学の概要をつかみ、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • 金属・材料技術者

    さまざまな金属やセラミックなどの新素材の開発をしたり、製品の製造現場での新しい技術を開発したりする。

     モノを作る現場では、モノを作るための素材が必要になる。機械などの場合は、さまざまな金属やセラミックなどの新素材がそれ。どういう目的で、どんな形状のものを作るかという話になった際、重要なのがこの材料。目的にかなった強度や加工のしやすさ、耐久性など、材料次第でうまくいくことも失敗することもある。しかも、商品にするためには、コスト管理も欠かせない。そのような金属や材料に関しての専門知識を持ち、時には新しい素材の開発を行ったり、加工技術に工夫を凝らしたりするのが金属・材料技術者。

初年度納入金:2022年度納入金(参考) 164万9300円 

東京工科大学 工学部 応用化学科の学科の特長

工学部 応用化学科の学ぶ内容

「サステイナブル工学(持続可能な社会を実現する工学)」を統一的に学ぶ
さまざまな視野で技術を捉え、原材料の調達から製造、消費、再利用・廃棄にいたるサイクルを評価・設計するという概念を学ぶため、工学部全体でサステイナブル工学基礎を学んだ後、専門科目やプロジェクト演習などのカリキュラムを通して、専門性と実践力を身につけていきます。
次世代の産業社会に求められる「新しい化学材料」の創造(設計)と試作を行う
応用化学科では、有機化学、無機化学、高分子化学、生化学や物理化学といった応用化学の基礎となる専門知識と技術を修得し、化学とバイオの両面から問題解決を試みます。原子・分子レベルからの物質の合成、反応、分析を繰り返しながら、サステイナブル工学に基づく新しい化学材料の創造(設計)と試作を行っていきます。

工学部 応用化学科の授業

国際的な舞台で活躍するためのグローバルエンジニア教育
産業においてグローバル化が進む現在、エンジニアにも国際的な教養、語学力が求められています。工学部では、教養教育において豊かな教養や語学力、社会人基礎力を養成。加えて、専門科目の一部においても英語のテキストを用いてサステイナブル工学を学び、テクニカルな記述力やプレゼン力の育成を図っていきます。

工学部 応用化学科の実習

産学連携による独自の「コーオプ教育」により、実践力を高め、就業力を強化
新たな教育手法として体系的な「コーオプ教育(Cooperative Educationの略)」を採用。中でも3年次前期に、産学連携により学内外で約2ヵ月間の就業経験を行う「コーオプ実習」では、大学で学んだ知識や技術の意義や課題の発見を通し、勉学意欲の増進や実践力の向上、就業力の強化などにつなげていきます。

工学部 応用化学科の卒業後

幅広い産業での活躍が期待されるほか、大学院進学も選択肢
化学工業、石油産業、鉱業、金属工業、非鉄金属工業、電気・電子産業、輸送用機械器具製造業など、幅広い産業における研究者、エンジニアとしての活躍が期待されるほか、より高度な技術を研究するための大学院進学も選択肢となります。

東京工科大学 工学部 応用化学科の学べる学問

東京工科大学 工学部 応用化学科の目指せる仕事

東京工科大学 工学部 応用化学科の就職率・卒業後の進路 

工学部 応用化学科の主な就職先/内定先

    SUBARU、ミネベアミツミ、日本車輛製造、太平洋セメント、アマダ、ケーヒン、Mizkan、バッファロー、双葉電子工業、ホーチキ、テルミック、綜合警備保障、湖池屋、東京エネシス、荏原実業、ユニプレス、アイダエンジニアリング、ジャパンエレベーターサービス、日産自動車、東日本旅客鉄道、富士通ゼネラル、富士電機、日本電設工業、日立国際電気、日本コムシス、アイチコーポレーション、日本ケミコン、芝浦メカトロニクス、システナ、菊池製作所、ニッパツフレックス、富士フイルム和光純薬、トオカツフーズ、クラシエ製薬、イカリ消毒 ほか

※ 2021年3月卒業生実績

※工学部の実績

東京工科大学 工学部 応用化学科の入試・出願

東京工科大学 工学部 応用化学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒192-0982 東京都八王子市片倉町1404-1
フリーダイヤル 0120-444-903

所在地 アクセス 地図・路線案内
八王子キャンパス : 東京都八王子市片倉町1404-1 JR横浜線「八王子みなみ野」駅西口からスクールバス約5分
JR中央線「八王子」駅南口からスクールバス約10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京工科大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT