• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北海道医療大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • リハビリテーション科学部
  • 作業療法学科

私立大学/北海道

ホッカイドウイリョウダイガク

作業療法学科

募集人数:
40人

作業行動学的アプローチでチーム医療を実践する、高度な作業療法士を養成します

学べる学問
  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

目指せる仕事
  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

初年度納入金:2018年度納入金 137万5000円  (初年度の入学金30万円を含む)

学科の特長

カリキュラム

他学部と連携した科目で、基礎医学的知識を学ぶ。
「ヒト」を対象とする作業療法士にとって、解剖学や生理学といった基礎医学的知識を身につけることは欠かせません。本学科では他学部との連携により、基礎医学科目を充実させた医療系総合大学ならではのカリキュラムを展開。より高度な作業療法を実践できる能力を養います。

授業

音楽療法や園芸療法など、多彩なアプローチを学ぶ。
「作業」とは、日常生活で行うすべての営みのこと。そのため作業療法へのニーズも、作業療法士による支援内容もさまざまです。「音楽療法」や「園芸療法」などの科目で学ぶ精神・心理面へのアプローチも、その一例。「日常生活の楽しみ」を重視する作業療法の本質に迫るカリキュラムを編成しています。
他学部の学生とディスカッションを実施。ニーズが高まる在宅医療にも対応。
作業療法士以外の専門職をめざす仲間とディスカッションを行う「多職種連携論」を開講。チーム医療のなかで互いの職種が果たすべき役割を学びます。また、在宅医療の現場でもニーズが高まっていることから、介護福祉士などの専門職への理解を深める科目も開講。多職種と協働できる作業療法士を育てます。

実習

1年次から、チーム医療と地域医療の現場を体験。
「臨床見学」では、入学後の早い段階からキャンパスを飛び出し、医療機関や社会福祉施設などの将来の現場を体験。さまざまな専門職が連携しながら地域社会に貢献している様子を実際に見学することで作業療法士の仕事に対するイメージが広がり、学びのモチベーションも大きく高まります。

施設・設備

新たなランドマーク・地上10階建ての中央講義棟には、最新設備の実習室も。
本学科の講義室などがある中央講義棟。2015年度からは、言語聴覚療法学科と臨床心理学科の施設・設備も設置しました。6・7階には発達評価実習室や義肢装具実習室があり最新の設備を導入。また高齢者・障がい者目線で日常生活を考えられるバリアフリーラボは、壁面がガラス張りになっているトイレや浴室を設置しています。

雰囲気

5学部8学科がひとつのキャンパスに。チーム医療を学ぶ医療系総合大学。
北海道医療大学は、保健・医療・福祉の専門職を養成する5学部8学科の医療系総合大学。3000名以上の学生がともにチーム医療を学び、クラブ・サークルやボランティアも盛んです。2015年度からは、すべての学部学科を当別キャンパスに集約。学部学科を越えた学びと学生生活が、さらに充実しました。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 作業療法士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ※作業療法学科は2017年3月に第1期生が卒業します


※ 想定される活躍分野・業界

一般病院、精神病院、訪問看護ステーション、社会福祉施設、保健所、特別支援学校、教育・研究機関など

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757
北海道医療大学 入試広報課 TEL:0120-068-222
nyushi@hoku-iryo-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
当別キャンパス : 北海道石狩郡当別町金沢1757 「北海道医療大学」駅(直結)から徒歩 1分

地図

 

路線案内

※ JR学園都市線「北海道医療大学」駅から徒歩1分

他の学部・学科・コース

北海道医療大学(私立大学/北海道)