• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北海道医療大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • リハビリテーション科学部

私立大学/北海道

ホッカイドウイリョウダイガク

リハビリテーション科学部

チーム医療を学ぶ医療系総合大学で、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士をめざす

学べる学問
  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

目指せる仕事
  • スクールカウンセラー

    子供専門のカウンセラー。快適な学校生活と人格形成に大きな影響を与える

    スクールカウンセラーは、生徒や児童のカウンセリングを行う。子供が自ら相談に来る場合だけでなく、普段から子供の言動に注意し、潜在的な問題にも取り組む。そのために、教師や保護者との面談、コンサルテーションや家庭訪問も大切な仕事の一つだ。

  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

  • 理学療法士

    運動やトレーニングで機能回復を目指す『リハビリの専門家』

    運動を主体とした治療や訓練を行い、病後や障害の機能回復と日常生活動作などの維持や改善を図る仕事。運動療法、物理療法、日常生活動作訓練、義手や義足・車椅子などの装具に関する訓練をする。対象疾患は、中枢性疾患、整形疾患、脳性まひ、内部疾患など、小児から高齢者まで幅広い。

  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

高いコミュニケーション能力で、チーム医療を実践できる理学療法士を養成します

これからの時代に必要とされる、豊かな人間性を持つ作業療法士を育成します

現場で高い臨床能力を発揮できる言語聴覚士を育成します。

キャンパスライフShot

北海道医療大学 人体解剖実習をはじめ、医療系総合大学ならではの医科学系科目が充実しています
人体解剖実習をはじめ、医療系総合大学ならではの医科学系科目が充実しています
北海道医療大学 作業療法学科の臨床実習では、発達障がいのある子どもたちの支援を行う現場なども体験
作業療法学科の臨床実習では、発達障がいのある子どもたちの支援を行う現場なども体験
北海道医療大学 言語聴覚療法学科「聴覚障害学演習」では、対象に合わせた聴覚検査の手技を学びます
言語聴覚療法学科「聴覚障害学演習」では、対象に合わせた聴覚検査の手技を学びます

学部の特長

学ぶ内容

理学療法学科
歯学部と連携した人体解剖実習をはじめ、医科学、薬学など医療系総合大学ならではの多彩な科目を学びます。また、コミュニケーション能力も重視。他学科の仲間と行うディスカッション、地域住民の方々が協力する医療面接演習などを通して地域社会へ貢献する理学療法士をめざします。
作業療法学科
作業療法士は、日常生活のさまざまな動作のリハビリテーションに加え、社会復帰のサポートも行う専門職です。本学科では、保健・医療・福祉の枠を越えたカリキュラムを設置。医科学系科目から音楽や園芸などを用いた心理面へのアプローチまでを学び、高度な作業療法士をめざします。
言語聴覚療法学科
言語聴覚士は、失語症や聴覚障がいなどの検査、評価、訓練を行うリハビリテーション専門職です。本学科では、音声学や言語学から、人体の構造を学ぶ実験、患者さんの訓練にあたる臨床実習まで、全身医学の観点から高度な実践力を身につける医療系総合大学ならではのカリキュラムを展開しています。

資格

受験資格が得られるもの
■理学療法学科/理学療法士〈国〉
■作業療法学科/作業療法士〈国〉
■言語聴覚療法学科/言語聴覚士〈国〉
各学科の国家試験合格率と免許取得率
2017年2月、理学療法学科と作業療法学科の第1期生が国家試験を受験。両学科ともに合格率100%を達成しました(受験者:理学73名、作業40名)。言語聴覚士国家試験についても、2017年は100%の合格率(受験者49名)を達成し、全卒業生660名のうち96.8%が言語聴覚士免許を取得しています。

就職率・卒業後の進路 

■理学療法学科の就職状況
第1期生となる2017年3月卒業生は93.1%(68名)が病院へ就職。そのほか介護老人保健施設や福祉施設への就職を果たしたほか、道外にも就職しています。
■作業療法学科の就職状況
第1期生となる2017年3月卒業生は全員(40名)が病院と介護老人保健施設への就職を果たしました。道内はもちろん、道外での活躍も期待されます。
■言語聴覚療法学科の就職状況
多くの卒業生が、言語聴覚士として医療機関へ就職。発達支援センターや社会福祉施設で専門職として活躍する卒業生もいます。

問い合わせ先・所在地

〒061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757
0120-068-222 

所在地 アクセス 地図・路線案内
当別キャンパス : 北海道石狩郡当別町金沢1757 「北海道医療大学」駅(直結)から徒歩 1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

北海道医療大学(私立大学/北海道)