• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北海道医療大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 薬学部

私立大学/北海道

ホッカイドウイリョウダイガク

薬学部

チーム医療を学ぶ医療系総合大学で、社会ニーズに対応できる医療人としての薬剤師をめざす

学べる学問
  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問で、基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。薬学を学べる学部には、薬学部のほかに薬科学部があります。これは4年制の学部で、主に研究者の育成を目的としています。薬を扱ううえでは、細かな計測や厳重な安全管理が欠かせません。ですから、几帳面な性格の人は、薬学に向いているといえるでしょう。薬学を学んだ人の多くは、薬剤師として薬局や病院に就職します。そのほかにも、製薬会社での研究開発や、食品、化粧品会社での商品開発に携わる人、公務員として薬学の知識を生かせる職に就く人もいます。いずれにしても薬を通して、人々の健康や生活の安全にかかわっていく仕事です。

目指せる仕事
  • 薬剤師

    正しく安全に薬を調剤、医療と患者の架け橋になる

    医師の指示にもとづき、薬局や病院、診療所で薬の調剤、薬品の管理や販売にあたる。活躍の場は幅広く、薬局や病院、診療所のほかに製薬会社に勤務して薬品の研究や開発に携わる場合もある。また薬局を開業するケースもある。薬剤師は不足傾向にあり、採用は広がっている。

  • 医薬品登録販売者

    薬局の店舗スタッフとして活躍。第二類、第三類医薬品を販売できる

    薬局などで販売している医薬品には第一類、第二類、第三類の3種類があり、このうち第一類は薬剤師がいないと販売できない。しかし、一般的なかぜ薬など市販薬の9割以上を占める第二類、第三類は登録販売者の有資格者がいれば売ることができる。薬剤師は人材が不足していることもあり、現在は多くの薬局で登録販売者が活躍。医薬品の効能・副作用などの説明や会計などの店舗業務に従事している。6年制の大学を卒業しなければならない薬剤師に比べると資格も取りやすい。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

医療系総合大学で、臨床に強い薬剤師、科学者としての薬剤師をめざします

キャンパスライフShot

北海道医療大学 世界各地の薬用植物や亜熱帯植物を約300種類栽培するキャンパス内の「薬用植物園」
世界各地の薬用植物や亜熱帯植物を約300種類栽培するキャンパス内の「薬用植物園」
北海道医療大学 2年次の「生薬学実習」ではラベンダーオイルを抽出。そのオイルを使って外用薬もつくります
2年次の「生薬学実習」ではラベンダーオイルを抽出。そのオイルを使って外用薬もつくります
北海道医療大学 札幌市内の総合病院を中心に行われる5年次の病院実習。患者さんへの服薬指導も行います
札幌市内の総合病院を中心に行われる5年次の病院実習。患者さんへの服薬指導も行います

学部の特長

学ぶ内容

早期体験学習
入学後間もない時期に、少人数グループに分かれて病院や調剤薬局、福祉施設を訪問。実際の薬剤師の仕事を見学し、将来の現場を体感することで、薬学部生としての意識や学ぶモチベーションがアップします。
薬用植物学/生薬学実習
1年次の「薬用植物学」では、キャンパス内にある「薬用植物園」での野外授業が行われ、薬用植物の知識を深めます。2年次の「生薬学実習」では、薬用植物を実際に役立てる方法として、ハーブティーの調合やラベンダーオイルの抽出などにチャレンジします。
5カ月の長期実務実習
病院薬局や調剤薬局で、調剤・製剤から患者さんへの服薬指導まで、一連の業務を実際に経験。患者さんとのコミュニケーションの大切さや、チーム医療のなかで薬剤師が果たす役割を実践的に学びます。

資格

薬剤師国家試験合格率と免許取得率
2017年の薬剤師国家試験において、本学新卒者の合格率は83.7%(受験者141名)でした。また、薬学部卒業者5582名の免許取得率は96.6%です。

施設・設備

2つの附属医療機関
「北海道医療大学病院」と「歯科クリニック」。2つの附属医療機関を、1年次の病院見学から5・6年次の長期実務実習までフル活用しています。またゲノム創薬やオーダーメイド医療など、先端医療を学べる科目も多数開講しています。
実習棟
「中央講義棟」は、調剤室、模擬薬局、無菌製剤室、注射管理室などが揃った薬学教育の拠点。病院や薬局で使用されている全自動錠剤分包機や薬袋発行機なども導入し、臨床現場をリアルに再現した環境で効果的にトレーニングを積めます。また、最上階の10階には、ビューラウンジとカフェが設置されています。

学生支援・制度

診療費補助制度
本学附属医療機関などを受診した際は、自己負担分を後援会が一部補助します。

キャンパスライフ

医療系総合大学
全国各地から3000名以上の学生が集まり、授業もクラブ・サークルも、学部や出身地を越えた交流が活発です。医療と福祉の専門職をめざす仲間が集まる5学部8学科が、チーム医療をともに学ぶ環境です。

学べる学問

就職率・卒業後の進路 

■就職状況
多くの卒業生が、全国各地の総合病院を中心に病院薬剤師として就職。そのほか調剤薬局や製薬会社、行政機関など、身につけた専門性を生かして多彩な分野に就職しています。

問い合わせ先・所在地

〒061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757
0120-068-222 

所在地 アクセス 地図・路線案内
当別キャンパス : 北海道石狩郡当別町金沢1757 「北海道医療大学」駅(直結)から徒歩 1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

北海道医療大学(私立大学/北海道)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る