• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 環境科学
やりたいことを見つけよう!

環境科学とはどんな学問?研究内容や学び方などを解説

環境科学

科学技術によって環境問題解決を目指す

環境科学の「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。従って環境科学では、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組みます。大学によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。1年次には環境科学の概要をつかみ、2年次以降は、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

環境科学の学び方

快適で持続可能な社会の実現を目指す

環境問題というと地球や自然といった大きなテーマが先立ちそうですが、環境科学という学問分野では、社会や都市など、私たちを取り巻くあらゆる環境を対象に研究を進めていきます。 私たちが便利さや快適さばかりを追い求めたならば、自然環境が崩れてしまうのはいまさら説明する必要もないでしょう。皆さんのよく知るところを例にあげると「地球温暖化」もその1つで、気候変動や生態系の変化が人々に実害を及ぼしています。しかし、だからといって、地球を守ることばかりを優先してしまうと、文明の発展は望めなくなってしまいます。あらゆる環境のことを考慮したうえで、一番「環境にいい」状態とは何か、持続可能な社会を作るにはどうすればよいかを考えるのが、環境科学の目的というわけです。

文理融合の学問で、多彩な研究テーマがある

環境科学には、「環境」と名のつくさまざまな学問分野が含まれます。環境問題をものづくりの面から解決しようとする環境工学、化学分析などを中心とする環境化学、環境経済学や環境法学、環境倫理学や環境教育学など、枚挙にいとまがないほどです。 研究テーマも多岐にわたります。例えば、エコポイント制度が消費者の行動に及ぼす影響について検証を重ねる経済学的な研究もありますし、環境中の微量物質の測定方法や、下水処理場で使われる活性汚泥法に適した微生物の分析といった生物学的研究、あるいは、廃棄物を減少させるにはどのような制度を導入すればよいかといった政治・法学的視点での研究など、テーマは際限がないほど多岐にわたります。また、行動調査は文系色が色濃く、微生物の分析などは理系の領域であるものの、文系理系の垣根なく幅広い見識をもって環境に関する問題に取り組んでいく学問といえます。大学での学びは大きく2つに分けられます。ひとつが、広く浅く知識を身につけ、環境科学全体を見渡せる力を養うもの。もうひとつが、特定の分野に絞って学習し、専門的な知識を身につけるものです。同じ「環境科学」という名前でも、学べる内容がまったく違うということもありますから、しっかりとカリキュラムを確認して大学を選びましょう。

大学によって学べる内容は大きく違う

環境に関するあらゆることを対象としているのが環境科学ですから、その学びの内容は多岐にわたります。大学によっては、専攻やコースなどでテーマを限定し、より深く、専門的な学びができるようになっているところもあります。一方、専門分野での区別をあまりせず、幅広く環境科学についての知識を身につけられる大学もあります。 ある分野のスペシャリストになりたいのか、広く環境についての知識を身につけたジェネラリストになりたいのかによっても、選び方は変わってきます。学びたいことは決まっているのか、将来どんなふうに知識を生かせるのかなど、しっかりと考えたうえで大学選びをしましょう。

まずは環境科学について知り、徐々に学びを深める

学びのステップを簡単に説明すると、まず1年次に、環境科学とは何か、どんなことを学ぶのかといったことを、概論や概説の授業で学びます。2年次以降の授業に関しては、専門分野を絞っている大学もありますが、分野を絞らずにさまざまな授業を設置している大学もあります。特に後者の場合、何も知識がない状態では、履修する授業を選ぶだけでも大仕事になってしまいます。1年次の授業は、多岐にわたる分野の中から自分の興味関心をみつけ、2年次以降充実した学びを深めていくための準備をするという意味ももっています。 いずれの学び体系にしろ、2年次からは専攻やコースに分かれ、より具体的で専門的な知識を習得していきます。また、フィールドワークや実験などが多く行われ、実際の研究に即したやり方で学びを深めていくことができます。フィールドワークは泊まりがけで行われることもあります。こうした充実した学びの中で、研究方法を身につけていくのです。 3年次には、研究室に配属されるか、プレ研究室やゼミナールといった形での授業が行われます。ここでは、研究手法を身につけると同時に、文献の輪読なども行い、環境科学のあるテーマについての専門知識を身につけていきます。そして4年次にはいよいよ卒業研究を行い、卒業発表として、その成果を担当教授などの前で発表します。

