• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北海道医療大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 看護福祉学部

私立大学/北海道

ホッカイドウイリョウダイガク

看護福祉学部

看護と福祉に共通するヒューマンケアを学び、実践力の高い看護師、福祉専門職をめざす

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    看護とは、人がもっている生命力を最大限に引き出し、自分らしく生きるためのサポートをすることです。看護学は、そんな看護の方法を、理論と実践の両面から探究する学問であるといえます。分野は人の発達段階によって、小児、成人、老人などのに分かれるほか、「基礎看護学」や「精神看護学」、「地域看護学」といった分野があります。大学では、1年次は、人を理解するために、哲学や心理学、化学や生物学など、幅広い教養を身につけます。学年が上がるとその学びは徐々に専門的になり、多くは、病院や診療所、福祉施設などでの実習を伴います。現場にでることでさらに知識を深め、技術を磨き、看護の方法を身につけていきます。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • 児童指導員

    保護者の代わりに子どもを養育し、自立を支援する専門職

    児童指導員とは、何らかの事情で保護者からの養育を受けることが困難になった0から18歳の子どもたちを、公的責任の下で保護者に代わり保護・養育するという、責任ある仕事です。子ども一人ひとりに寄り添いながら成長を24時間体制でサポートし、自立のための援助も行います。社会状況の変化により、子どもたちが抱えている問題が多様化しているため、保育に関する知識はもちろん、心理学や医学的な幅広い知識をもつことが求められています。

  • 介護福祉士

    入浴・食事の世話など、生活面の介護や指導を行う

    介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする。さらに家族への介護指導も重要な仕事だ。

  • 訪問介護員(ホームヘルパー)

    家庭に派遣され、家事を代行する

    高齢者や心身障害をもつ人の家庭などに派遣され、炊事、洗濯、掃除などの家事を代行する仕事。時には入浴や排泄補助などの介護や、福祉施設へのつきそいなども行う。定期的な訪問の中で、家族の生活、介護に関する悩みや相談にも応じ、家事だけでなく精神的な負担も軽くするよう努める。

  • 精神保健福祉士

    精神障がいのある人の生活を援助し、社会復帰をサポートする

    精神病院や社会復帰施設、および保健所などに勤務して、精神障害者に対し、社会復帰のための手助けする。また家族の相談相手になったり、医師や看護師、作業療法士などの治療チームの調整役を務めるなどさまざまな役割を持つ。精神障害者の福祉向上のためにニーズは高まっている。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • ケースワーカー

    社会生活を送るうえで困っている人を援助する

    ケースワーカーは、社会生活を送るうえで困っている人を援助する仕事です。まず、障がい者や児童、高齢者など福祉サービスを必要とする人たちの相談に応じ、何が問題なのか、どのような支援が必要なのかを把握します。その後、必要と判断した援助を行うためのプログラムを計画・立案し、福祉施設、病院、保健所といった関係機関との連絡・調整を行います。主な勤務先は、地方自治体が管轄する社会福祉事務所や児童相談所などで、この仕事に就くには、地方公務員試験に合格することが必要です。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

  • 看護師

    患者の心身のケアに、医師の診療・治療介助。医療を最前線でサポート

    病院や診療所で、医師の指示に従って、診察や治療のアシスタントを行い、患者さんの症状を正確に把握し、適切な看護をする。最近では、医療の専門分化に伴い、職務も専門化してきている。看護は技術に加えてメンタルな部分も多く求められている。

  • 保健師

    保健指導を通して地域で暮らす人々の健康を守る、予防医療のエキスパート

    保健師は、保健所や保健センター、企業、病院、学校に勤務し、健康相談・保健指導などを通して、地域の人々の健康を支える活動をします。看護師の仕事が病気の患者さんの治療・回復をサポートすることである一方、保健師の仕事は、病気になる人を1人でも少なくするための「予防」や「対策」がメインになります。保健師として働くためには、看護師免許と保健師免許、2つの国家資格の取得が必須条件。卒業と同時に2つの国家試験受験&合格を目指せる4年制の大学や専門学校に入学するほか、看護師免許を取得した後に1年制の保健師養成学校で保健師免許の取得を目指すことでも、保健師としてのキャリアをスタートすることができます。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

