• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 保健師
  • なるには
保健師になるには

保健師になるには

全国のオススメの学校

保健師になるには、国家資格である「看護師免許」と「保健師免許」が必須。そのため、看護師と保健師、両方の国家試験合格を目指さなくてはなりません。
以前は看護師養成学校を卒業してまずは看護師免許を取得し、その後、保健師養成学校に通って保健師免許の取得を目指すルートが一般的でしたが、最近では看護師と保健師の国家試験ダブル受験&合格を目指せる4年制の大学や専門学校も増えてきています。
さらに、国の省庁や都道府県の保健所、市区町村の保健センターや役所で保健師として働く場合には、2つの免許を取得したうえで、国家公務員試験や地方公務員試験に合格する必要があります。

保健師になるためには、大きく分けて2つのルートがあります。

看護師と保健師、免許のダブル取得を目指す

4年制の看護大学や看護専門学校の中には、「看護師」と「保健師」を養成する教育を一貫して行う学校が増えています。このような学校で学ぶメリットは、看護師国家試験&保健師国家試験の2つの受験資格を同時に取得し、卒業年度のダブル受験&合格を目指せることです。
看護師と保健師の勉強を並行することになるので大変にはなりますが、コストを抑えて効率よく免許取得を目指したい人におすすめの方法と言えます。ただし、看護師国家試験と保健師国家試験のいずれかに合格しただけでは、保健師として働くことはできませんので注意しましょう。

看護師免許を取得後、保健師免許の取得を目指す

3年制の看護師養成学校に入学し、卒業年次に看護師国家試験を受験して合格。その後、1年制の保健師養成学校に入学し、卒業年次に保健師国家試験を受験して合格することでも、保健師になることは可能です。
保健師の先輩の中には、看護師として病院に就職し、働きながら保健師を目指したという人もいます。看護師と保健師の免許がないと保健師としては働けませんが、看護師免許を持っていれば看護師として働くことはできるからです。「看護師として働くつもりだったけれど保健師にも興味が湧いた」「看護師として臨床の現場を体験してから保健師の勉強をしたい」などの目的から、こちらのルートを通って保健師になる人も少なくありません。

保健師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路