環境について興味があり、「なぜ」を突き詰められる人

環境科学は、環境に関するあらゆることを対象にする学問です。さらに、課題の解決のためには物事を多角的に分析し、さまざまな学問の知識や手法を用いて取り組む必要があります。 身の回りの環境、地球や自然の環境、社会や人々の暮らす環境など、あらゆるところに興味をもっていること、そして、その中から課題をみつけ出せる力があれば、学ぶうえで大きな助けになるでしょう。また、一筋縄ではいかない問題にじっくり取り組む姿勢や、多面的に物事をとらえられる力も、非常に役立ちます。 ただ、こうした力をもっていなければいけないというわけではありません。環境について興味がある、「なぜ?」を突き詰めて考えるのが好きという人なら、きっと環境科学は楽しく学べるはずです。そうした好奇心があれば、課題発見能力や分析力などは、学びながら磨いていくことができます。

環境科学は、あらゆる学問分野とかかわる学問

いろいろなことに興味があって進路を決めきれない、あるいは、なんでも平均的だけど飛びぬけて得意なものがない、何にでもすぐに飛びつくけれどある程度できるようになると飽きてしまう、といったことに当てはまる人も、環境科学に向いているかもしれません。 環境科学は、あらゆる学問分野とかかわる学問です。いつの間にか専門とはまったく違うことを調べていたり、専門外の分野にも手を出さなければ解決できない問題にぶつかったりということも往々にしてあります。視野を広くもって、いろいろな角度から物事を見つめ直すことも必要です。環境科学を深めるうえでは、1つの専門にこだわるよりも、なんにでも手をだして、あちらこちらから知識を集める姿勢が重要になることが多いのです。 常にいろいろな方向にアンテナを伸ばして知識を吸収したり、得意不得意にかかわらず新しいことにどんどん挑戦したり、自分の中の引き出しが増えれば増えるほど、環境に関する問題に対する理解は深まります。 もし、自分の好きや得意がはっきりみつからなくて進路に悩んでいるのなら、環境科学は一番の答えかもしれません。

環境科学 学びのフィールド

環境科学の大きな特徴ともいえるのが、かかわる学問分野の広さです。環境という複雑なものをきちんと理解するためには、実にさまざまな学問の知識が必要になるのです。まず、資源については、エネルギー・資源工学が深くかかわってきます。お金の問題は経済学ですし、有害物質などについて理解するには化学の知識が必要です。焼却炉の性能を上げるというような話になれば、物理や工学の知識も要るでしょう。人を動かすということについては、社会学や心理学の専門領域です。さらに、制度化するという部分では、政治学や法学がかかわってきます。 環境科学で扱う「環境」とは、地球環境や自然環境だけを指しているのではありません。社会のありようや人々の感じ方など、あらゆる環境を、あらゆる角度から考察するのです。深くかかわる学問はどんなテーマを扱うかによって変わってきますが、文系理系問わず、どんな学問でも繋がる可能性があるということになります。

<基礎分野>

●生物学、生命科学
環境汚染物質が、生物や生態系に及ぼす影響について研究する際の基礎となる。

●化学
環境汚染物質を分析する際などの基礎となる。

●物理学
環境汚染物質の量や挙動を測定・分析する際などの基礎となる。

●地球科学
大気や海洋の汚染や地球温暖化を考える際などの基礎となる。

●林産・水産学
環境問題が、陸や海の生物に与える影響を考える際などの基礎となる。

<専門研究分野>

●地球温暖化・異常気象
二酸化炭素など温室効果ガスと地球温暖化や、温暖化にともなう異常気象や気候の変化による砂漠化などについて研究する。

●森林の減少
森林の大規模な伐採によって起こった環境問題について研究する。地球温暖化や生態系、種の多様性に及ぼす悪影響などがある。

●オゾン層破壊
フロンなどの化学物質による、地球の成層圏にあるオゾン層の破壊と、破壊によって地上に到達するようになった紫外線が生物に及ぼす悪影響について研究する。