高度な専門性とヒューマンケアの心をもった看護師を養成します

医療系総合大学で「生きた福祉」を学び、高い実践力を持つ福祉専門職をめざします

キャンパスライフShot

北海道医療大学 「この実習で看護師としての使命感をかき立てられた」と語る学生も多い、看護学科「小児看護学実習」
「この実習で看護師としての使命感をかき立てられた」と語る学生も多い、看護学科「小児看護学実習」
北海道医療大学 臨床福祉学科の医療機関での実習。医療機関の福祉専門職を医療ソーシャルワーカーといいます
臨床福祉学科の医療機関での実習。医療機関の福祉専門職を医療ソーシャルワーカーといいます
北海道医療大学 臨床福祉学科の実習では、本学卒業生が設立した施設で地域の子どもたちと触れ合う機会も
臨床福祉学科の実習では、本学卒業生が設立した施設で地域の子どもたちと触れ合う機会も

学部の特長

学ぶ内容

学びの特色
看護福祉学部は1993年、看護と福祉を融合した学部として開設されました。実習はもちろん、両学科が一緒に学ぶ共通科目や音楽療法関連科目など特色ある科目も充実。他学部とも密接に関わりあい、保健、医療、福祉の現場で多彩な職種と連携する総合的ヒューマンケアの専門職をめざします。
看護学科
2年次から4年次まで長期にわたる臨床実習は、札幌市内を中心とした総合病院で行われます。多様なケースに出会うことで広い視野が得られ、さまざまな病院の特色や取り組みに触れることで医療現場への理解も深まります。また、医療の高度化、専門化に対応するために「がん看護」「WOC看護」「クリティカルケア」などの科目も開講しています。
臨床福祉学科
看護学科とグループワークを行う「看護福祉学入門」や「医学原論」「薬理学」などの医療系科目が充実。医歯薬学生が受ける実技テストOSCE(オスキー)形式の演習も取り入れるなど、医療系総合大学ならではのカリキュラムです。また、社会福祉士や精神保健福祉士、介護福祉士の受験資格を取得できる3コース制を導入。特別支援学校一種などの教員免許も取得でき、スクールソーシャルワーカーの養成も行っています。

資格

看護学科
2017年の新卒合格率は、看護師国家試験では98.1%(受験者103名)、保健師国家試験では100%(受験者15名)となりました。学科開設から2017年3月までの全卒業生は、2185名。そのうち98.9%が看護師免許を取得しています。また、保健師コース選択者のうち92.4%が保健師免許を取得しています。
臨床福祉学科
2017年の新卒合格率は、社会福祉士国家試験では47.8%(受験者92名)、精神保健福祉士国家試験では85.7%(受験者28名)でした。また、介護福祉コースでは介護福祉士の国家資格を取得可能(2022年度卒業生より国家試験受験必須)。ほかにも、教員やスクールソーシャルワーカーの養成を行っています。

キャンパスライフ

ボランティア活動
地域の子どもたちや、障がいのある方々を支援し、交流を深めるボランティア活動が活発です。学生ボランティアの受入先の多くは、地元・当別町の社会福祉法人「ゆうゆう」とNPO法人「にょきにょき」運営の各施設。両法人を設立し理事長を務めるのは本学卒業生です。また「ゆうゆう」「にょきにょき」の各施設は臨床福祉学科の実習の場としても活用されています。

就職率・卒業後の進路 

■平成29年3月卒業生 就職実績
看護学科では進路決定者102名のうち95.0%が看護師として全国各地の総合病院を中心に就職。臨床福祉学科では進路決定者100名のうち69.0%が社会福祉施設や医療機関へ就職したほか、公務員、特別支援学校の教員など、福祉の専門性を生かして就職しました。

問い合わせ先・所在地

〒061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757
0120-068-222 

所在地 アクセス 地図・路線案内
当別キャンパス : 北海道石狩郡当別町金沢1757 「北海道医療大学」駅(直結)から徒歩 1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

北海道医療大学(私立大学/北海道)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る