●化学物質による汚染
大気汚染、水質汚濁といった公害問題に加え、環境ホルモンや工場跡地の土壌汚染などと、汚染物質が生物に及ぼす影響について研究する。

●生態系や種の多様性の破壊
さまざまな環境問題によって起こった生態系の変化や、生物の種の減少について研究する。逆に、生態系の変化や種の減少によって生じる地球環境の変化についても研究する。

●環境政策・経済学
人類の経済発展を維持しつつ、環境問題を改善するための手法を政策や経済面から研究する。温室効果ガスの排出量規制や、温暖化対策税などのトピックスがある。

環境科学とは

環境科学とはどんな学問?

環境科学は、自然だけでなく、社会や都市など、私たちを取り巻くあらゆる現象を対象とします。工学、理学、医学、農学、社会学、経済学や法学といったさまざまな分野から検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指し、問題の解決に取り組みます。

・快適で持続可能な社会の実現を目指す環境科学

環境問題というと地球や自然といった大きなテーマが目立つかもしれませんが、環境科学という学問は、社会や都市など、私たちを取り巻くあらゆる事象を対象に研究を進めます。
世界中の人たちが、今、私たちが享受しているような快適さを追い求め続けたならば、地球環境が危機に陥ってしまうということはいまさら説明する必要もないでしょう。地球温暖化についてみても、世界の気候の変化がすでに実害を及ぼし始めていると考えられます。だからといって、今の生活をすべてあきらめてしまうことに、世の中の人々は合意しないでしょう。
環境のことを考慮したうえで、最適な解決策とは何か、持続可能な社会を作るにはどうすればよいかを考えるのが、環境科学の目的です。

・文理融合の学問で、多彩な研究テーマがある

さまざまな専門家が環境問題を研究しているので、「環境」を冠した学問分野が多数あります。環境工学、環境化学、環境経済学、環境社会学、環境法学、環境倫理学、環境教育学など、枚挙にいとまがありません。
研究テーマも多岐にわたります。例えば、環境税が消費者の行動に及ぼす影響について検証する研究もあれば、環境中の微量物質の測定方法を開発する研究、下水処理場で使われる活性汚泥法に適した微生物の同定といった研究、あるいは、ごみを減少させるにはどのような制度を導入すればよいかといった研究、湿地の保全に関する研究など、テーマは際限がないほど多岐にわたります。文系理系の垣根なく幅広い見識をもって環境に関する問題に取り組んでいく学問といえます。
大学の学部レベルでの学びは大きく二つに分けられます。ひとつが、広く浅く知識を身につけ、環境科学全体を見渡せる力を養うもの。もうひとつが、特定の分野に絞って学習し、専門的な知識を身につけるものです。同じ「環境科学」という名前でも、学べる内容がまったく違うということもありますから、しっかりとカリキュラムを確認して大学を選びましょう。

環境科学とほかの学問とのかかわり

環境科学は、工学や理学、医学、農学、経済学、法学、社会学など、文系理系問わず、さまざまな学問と深くかかわります。環境という複雑なものを理解し、問題を正確にとらえて解決するためには、幅広い見識をもち、多角的に物事を分析することが不可欠です。

・さまざまな学問の知識が必要

環境科学の大きな特徴ともいえるのが、かかわる学問分野の広さです。環境という複雑なものをきちんと理解するためには、実にさまざまな学問の知識が必要になるのです。
具体的な例を挙げて説明しましょう。例えば、ポテトチップスの袋のようなプラスチック容器包装のリサイクルに関する問題があります。皆さんの住んでいる地域では、プラスチックは燃えるごみですか。それとも、分別されていますか。
プラスチック容器包装はリサイクルできますが、燃やすかリサイクルするかは自治体によってさまざまです。なぜこうした違いが生まれるのでしょう。また、プラスチックをリサイクルすることは、本当に「環境にいい」ことなのでしょうか。

・プラスチックをリサイクルするのは「いいこと」なのか

プラスチックの材料となる石油は有限ですから、無尽蔵に使うわけにはいきません。リサイクルには意味があります。
けれども、今まで燃やしていたものを、燃えるゴミから分別してリサイクルすることになれば、そのための費用が発生します。そのかなりの部分は市民の税金です。また、リサイクルする施設が遠隔にしかない自治体では、そこまでのトラック輸送で多くの燃料を消費しますし、費用も高額になります。また、分別することになったとしても、今まで分別していなかった人たちに、これから分別してもらうにはどうすればよいのかも考えなければいけません。特に、外国人が多く居住する地域を抱える自治体では難しい問題です。
一方、プラスチックを燃やすことで、ダイオキシンという有害物質が発生するのではないかと心配された時期もありました。しかし、現在ではごみは800℃以上の高温で燃やされるようになったので、ダイオキシンの心配はなくなりました。
このように、プラスチックをリサイクルするかどうかを判断するためには、さまざまな要因を考慮しなければいけません。

・文系理系問わず、あらゆる学問とかかわる

こうした具体例から、環境科学とほかの学問がどうかかわっているのか見てみると、環境科学という学問の輪郭がつかめるかもしれません。
資源については、資源工学が深くかかわってきます。お金の問題は経済学ですし、有害物質について理解するには化学の知識が必要です。焼却炉の性能を上げるというような話になれば、工学の知識が要ります。人を動かすということについては、社会学や心理学の専門領域です。さらに、制度化するという部分では、行政学や法学がかかわってきます。
環境科学は、環境を工学や理学だけでなく、社会のありようや人々の行動様式など、あらゆる側面から考察します。深くかかわる学問はどんなテーマを扱うかによって変わってきますが、文系理系問わず、どんな学問でも繋がる可能性があるということになります。

環境科学では何をどのように学ぶか

大学によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。例えば、1年次には環境科学の概要をつかみ、2年次以降は、フィールドワークなどもしながら、多角的に環境に関連する知識を養っていくようなカリキュラムを編成している大学があります。

・大学によって学べる内容は大きく違う

環境に関するあらゆることを対象としているのが環境科学ですから、学びの内容は多岐にわたります。大学によっては、専攻やコースなどで分野を限定し、最初からより深く、専門的な学びができるようになっているところもあります。一方、専門分野での区別をあまりせず、幅広く環境科学についての知識を身につけられる大学もあります。
ある分野のスペシャリストになりたいのか、広く環境についての知識を身につけたジェネラリストになりたいのかによっても、選び方は変わってきます。学びたいことは決まっているのか、将来どんなふうに知識を生かせるのかなど、しっかりと考えたうえで大学選びをしましょう。

・まずは環境科学について知り、徐々に学びを深める

学びのステップは大学や学部によりさまざまですが、次のようなところが多いのではないでしょうか。
まず1年次に、環境科学とは何か、どんなことを学ぶのかといったことを、概論や概説の授業で学びます。2年次以降の授業に関しては、専門分野を絞っている大学もありますが、分野を絞らずにさまざまな授業を設置している大学もあります。後者の場合、何も知識がない状態では、履修する授業を選ぶだけでも大仕事になってしまいます。1年次の授業は、多岐にわたる分野の中から自分の興味関心をみつけ、2年次以降充実した学びを深めていくための準備をするという意味ももっています。
いずれの学び体系にしろ、2年次からは専攻やコースに分かれ、より具体的で専門的な知識を習得していきます。また、フィールドワークや実験などが多く行われ、実際の研究に即したやり方で学びを深めていくことができます。フィールドワークは泊まりがけで行われることもあります。こうした充実した学びの中で、実践的な知識を身につけていくのです。
2年次や3年次以降には、ゼミナールといった形での授業が行われます。ここでは、研究手法を身につけると同時に、文献の輪読なども行い、環境科学のあるテーマについての専門知識を身につけていきます。そして4年次にはいよいよ卒業論文に取り組む大学が多いと思います。

環境科学はこんな人に向いている

一筋縄ではいかない問題が多いので、「なぜ」をとことん突き詰められる人に向いているかもしれません。また、環境科学は幅広い学問とかかわるため、専門外のことも学ばなければいけないことがあります。自分の得意不得意にかかわらず飛び込んでいける人なら、それも楽しみながら学んでいけるでしょう。

・環境について興味があり、「なぜ」を突き詰められる人

環境科学は、環境に関するあらゆることを対象にする学問です。さらに、課題の解決のためには物事を多角的に分析し、さまざまな学問の知識や手法を用いて取り組む必要があります。
身の回りの環境、自然環境、社会や人々の暮らす環境など、あらゆるところに興味をもっていること、そして、その中から課題をみつけ出せる力があれば、学ぶうえで大きな助けになるでしょう。一筋縄ではいかない問題にじっくり取り組む姿勢や、多面的に物事をとらえられる力も、非常に役立ちます。
こうした力を最初からもっていなければいけないというわけではありません。環境について興味がある、「なぜ?」を突き詰めて考えるのが好きという人なら、きっと環境科学は楽しく学べるはずです。そうした好奇心があれば、課題発見能力や分析力などは、学びながら磨いていくことができます。

・好きや得意がみつからない人は、環境科学に向いているかも

いろいろなことに興味があって進路を決めきれない人は、環境科学に向いているかもしれません。
環境科学は、あらゆる学問分野とかかわる学問です。いつの間にか専門とはまったく違うことを調べていたり、専門外の分野にも手を出さなければ解決できない問題にぶつかったりということも往々にしてあります。視野を広くもって、いろいろな角度から物事を見つめ直すことも必要です。環境科学を深めるうえでは、ひとつの専門にこだわるよりも、なんにでも手をだして、あちらこちらから知識を集める姿勢が重要になることも多いのです。
常にいろいろな方向にアンテナを伸ばして知識を吸収したり、得手不得手にかかわらず新しいことにどんどん挑戦したり、自分の中の引き出しが増えれば増えるほど、環境に関する問題に対する理解は深まります。
自分の好きや得意がはっきりみつからなくて進路に悩んでいるのなら、環境科学はひとつの答えかもしれません。

環境科学を学んだ後の進路と将来の展望

環境は私たちの生活に深くかかわるので、社会や生活の変化に伴って、新しい問題もどんどん出てきます。そうした問題を解決し、快適で便利な暮らしと同時に地球環境をも守っていくには、環境科学の力が不可欠です。環境科学の重要性は、今後もますます高まっていくことは疑いありません。

・環境系を中心に、知識を生かして幅広い進路へ

学びの内容が多彩な分野ですから、卒業後の進路も分野を問わずさまざまです。環境系の研究職や公務員、環境評価を行う企業、リサイクルなどに関する企業で働く人もいます。生態保全に関する仕事もあれば、電力会社、製造や金融、IT系企業に進む人もいます。専門分野をしぼっている大学では、学びの内容によって、資格を取得できることもあり、そうした資格を生かして働く人もいます。
「環境コンサルタント」という仕事もあります。自治体や企業に対して、環境という観点でコンサルティングを行います。政策や製品の環境への影響などについて分析したり、プロジェクトがスムーズに進むような環境を考えたりと、環境のプロとしての立場で改善策をアドバイスする仕事です。

・環境についての正しい理解と知識が求められている

さまざまなところで「エコ」という言葉が聞かれます。リサイクルできるからエコ、節電でエコ、エコ家電…。では、これらは一体何がどう「環境にいい」のでしょうか。エコといわれているから何となく良さそうというだけで、その中身にまで目を向けていない人がほとんどなのではないでしょうか。
環境問題は私たちの生活のすぐ隣にあるものです。いつまでも解決できなければ、大きな損害を被ることになります。今までと同じような生活はできなくなり、便利さや快適さを手放さなくてはならなくなるかもしれません。
そうならないためには、環境についての正しい理解と広い知識が必要です。環境科学は、これからの生活を支え、さらに発展させていくためには欠かすことのできない学問なのです。
環境問題は、はるか昔から文明が発達するたびに生まれては消え、ひとつの問題が解決すると別のところで問題が起き、ということを繰り返してきました。世界規模で見れば、先進国ではすでに解決された問題が、開発途上国ではまた繰り返されているということもあります。人類がいる限り、環境問題がなくなることはありません。これからも環境科学は変化と発展を続け、ますます社会にとって重要なものになっていくことは間違いないといえるでしょう。

環境科学の先生に聞く(取材協力:法政大学人間環境学部 人間環境学科 藤倉良教授)

環境科学ではこんな研究をしています

開発途上国では、電力供給や農業用水を確保するため、ダム開発が盛んに行われています。しかし、その陰でダムを造るために移転した住民への補償や移転後の生活再建を巡ってさまざまな問題が発生しています。それを解決し、人々が豊かな生活を送れるための方法を探り、研究を進めています。(法政大学人間環境学部 人間環境学科 藤倉良教授)

・アジア地域での水力発電の開発に伴う住民移転の問題

アジア地域のダム開発に伴う住民移転について研究をしています。
この地域では、国の発展のために、ダム開発が推し進められてきました。その理由のひとつは、電源開発のため、もうひとつが、農業振興のためです。水力発電所を建設すれば、より多くの人に安定した電気を届けられるようになります。また、乾季と雨季にはっきり分かれているような地域では、これまで耕作ができたのは雨季のみでしたが、ダムができればいつでも水が得られるようになり、乾季にも収穫が得られるようになります。
しかし、ダムを造ると広大な土地が水没します。そこに住んでいる人はどこかに移り住んでもらわなければなりません。
先進国であれば補償制度もしっかりしていますが、開発途上国では、そうした制度がまだ整っていません。また、制度があっても、しっかりした運用ができる国も多くありません。実際に、移転によって経済的に困窮することになった人は多く、大きな問題となっていました。その批判は、水力発電所を造った当事国に対してだけでなく、資金援助をした国にも向けられ、日本でも資金提供したダムをめぐって裁判が起こされたことがあります。
では、どのようにすれば、移転をすることになった住民が豊かに暮らし続けることができるのか、この問題を解決するためにはどうすればいいのかというのが、私の長年の研究テーマです。

・すべての人が豊かさを享受するために

課題はたくさんあります。まず、補償はお金でするのか、代替地でするのかを検討しなければなりません。お金で補償するにしてもいくらが妥当なのか、そしてどう支給するのかといった問題があります。一度に多額の補償金を給付したところ、全部を使いこんでしまって、結果的に困窮することになってしまうというケースもあります。そうならないためには、補償金が適切に使われるためのしくみが必要になります。
また、移転する住民の多くは農家ですから、移転先でも農業に就くケースが多く考えられます。しかし、移転した先の土地と元の土地で気候などの状況が違えば、それまでとは違う作物を作らなくてはならなくなるかもしれません。そうした場合、自力で一から耕作のやり方を覚えていたのでは、何年もかかってしまいます。農業指導をしてくれる人がいたほうがいいでしょう。移転をきっかけに農業をやめたいという人がいれば、職業訓練なども必要になります。
ダム開発は、その国を豊かにしてくれるものに違いありません。だから、開発に伴う移転によって貧しくなってしまうことがないように、豊かさをすべての国民が享受できるようにするために、多くの専門家と協力しながら、研究をしています。

すべての人が豊かさを享受するために
ダム開発による住民移転に伴う課題解決を研究する藤倉良教授

環境科学のここがおもしろい

環境科学は幅広い学問分野にわたっているため、幅広い分野について常に学び続けられるという魅力があります。大学4年間で、さまざまな分野の知識を幅広く身につけていくことになります。それによって、ジェネラリストとして、広く世界で活躍できる力が養われます。(法政大学人間環境学部 人間環境学科 藤倉良教授)

・あらゆる領域とかかわり、常に学び続けられる

環境科学のおもしさは、現実の問題に取り組むということと、領域の幅広さでしょう。
私が研究している「ダムの建設と住民移転の問題」について考えてみましょう。そこにはさまざまな問題がからんでいます。
まず、経済や社会の問題があります。補償に充てる現金や土地はどのように捻出し、どのように給付するのかといった問題から、補償金の使い方や移転先での生活再建など、個人レベルの問題まで、お金の流れは非常に重要になります。
移転するのは農家が多いため、移転先で、今までと同じように農業ができるのか、できない場合、何をどのように育てればいいのかといったことを学ばなければなりません。移転先では農業をしないという意思をもった人たちには、職業訓練が必要になります。
補償のしくみ、枠組みの形ができたら、今度はそれをきちんと制度化するという段階になります。そこでは、法律や行政の知識が欠かせません。
もちろん、これらすべての専門知識を、1人の人間が身につけるのは不可能に近いでしょう。ですから、実際に研究をしたり、環境に関する問題に取り組んだりするときには、さまざまな分野の専門家と共に進めていくことになります。そのようにして、自分の専門外の領域についても常に学べ、知見を広げられるというのは、環境科学の大きな魅力です。

・幅広い知識を身につけたジェネラリストとして活躍できる

環境科学は、先ほども述べたように、非常に幅広い領域を内包する学問です。ですから誤解を恐れずにいえば、大学の学部レベルで身につけられるのは、環境科学全体にかかわる広く浅い知識ということになります。
広く浅いというと、悪い意味でとらえられがちですが、私はこれには非常に意味があると考えています。なぜならこれは、環境科学を学ぶことで、ジェネラリストになれることを意味するからです。
環境問題について考えるときには、先ほども説明したように、多くの専門家、つまりスペシャリストの頭が必要になります。専門的な話は時に伝わりづらく、また専門の違う人が集まることで、話がなかなかまとまらないこともあるかもしれません。そのようなときに、きちんと方向を修正し、人々をまとめるのは、幅広い知識をもったジェネラリストの役割なのではないでしょうか。
人類が存続する限り、環境についての議論はなくなりません。そのようなときに人々の中心となって話をまとめ、問題解決に当たっていく力が、環境科学を学ぶ中で身につけられます。

幅広い知識を身につけたジェネラリストとして活躍できる
インドネシアでの現地調査の様子

環境科学の学生に聞く(取材協力:法政大学人間環境学部 人間環境学科 学生)

環境科学を選んだ理由

環境問題は身近なものですが、その発生原因や対処方法については知らないことが多く、もっと深く学びたいという思いを抱いていました。進路の決め手となったのは、幅広く環境全般について学べること。環境全般に興味を持っていた私にとって、それが何よりも魅力的だったのです。(法政大学人間環境学部 人間環境学科 4年 杉山和生さん)

・身近な環境問題への興味

環境問題は中学や高校の授業で取り上げられますし、PM2.5や黄砂などの大気汚染、エコをうたった製品など、私たちの生活の中にあります。しかし、どうしてそんな問題が起こっているのか、どうすれば解決できるのかなど、意外と知らないことが多いのではないでしょうか。
例えば、原子力発電所がなくなったら、日本の発電、エネルギー事情はどう変わるのでしょうか。電力は賄えるのか、どんな方法で賄うのか、節電を強いられることはないのか、そもそも節電にはどのくらいの効果があるのかなど、考えようと思えばいくらでも疑問がわいてきます。
普段から、このように環境に関することに興味を持っていたこともあり、進路を考えるときには迷うことなく環境系を選択しました。その一方で、広く「環境」に興味を持っていたので、分野がなかなかしぼりきれずにいました。最終的に人間環境学部を選んだのは、幅広く環境について学べるから。ここでなら、興味のあることにあれこれ触れることができ、その中から突き詰めたいと思えるものにも出合えるかもしれないと考えたんです。

身近な環境問題への興味
「研究所などで、環境問題の解決に貢献できるような仕事がしたい」と語る杉山和生さん(左)

こんなふうに環境科学を学んでいます

私が在籍する人間環境学部では、興味や関心に合わせて授業が選びやすいようなシステムになっており、幅広い分野の中でも知識が小間切れになることなく、有機的に学びを深められました。友人同士でも授業の内容を共有し合うなど、学べる分野が広いからこそ、体系的に学べるように私自身も工夫をしていました。(法政大学人間環境学部 人間環境学科 4年 杉山和生さん)

・学びの指針があったことで体系的に学べた

法政大学の人間環境学部には、5つのコースが設定されています。コースは、学科のように選択しなければならないものではなく、自分の興味や関心に合わせて、こういう内容を学びたいならこれ、こうした専門性を身につけたいならこの授業を選ぶといいといった指針を示してくれるものです。
環境について学ぶといっても、そこにはたくさんの専門分野があります。設置された授業をやみくもに選んでしまうと、それぞれの学びを結びつけられず、理解を深めることはできなかったかもしれません。しかし、コースによって方向性が示されていたおかげで、自分の興味に基づいて有機的に学んでいくことができたと感じています。
さまざまな観点から環境について考えられる学部ということもあってか、私の周りの友人も、いろいろなことに興味を持っていたり、苦手な分野でも積極的に飛び込んでいったりするタイプの人が多かったように思います。「こういうことに興味があるなら、あの授業は面白かったよ」といった情報や、それぞれが受けた授業の内容をお互いに共有しながら、どんどん知識を吸収していくことができました。

実際に環境学科学を学んでみて

文系科目での受験だったこともあって、はじめは理系科目に苦手意識があったのですが、それもすぐに関心に変わりました。環境という身近なテーマを扱っているため、どの授業でも実際と結びつけて理解できたのです。理解が深まるごとに世の中の仕組みが見えてくるのも、学ぶ楽しさでしたね。(法政大学人間環境学部 人間環境学科 4年 杉山和生さん)

・環境という身近なテーマだからこそ興味を持てた

授業の中には、物理や化学、生物など、理系科目の知識が必要になるものも多くあります。私は文系科目での受験だったので、はじめは何となく苦手意識を持っていました。
しかし、実際に学んでみると、そのような苦手意識もすぐになくなりました。環境という、生活に密接に関わる問題を扱っているため、身の回りの物事と結びつけて考えられたというのが非常に大きかったと思います。また、化学や物理の専門知識についても、先生方が一から丁寧に教えてくれたからというのもあります。興味のなかった授業だったにもかかわらず、基礎の部分から体系的に積み重ねていけたことで好奇心がわいて、自分の興味や知識の幅がどんどん広がっていくのを感じられましたね。
将来は、研究所などで、環境問題の解決に貢献できるような仕事がしたいと考えています。環境問題は、ひとつが解決してもまたすぐに次の課題が出てきます。今はまだ存在しないようなものが、未来には大きな問題になっているかもしれません。そうした問題を探求し、豊かな生活と社会の発展を支えていくためにも、さらに知識を深めていきたいです。

環境科学に関連する記事

  • 防災に欠かせない地球のお医者さん 「地質調査」の仕事とは?

    みんなも知ってのとおり、日本は世界的にも自然災害大国。防災関連の仕事に興味をもっている人も多いのでは? 地震、火山、台風、洪水などの自然災害が起こった時に、被害が少なくなるように備え、みんなの命や …

  • 土木?環境?名前では見分けにくい学科名

    橋や道路、空港、港、発電所といった巨大な建築物をつくるための学問といえば土木工学。日本が高い技術力を誇る分野の一つで、「スケールの大きなものづくりに携わりたい」と思っている高校生にとっては関心の高い学 …

環境科学に関連する学問

環境科学を学べる学校を探すならスタディサプリ進路